FC2ブログ
2020年04月04日 (土) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 Kindle


「赤毛のアン」  L・M・モンゴメリ (著)

赤毛のアン (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2019/7/10
L.M. Montgomery (原著), L.M. モンゴメリ (著), 松本 侑子 (翻訳)



2020/03/08 追記
友人が、嬉しいニュースを知らせてくれました。
お出かけを控えている 大人にも ありがたいサービスです。
その中に 「赤毛のアン」 も含まれていています。
友人曰く 「Kindle版の 註釈が素晴らしいよ!」 とのこと。
さっそく読んでみましょう!
でも、なんだか アンの気分というより 「マリラとマシュー」の目線で読むことになりそう (*^_^*)♪

2020/3/8 PCと スマートフォンに Kindleアプリをインストールしました。
PCなら大きな画面で読めるし、スマートフォンならいつでもどこでも読めますね。
お~、電子書籍リーダー 「Kindle」 欲しくなりました。
Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 4GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー

3/19 読み切れ済み期限切れ。図書館で予約

赤毛のアン 【期間限定 無料お試し版】 (文春文庫) Kindle版   L・M・モンゴメリ (著), 松本 侑子 (翻訳)
※2020年3月19日までの期間限定 無料お試し版です。

2020.03.06 ニュース
文藝春秋、小中学生向けに電子書籍30タイトル以上を無料配信 文: 電子書籍編集部
3月6日(金)から19日(木)の2週間、小中学生向けにセレクトした33タイトルの電子版をAmazonのKindle無料本コーナーにて期間限定で無料配信します。
新型コロナウイルス感染症対策のため、多くの児童生徒が自宅待機になっていることを受けての取り組みです。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

赤毛のアン (新潮文庫) (英語) 文庫 – 1954/7/28
モンゴメリ (著), Lucy Maud Montgomery (原著), 村岡 花子 (翻訳)

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ1―(新潮文庫) Kindle版
モンゴメリ (著), 村岡花子 (翻訳)

  

2014/9/29 記

「赤毛のアン」は、子供の頃、おこずかいを貯めて本を買い、夢中になって読みました。

2014年4月~9月  朝ドラ 「花子とアン」 楽しく見ていました。

2014年4月から放送中の TV NHK アニメの 「赤毛のアン」、毎週かかさず見ています。
いま見ても 映像がステキ。特に背景の絵に見とれます
感動の場面を思い出して、一緒に笑ったりちょっぴり涙も!

2014年9月29日現在 
この本が、Amazonで取り扱っている「赤毛のアン」では一番古い 1954年のもの。
TVドラマで、最初に出版される本のカバーイラストとは違いますね。
この本のイラストのほうが、明るく夢が感じられます。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

いつも行く図書館で一番古い本は、1978年のもの
赤毛のアン・シリーズ 1― 赤毛のアン (日本語) 単行本 – 1978/12
モンゴメリ (著), Lucy Maud Montgomery (原著), 村岡 花子 (翻訳)


 著者 L.M.モンゴメリ/[著]
 村岡花子/訳
 出版者 東京 ポプラ社
 出版年 1978.12
 形態事項 294p 20cm
 シリーズ名 赤毛のアン・シリーズ 1
 ISBN 4-591-00424-4
 価格 (本体価格 \650)
 NDC9(NDC8) 933.7 (933)

子供のアンが成長していく様子が描かれたシリーズ全部 読み返したい!
 
L.M.モンゴメリの本は、赤毛のアンシリーズ以外にも、面白そうな本があるので、読んでみたい!

更新日は2014/9/29・登録日は2014/9/29
 ⇒ Myブログ:赤毛のアン 文学・歴史:koishi-2018の本棚
 


内容 :
孤児院からきた空想好きな少女アン。
アンが学校の友達や家庭の中でくりひろげる、楽しく、美しいアヴォンリーの生活を描く。
カナダのプリンスエドワード島を舞台に、
アンが学校の友だちや家庭の中でくりひろげる、ゆかいで楽しい物語。

著者 : モンゴメリ  Lucy Maud Montgomery
  → L・M・モンゴメリ - Wikipedia
 
関連記事

タグ : ◆児童文学と絵本 Kindle

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可