fc2ブログ
2021年08月06日 (金) | Edit |

タグ : @図書館 自然 地球環境とエコロジー 自然_植物

森を食べる植物――腐生植物の知られざる世界 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/13
塚谷 裕一 (著)


 
2020/07/23 予約  2020/07/25 借りる 7/27 読み始める
2021/08/05 昨日からほぼ全部読み直し、読み終わる。

たくさんの写真と解説で 「腐生植物」のことがよくわかります。 

3の 「腐生植物は新種の宝庫」では、東南アジアへの調査旅行の話など。
   植物学者・研究者ならではの体験談がすごく面白い!

4の 「腐生植物の探し方」は、具体的で親切なアドバイス。 
 探しに行く予定のない人にも、森ってどんなところかがわかり なるほど! です。

巻末の 「腐生植物 小図鑑」 写真がきれいで 見飽きません。 実物はどんなでしょう。

「腐生植物」 って、白っぽくてちょっと妖精のようだけど、名前が不気味・・・。
これまでに見た腐生植物を、まとめてみました。 (2つしか無いけど)
 ⇒ めったに会えない腐生植物 ~ Myブログ「花とおしゃべり」

個別の記事もどうぞ! ⇒ 腐生植物 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

  サガミラン と ギンリョウソウ
R0021190サガミランの花_400 RIMG0043ギンリョウソウFC2右回転_400

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

NHK の 大好きな番組「ヘウレーカ」で おなじみの 塚谷 裕一 先生。 (「ヘウレーカ」は、2021年3月で終了)
番組を見ているうちに、本が読みたくなりました。  →  Amazon 塚谷 裕一 の 著書

読んだ本に関連した植物たち ⇒ Myブログ「散歩道の野草と風」 を 「塚谷 裕一」 で検索
 


著者紹介
1964年生まれ。東京大学大学院理学系研究科教授。博士(理学)。
放送大学客員教授、岡崎統合バイオサイエンスセンター客員教授を併任。
著書に「スキマの植物図鑑」など。
年譜・年表 文献:p124~125

内容紹介
森の落ち葉や枯れ枝を栄養源とするカビやキノコから、その栄養を奪い取っている腐生植物。
間接的に森を食べて暮らす腐生植物に深い思い入れを持つ著者が、その奇妙な生態をいきいきと紹介する。

森を食べる植物 モリ オ タベル ショクブツ
腐生植物の知られざる世界
著者 塚谷裕一/著 ツカヤ,ヒロカズ
出版者 東京 岩波書店
出版年 2016.5
形態事項 5,128p 19cm
ISBN 978-4-00-006059-2
 
関連記事

タグ : @図書館 自然 地球環境とエコロジー 自然_植物

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可