FC2ブログ
2020年07月02日 (木) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 お気に入り

子供たちが、大好きな絵本「ティモシーとサラ」シリーズ ~ 芭蕉 みどりの絵本
 
1989年に第1巻 『おたんじょうびのおくりもの』 が刊行されて以来、世代をこえて多くの読者に愛されつづける人気シリーズ!

  待望の 新刊絵本 2020/3/4 発売!

ティモシーとサラ たのしいおうち: ティモシーとサラのえほん (16)
(えほんとなかよし) (日本語) 大型本 – 2020/3/4 芭蕉 みどり (著, イラスト)

   

 → ポプラ社のページ 「ティモシーとサラ たのしいおうち」
ふたごのこねずみティモシーとサラ。心あたたかな森の仲間に囲まれ、元気いっぱい暮らしてます。30年続く人気シリーズ最新刊。

早く読みたいね (*^_^*)♪  → 読みました。 [READ MORE...] に感想を書いています。

これまでの絵本も、大好き。 → 芭蕉 みどりの絵本

・ ティモシーとサラ かあさんのすきだった木 (えほんとなかよし) 大型本 – 2018/2/28
・ ティモシーとサラ ちいさなとしょかん (えほんとなかよし) 大型本 – 2015/2/10
・ ティモシーとサラ てづくりケーキコンテスト (えほんとなかよし) 単行本 – 2010/11/20
・ ティモシーのたからもの (ティモシーとサラの絵本) 単行本 – 1999/1
・ サラのやくそく (ティモシーとサラの絵本) 単行本 – 1994/7

  

くり返し読みたい! → 芭蕉 みどりの絵本

 作者のWebサイト(ホームページ) → 「ティモシーとサラのページにようこそ
 


読みました!  以下 感想です。 (ネタバレがあるかも)

いつもながら 絵がきれいでかわいいね。

タイトルのページを見て、次のページを見た瞬間、おぉ~。
もういちど前のページに逆戻りして じっくり眺めます。
まるで映画のタイトルシーンのように
歓声を上げて走ってくる双子ちゃんが、次のページに駆け込んできます。
  やられた~~。 (*^_^*)♪

今回のストーリーは、前作 の「ティモシーとサラ かあさんのすきだった木」 ほど深刻でなく、
読む側には落ちがわかっているので、
小さなお子さんも クスクス笑いながら読み進むでしょう。
それでいて、「もし自分のお母さんが !!(>д<)ノ」 というドキドキ感も。

話がテンポよく進み、
「あるよね~ こんな勘違い(や おせっかい;;)」 って 読んでる大人は思い 共感しちゃいます。

最後のページは、大団円。
見てる誰もがそのテーブルにおよばれされたい と思うはず。
どれも美味しそう! で、つい絵本に手が伸びちゃいます~~~。 (*^_^*)♪
 
以上 ベルルの 感想でした。

  
 
→ 芭蕉 みどりの絵本
 
関連記事

タグ : ◆児童文学と絵本 お気に入り

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可