FC2ブログ
タブレット&Painter Classicで絵を描こう―パソコンでカンタン&上手に絵を描く方法を教えます!!
(日本語) 単行本 – 2002/2 吉井 宏 (著)



更新日は2009/07/6・登録日は2006/02/13



商品説明

玩具メーカータカラの「せんせい」のような感覚で使えるタブレットと、従来の画材の感覚で絵が描けるペイントソフト『Painter Classic』の組み合せで上手に絵を描く方法を、イラストレーターの吉井宏が指南している。

Part.1では、WACOMのタブレットと入力用のペンを使った落書きにはじまり、より高度な機能を実現するためのドライバ設定、マウスの設定、筆圧に応じた「ペン先の筆圧感触」設定、いくつかあるタブレットの機種紹介をしている。

Part.2からは、いよいよPainter Classicの基本操作に入る。Windows、Macintoshそれぞれに配慮したインストール方法の説明にはじまり、解像度の説明、テクスチャの選び方、ブラシの選び方、色の選び方など、まさに基本中の基本を解説している。初心者にとってうれしいのは、わかりにくいメニューの内容を表にして、「シャープ」、「ソフト」といったそれぞれの言葉が何を意味するのかを丁寧に示した点。また出力結果がわかりにくいブラシ類に関しても、それぞれ実際に描いてみた結果をカラーで示している。ショートカットの方法も一覧表で掲載されており、まさに至れり尽せりだ。

そしてPart.3~5では、吉井宏が自らのペイントテクニックを披露。色鉛筆風に描いたり、チョークで描いたりといった基本はもちろん、イラストの加工の仕方やクローン機能の使い方、3Dテクスチャの描き方など、さまざまなテクニックが惜し気もなく披露されている。

Part.6では、完成した絵を出力する方法を説明。マグカップやTシャツ、カレンダーなどにプリントする方法がわかりやすく解説されている。

そして、最終となるPart.7では、「絵の描き方初歩講座」と称して、美大生が習うような絵の基礎理論を解説している。デッサンの基本から遠近法、光で立体感を表現する方法までが簡単に説明されており、大変親切だ。

これ1冊で、タブレットと『Painter Classic』で絵を描く方法はほとんどすべて網羅されている。初心者にもわかりやすく、自信をもっておすすめできる。(土井英司)
出版社からのコメント

パソコンでカンタン&上手に絵を描く方法を教えます!! ●誰でも簡単に絵を描くことができる!!
 絵の描き方の基本、タブレットの使い方、Painter Classicで絵を描く方法、書いた絵の活用法...etc。これ一冊ですべてがわかります!!
●“Painter”ユーザーも基礎から学べる!!
 この本で解説している「Painter Classic」は「Painter」の機能限定版。といっても基本機能は同じなので、Painterユーザーも基礎から学ぶことができます!!
 
関連記事

タグ : お絵かき *実習 PCソフト&ツール @図書館 koishi-2018

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可