FC2ブログ
2018年11月09日 (金) | Edit |
更新日は2015/7/11 ・ 登録日は2009/4/12
ステップバイステップで学ぶXML実践講座  (マイクロソフト公式解説書)
 Michael J.Young/著 日経BPソフトプレス 2000.11
2009/4/11 読みながらの実習終わる。 2015/07/08 中古本を¥257でAmazonから購入

2015年7月10日
中古本を購入。
古い方のPCを見たら、ちゃんと実習にたファイルがあり、更に応用にもチャレンジしていた。
今回、この古い本をおさらいして、なにか得られるといいのだけれど。

 →  ~ XML (Extensible Markup Language) - ウィキペディア
 →  ~ たのしいXML: XML/XHTML入門ページです - AIRnet
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~
2009年11月
おそまきながら、XMLの勉強をしようと思いたち・・・何冊か本に目を通した。
(以前にも手を付けたことはあるけれど)

XMLについては、HTMLの拡張版という認識はあって、便利かも! 利用できるかやってみたい! と思いながら、
当面緊急の必要がないため 何度も途中で消滅~。 

今回は、よい本に巡り会い 実践しながら 読み通すことができた。
例題に著者の人柄がかいま見える というのもおもしろい。
やったぁ~~ 2009/4/11 実習終わる!
 これから、利用方法を検討しよう~っと。

発売日が2000-11 ということは、書かれたのはもっと以前。
内容が2009年の現状にあっていないかどうかは、この本に関してはさほど問題では無いと思う。
基本をしっかり身につけておけば、あとの変化も応用もやりやすいはず!

 2009-5-26 友人のホームページをXHTMLにしました。 → ~ チェンバロで♪ドレミ♪



内容 :
Webページ制作で利用されるマークアップ言語XML。
データに意味を与え構造化し、他のアプリケーションでの再利用を可能にするXMLを、実践的なサンプルを使用しながら解説。

内容(「BOOK」データベースより)
Webページ制作の現場でXMLが注目されています。
XMLは、HTMLと同様Webで利用するマークアップ言語ですが、HTMLが単にレイアウト構成を示すのに対し、XMLはデータに意味を与え構造化し、他のアプリケーションでの再利用を可能にします。
本書では、Webベースのアプリケーション開発において、今後より幅広い利用が期待されるXMLを、実践的なサンプルを使用しながら解説します。

目次 :
1 XMLとはなにか
  (なぜXMLが注目されているのか   簡単なXML文書の作成と表示)
2 XML文書の作成
  (整形式のXML文書の作成   コメント、処理命令、CDATAセクションの追加
  妥当なXML文書の作成
  実体の定義と使用)
3 XML文書をWeb上で表示する
  (CSSを使ってXML文書を表示する
  データバインディングを使ってXML文書を表示する
  DOMスクリプトを使ってXML文書を表示する
  XSLスタイルシートを使ってXML文書を表示する)

著者 : マイケル・J. ヤング
スタンフォード大学卒業。コンピュータの利用やプログラミングに関する幅広い執筆活動を行う。
C言語標準化に関わるANSI委員会のメンバーを務めた。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可