FC2ブログ
2020年05月14日 (木) | Edit |

タグ : 科学・テクノロジー *NetGalley

いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて、 3Dプリンターで臓器が作れるんだい!?
: 気になる最先端テクノロジー10のゆくえ  (日本語) 単行本 – 2020/4/30
ケリー・ウィーナースミス (著), ザック・ウィーナースミス (著), 中川泉 (翻訳)



Netgalley で紹介されていたので 読んでみよう。

2020/04/04 DL   これから読みます。

#いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて3Dプリンターで臓器が作れるんだい #NetGalleyJP
 
この本では
 「宇宙エレベーター」
 「核融合エネルギー」
 「臓器プリンター」
 「ロボットによる建設」
といった未来の科学技術をとりあげ,
それらが 「現状どうなっているか」 「なぜ実現できていないか」 「今後どうなるか」を解説する。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

「宇宙エレベーター」には ずい分前ですけど関心がありました。 その時はできそうに無いって気がしたけど。
 ⇒ Myブクログ:宇宙 エレベーター ~ 自然・科学・アート他:koishi-2018の本棚

  

  


ひところ「3Dプリンター」を使ってみたくて、関連の本を読みました。
 ⇒ Myブログ:3D技術が一番わかる (しくみ図解)
  ⇒ Myブクログ:3D ~ 自然・科学・アート他:koishi-2018の本棚
  



内容紹介
「近いうちに実現するかも」と言われている新しい科学技術が,本当のところはどうなっているのかを解説!
新しい科学技術が誕生し,近いうちに実用化されるのではいうニュースを,よく見聞きするだろう。
しかし,その後どうなったかを知らされることはほとんどないのでは。
実際,予想どおりになるものは少なく,多くの予測は誤りとなる。
つまり,言いっぱなしの状況だ.それでよいのだろうか!?
この本では「宇宙エレベーター」「核融合エネルギー」「臓器プリンター」「ロボットによる建設」といった未来の科学技術をとりあげ,それらが「現状どうなっているか」「なぜ実現できていないか」「今後どうなるか」を解説する。
皮肉っぽい語り口とシュールなマンガで,思わずニヤリとしつつ,手軽に楽しみがなら,科学技術の本当のところを知ることができる


● Zach Weinersmith  ザック・ウィーナースミス
マニアックな人気ウェブコミック 「サタデー・モーニング・ブレックファースト」 の一コマ漫画家。
「エコノミスト」「ウォールストリートジャーナル」「フォーブズ」「サイエンスフライデー」「CNN」などでも活躍。

● Dr. Kelly Weinersmith  ケリー・ウィーナースミス
ライス大学・生物科学非常勤教員。
寄宿者を操る寄生生物を研究。
研究のほか、トップ20に入る科学ポッドキャストを運営。
「アトランティック」「サイエンス」 「ネイチャー」などへの掲載もある。
 
関連記事

タグ : 科学・テクノロジー *NetGalley

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可