FC2ブログ
6600万年前……ぼくは恐竜だったのかもしれない
くすのきしげのり 主婦の友社



刊行日 2019/10/19

Netgalleyで紹介されていたので読みました。 #ぼくは恐竜 #NetGalleyJP

迫力のある絵は、水墨画なんですね。ビックリ。
登場する恐竜は、ドラコレックス。
今まさに 隕石が降ってくる 大絶滅のとき、頼もしいお父さんに感動です。

最後のページはインパクトあるけど ???
 かなり小さい子向きの絵本、家族で見てね! 

2020/01/09  図書館で予約  2020/01/16 借りて一気に読み終わる。
Netgalleyで読んだゲラと製品版は、同じものか?違うのか? 
製品版の本には、表紙見返しに、登場する恐竜のイラストと名前のリストがのっています。
後は、同じです。
迫力のある恐竜が、隕石から逃れてページを飛び出してきそう!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ドラコレックス って  o(*'o'*)o
 

ドラコレックスの化石は一体だけ見つかっています。
その頭骨が、あまりにも伝説や「ハリー・ポッター」シリーズに出てくる西洋の竜(ドラゴン)のそれに酷似していたので「ドラコレックス・ホグワーツィア」と命名されたそうです。

ドラコレックス・ホグワーツィアは、白亜紀の北米大陸に生息していた
 脊椎動物門 爬虫綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 堅頭竜下目 の恐竜である。 ウィキペディア

★ ドラコレックスは種の存在自体がまだハッキリしていない恐竜であり、
全体的にのパキケファロサウルスと骨格が似ている事から ドーム型の頭骨が形成される前の
パキケファロサウルスの幼体だという説もあります。
 → ドラコレックス(Dracorex) | 恐竜図鑑

★ ドラコレックス
小型の草食恐竜ドラコレックス。白亜紀の後期、北米に生息していました。
後期白亜紀に北米に生息していた小型の草食恐竜ドラコレックス。
化石は1頭しか見つかっていません。
頭の形や長い口先がドラゴンに似ているためドラコレックスという名前がつきました。
また、「ドラゴンの王」という意味の学名があります。
 → ドラコレックス | 15014 | Dinosaurs | Schleich® 

参考
・ 特集:奇妙な恐竜たち 2007年12月号 ナショナルジオグラフィック
 



内容紹介 (Netgalley より)
「とうさん、ぼく おおきくなったら、とうさんみたいに なりたい」 ドラコレックスの家族を通して描く「恐竜の絶滅」と「親子の愛」の物語。
恐竜が大好きな子どもたちが一番知りたい「絶滅」をテーマに親子の愛を伝える珠玉の絵本。
文は『おこだでませんように』(小学館)などの作品で知られる児童文学作家・くすのきしげのり先生、
絵は現代版水墨画と呼ばれる筆で恐竜を描く新進気鋭の画家・CANさんが手掛けます。
作品には、ドラコレックスやパキケファロサウルス、ティラノサウルスにケツァルコアトルスなど、 たくさんの恐竜が登場! ハラハラしたり、ドキッとしたり……。
巻頭・巻末には、恐竜をよく知らないお父さん、お母さんも一緒に楽しむことができる「恐竜探し」や、 遊んで学べる全国おでかけ「恐竜博物館情報」も掲載♪
子どもと一緒に読み終えたあと、きっと恐竜展を見にいきたい気持ちになる一冊です。

内容紹介
草のある場所を探しに行ったドラコレックスの父さん。帰ってくると「たくさん草はあるが、ほかの恐竜がいる」と言って…。
恐竜の絶滅をテーマにした、親と子の愛あふれる物語。
恐竜探しもできる。恐竜博物館情報付き。

内容紹介
きょうも、きのうもなにもたべていないドラコレックスのおやこ。くさのあるばしょをさがしにいったとうさんは、かえってくると「たくさんくさはあるが、やつらがいる」といった。
かあさんが「どうするの?」ときくと、とうさんは「やつらをとおくへいどうさせるから、そのあいだにしっかりたべておくんだぞ」といって、かけだし…。

著者紹介
くすのきしげのり 1961年生まれ。児童文学作家。作品に「メガネをかけたら」など。
    くすのきしげのり オフィシャルホームページ

CAN  1990年生まれ。恐竜画家。創作空間caféアトリエオーナー。 
     恐竜白書|恐竜画家CANのブログ

利用対象 3~5歳 小学1~2年生

6600万年前…ぼくは恐竜だったのかもしれない
著者 くすのきしげのり/作 クスノキ,シゲノリ
CAN/絵 キャン
出版者 橿原 知楽社
東京 主婦の友社(発売)
出版年 2019.11
形態事項 1冊(ページ付なし) 28cm
ISBN 978-4-07-341110-9
 
関連記事

タグ : ◆児童文学と絵本 科学:恐竜と古生物・化石 *NetGalley

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可