FC2ブログ
2019年12月21日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本

フェイマス・ファイブ ― 宝島への大冒険  単行本 – 2003/12
エニード ブライトン (著), Enid Blyton (原著), & 1 その他



2019/11/11  予約  2019/11/24 借りる  12/15 読み始める 12/21 面白いけれど、途中で中止
 
『フェイマス・ファイブ』シリーズは、「ボーダー二つの世界」 の文中で、主人公が子供時代に読む本です。
⇒ Myブログ:ボーダー二つの世界

楽しそうな冒険物語。 早速読んでみましょう!
 


フェイマス・ファイブ ― 宝島への大冒険

内容紹介
4人の少年少女と1匹の犬が、無人島で秘密の大冒険。そこで見つけたものは…。
60年にわたって読み継がれ、世界各国で大人気の、手に汗を握る冒険ストーリー。
内容紹介
4人の子どもたちは古い難破船から秘密の木箱を見つけ出しました。
その中には、昔運び込んだ金塊の隠し場所をかいた地図が入っていたのです。
子どもたちは金塊を探しに、島の古い城跡へ探検に行きました。
そしてとうとう見つけたのです。ところが金塊の略奪をたくらむ大人たちが現れます。

著者紹介 Blyton,Enid Mary
1897~1968年。20世紀のイギリスを代表する児童文学作家。
生涯に児童向け作品を700~1000作品以上も発表。40カ国以上で翻訳されている。

フェイマス・ファイブ
宝島への大冒険
著者 エニード・ブライトン/作 ブライトン,エニド・メアリ
真方陽子/訳 マガタ,ヨウコ
出版者 東京 実業之日本社
出版年 2003.12
形態事項 397p 22cm
ISBN 4-408-39544-7
関連記事

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可