FC2ブログ
医者、用水路を拓く アフガンの大地から世界の虚構に挑む  (日本語) 単行本 – 2007/11/30
中村 哲 (著)


 アフガンで銃撃、中村哲医師が死亡:朝日新聞デジタル 2019年12月4日
 アフガニスタン東部ナンガルハル州の州都ジャララバードで 2019年12月4日朝(現地時間)、四輪駆動車が銃撃された。
人道支援に取り組んできた民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」現地代表の日本人医師、中村哲さん(73)が乗っていた。
中村さんは病院に運ばれたが、死亡していた。


2019/12/08 予約  2020/01/24 借りる  2020/02/13 読み始める
 
事件があって初めて こんな素晴らしい人がいたことを知りました。
ご冥福をお祈りします。

どんな活躍をされていたのか、これから読みます。
 


著者紹介
1946年福岡市生まれ。九州大学医学部卒業。ペシャワール会現地代表、PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長。
著書に「アフガニスタンの診療所から」など。

内容紹介
百の診療所より一本の用水路を!
パキスタン・アフガニスタンで1984年から診療を続ける医者が、戦乱と大旱魃の中、1500本の井戸を掘り、13キロの用水路を拓く。
真に世界の実相を読み解くために記された渾身の報告。

医者、用水路を拓く イシャ ヨウスイロ オ ヒラク
アフガンの大地から世界の虚構に挑む
著者 中村哲/著 ナカムラ,テツ
出版者 福岡 石風社
出版年 2007.11
形態事項 375p 20cm
ISBN 978-4-88344-155-6
 
関連記事

タグ : @図書館 地球環境とエコロジー 経済・社会・政治一般

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可