FC2ブログ
2020年05月29日 (金) | Edit |

タグ : *NetGalley 歴史

パラリンピックと日本 知られざる60年史 (日本語) 単行本 – 2020/4/24 田中 圭太郎 (著)

#パラリンピック #NetGalleyJP



Netgalley で紹介された本 
2020/04/20 DL して読み始める  5/29 再度DLして 途中まで読んだところ。 (以後読まずに 時間切れ)

パラリンピックなどの競技の映像を見ると、その運動レベルの高さには、驚かされます。
選手を紹介するTV番組などでは、障害を克服するだけでなく、それ以上のことを成し遂げる努力や技術、サポートの力について知ることができます。
でも パラリンピックの歴史については、全く知らなかったので、この本がNetgalleyで紹介されすぐにリクエストしました。
これから読みます。

2020年2月以降、新型コロナウィルスが、世界をすっかり変えてしまいました。
オリンピック・パラリンピックの延期で、選手や関係者の皆さんは 想定外の日々をお過ごしでしょう。
事態が改善して、また素晴らしいスポーツの世界を 楽しむことができますように!

新型コロナウィルスの影響で、東京オリンピック・パラリンピック2020 は 延期になりました。
・ 東京五輪・パラ、「1年程度」の延期決定 「東京2020」の名称は維持 2020年03月24日
・ ホーム|東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト
・ 東京都オリンピック・パラリンピック準備局
 


 
内容紹介
パラリンピックに、光を当てた人たちがいた。
障害者、医師、官僚、教師、そして皇室の人びと。
パラリンピック史を彩る人間ドラマのすべて。

パラリンピックがいつどこで始まったか、知る人は少ない。そして、パラリンピックの発展に、日本という国が深く関わっていることも、ほとんどの日本人は知らない。

「パラリンピック」の名を冠した初めての国際スポーツ大会は、1964年の東京パラリンピックである。イギリスの医師ルードウィッヒ・グットマンがロンドン郊外のストーク・マンデビル村の病院で始めた障害者スポーツ大会を始まりとして、この病院で研修した医師中村裕を中心とした人々の尽力により東京大会が実現したのが、現在に至るパラリンピックの源流である。

その源流は、日本の障害者福祉や医療に一大変革をもたらし、アジア・南太平洋地域の国々にも障害者スポーツを普及させる役割を担った。そしてリハビリスポーツからアスリートスポーツへと競技が進化していく過程でも、多くの人々の活躍と苦闘があった。また、パラリンピックと障害者スポーツの支援には、皇室メンバーも深く関わっていたのだ。

いよいよ東京で二度目のパラリンピックが開催されようとしている。今やパラリンピックはオリンピックに劣らぬ規模に発展した。パラリンピック60年の歴史を紐解きながら、それに関わった多くの人々の知られざるドラマを描く、障害者スポーツ史の決定版である。

●目次
はじめに
第一章 パラリンピック発祥の地と日本
第二章 東京パラリンピック一九六四
第三章 皇室と障害者スポーツ
第四章 リハビリからスポーツへ
第五章 「競い合う」パラリンピックと日本選手の躍進
第六章 長野パラリンピックの光と陰
第七章 立ち上がるパラリンピアン
第八章 東京二〇二〇パラリンピックへ
おわりに──東京二〇二〇のその先へ

●著者プロフィール
田中圭太郎(たなか・けいたろう)
ジャーナリスト、ライター。1973年生まれ。大分県出身。1997年早稲田大学第一文学部東洋哲学専修を卒業。同年大分放送に入社。報道部、東京支社営業部勤務を経て、2016年フリーランスとして独立。
ジャーナリストとして「調査情報」「現代ビジネス」など、雑誌やWEBメディアで社会問題を中心に執筆。
相撲ジャーナリストとしても「大相撲ジャーナル」で取材・執筆を担当するほか、インタビュー記事も多数手掛けるなど、ライター・編集者として幅広く活躍している。
 
関連記事

タグ : *NetGalley 歴史

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可