FC2ブログ
2020年07月20日 (月) | Edit |

タグ : Kindle 歴史 経済・社会・政治一般

『世界を変えた10冊の本』 (池上 彰)

世界を変えた10冊の本 【期間限定 無料お試し版】  (文春文庫)  Kindle版 池上 彰 (著)

世界を変えた10冊の本 (日本語) 単行本 – 2011/8/9 池上 彰 (著)



2020年3月11日 DLして読み始める。
3/15 読み終わらないときのために単行本を借りる。
2020.03.06 ニュース
文藝春秋、小中学生向けに電子書籍30タイトル以上を無料配信 文: 電子書籍編集部
3月6日(金)から19日(木)の2週間、小中学生向けにセレクトした33タイトルの電子版をAmazonのKindle無料本コーナーにて期間限定で無料配信します。
新型コロナウイルス感染症対策のため、多くの児童生徒が自宅待機になっていることを受けての取り組みです。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

本書で取り上げている10冊の名著、読んでみましょう!
といっても、難しそうな本が多いね・・・。 o(*'o'*)o

第1章 アンネの日記
第2章 聖書
第3章 コーラン
第4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
第5章 資本論
第6章 イスラーム原理主義の「道しるべ」
第7章 沈黙の春
第8章 種の起源
第9章 雇用、利子および貨幣の一般理論
第10章 資本主義と自由

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第1章 アンネの日記

アンネの日記 増補新訂版 Kindle版 アンネ・フランク (著), 深町眞理子 (翻訳)  文藝春秋  2003/4/10

 永遠のアンネ・フランク (日本語)  単行本 – 2003/10/24 マティアス・ハイル (著), 松本 みどり (翻訳)
 乙女の密告 (日本語)  ハードカバー – 2010/7 赤染 晶子 (著)

  

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第2章 聖書

聖書 新改訳2017 (新改訳聖書センター) Kindle版 新日本聖書刊行会 (翻訳)

旧約聖書 ─まんがで読破─ Kindle版 バラエティ・アートワークス (著)
新約聖書 ─まんがで読破─ Kindle版 バラエティ・アートワークス (著)

  

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第3章 コーラン

コーラン 上・中・下  (岩波文庫)  Kindle版 井筒 俊彦 (著)

  

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神  マックス・ヴェーバー

プロテスタンティズムの 倫理と資本主義の精神 (岩波文庫) Kindle版 マックス・ヴェーバー (著), 大塚 久雄 (著)
解読 ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』 (講談社選書メチエ) Kindle版

 
営利の追求を敵視するピューリタニズムの経済倫理が実は近代資本主義の生誕に大きく貢献したのだという歴史の逆説を究明した画期的な論考.
マックス・ヴェーバー(一八六四‐一九二〇)が生涯を賭けた広大な比較宗教社会学的研究の出発点を画す.
旧版を全面改訳して一層読みやすく理解しやすくするとともに懇切な解説を付した。

 → マックス・ヴェーバー → Wikipedia

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第5章 資本論 カール・マルクス

新版 資本論 第1分冊 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/9/20 カール・マルクス (著), 日本共産党中央委員会社会科学研究所 (監修)
資本論 (まんが学術文庫) (日本語) 文庫 – 2018/4/11  マルクス (原著), 岩下 博美 (著)   Kindle版


1980年代にほぼ10年の歳月をかけて刊行し、高い評価を受けた社会科学研究所監修の『資本論』。
その完結から30年──『資本論』諸草稿の刊行と研究を踏まえ、訳文、訳語、訳注の全体にわたる改訂を行なった画期的な出版。
マルクスの研究を歴史的に探究する角度から大きな前進を遂げた『資本論』研究の成果をあますところなく反映した注目の新版、いよいよ刊行開始!
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第6章 イスラーム原理主義の「道しるべ」

イスラーム原理主義の「道しるべ」 Kindle版 サイイッド・クトゥブ (著), 岡島稔 (翻訳), 座喜純 (翻訳)
イスラーム原理主義の「道しるべ」・解説編: 新戦争論=世界を変えたクトゥブ主義 Kindle版 岡島稔 (著), 座喜純 (著)

 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第7章 沈黙の春 レイチェル・カーソン

沈黙の春(新潮文庫) Kindle版 レイチェル・カーソン (著), 青樹 簗一 (翻訳)

レイチェル・カーソン ――『沈黙の春』で環境問題を訴えた生物学者 (ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉) Kindle版 筑摩書房編集部 (著)

 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第8章 種の起源 ダーウィン

種の起源 (光文社古典新訳文庫) Kindle版 ダーウィン (著), 渡辺 政隆 (翻訳)  (上) ・ (下)

種の起源 (まんがで読破) (日本語) 文庫 – 2009/6/25 ダーウィン (著)

  

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第9章 雇用、利子および貨幣の一般理論 ケインズ

雇用,利子および貨幣の一般理論 (岩波文庫) Kindle版 ケインズ (著), 間宮 陽介 (著)   (上) ・ (下)
雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─ Kindle版 ケインズ (著), Teamバンミカス (著)

  
経済学の歴史に「ケインズ革命」と呼ばれる一大転機を画した書.新古典派理論の特殊性と決別し,それに代わる包括的な「一般理論」を打ち立てた.
資本主義の抱える大量失業と不安定な経済循環への処方箋として,雇用と有効需要,利子率と流動性とを組み合わせた独自の体系を構想.
現代経済学の出発点にして,今なお必読の古典の待望の新訳.

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第10章 資本主義と自由 ミルトン・フリードマン

資本主義と自由 (日経BPクラシックス) (日本語) 単行本 – 2008/4/17 ミルトン・フリードマン  (著), 村井 章子 (翻訳)


世界の構造改革のバイブル。1962年初版、フリードマンが最も愛した著作、待望の新訳。
郵政改革、教育バウチャー、規制撤廃など絶対自由主義の政策の意味を説いた名著。

 → ミルトン・フリードマン

以上 『世界を変えた10冊の本』 (池上 彰) に掲載された本です。
 


目次

第1章 アンネの日記
第2章 聖書
第3章 コーラン
第4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
第5章 資本論
第6章 イスラーム原理主義の「道しるべ」
第7章 沈黙の春
第8章 種の起源
第9章 雇用、利子および貨幣の一般理論
第10章 資本主義と自由
関連記事

タグ : Kindle 歴史 経済・社会・政治一般

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可