FC2ブログ
線は、僕を描く  単行本(ソフトカバー) – 2019/6/27
砥上 裕將  (著)



2019年11月8日 友人が 一面広告の新聞を見せてくれた。
友人は 「水墨画」が題材になっている ということに おおいに驚いている。 新たな潮流!?
そのうえ、マンガ! 
マンガの無料試読第1巻を読みました。 面白い! (2020/06/25 有料になってます)

さっそく図書館で予約・・・、103人待ち (所蔵 8冊) ということは 半年待ちかな?

2019/11/08 予約 2020/06/11 準備ができたとの通知有り、近日中(~6/18)に受け取りに行く。
8ヶ月待たされたので、あと数日はどうということはないが、次の予約の人が200件以上待っているから のんびりはできない。
  
2020/06/16 借りて読み始める。 6/26 読み終わる。

ん?! 予約したのは マンガじゃなかった?  小説本です。表紙がステキ。

出だしはすでに読んでいるんので スムーズに入り込めました。 
現在 グイグイ読んでいるところ。 (*^_^*)♪ ・・・  読みやすくて 割と一気に読み終えました。

水墨画、ちょっと憧れますが、プロはそこまでのことを表現するんですね。
次から鑑賞するときは、見る目が違っているかも。

さて、主人公の青山霜介(そうすけ)は、不慮の事故で両親をなくして自分を見失います。
幸い 親戚にも周囲の人からもひどい目には合わず、金銭面でも恵まれています。
さらにラッキーなことに、大学でいい友人に出会うことができ、水墨画の大家に見いだされ弟子になります。
周りに出てくる人たちがいい人ばかりなので、読んでも気分が滅入りません。

もしマンガ版で読んでいたら、本は読まなかっただろうと思うので、先に本を全部読んでよかった。

作者 砥上裕將 は 水墨画家で、小説家。
 → 線は、僕を描く(著:砥上裕將)公式サイト 講談社

文字で表現される登場人物の描く水墨画をみたいなぁ~。
 漫画版表紙と 試し読みで すこし雰囲気はわかりました。
公式サイトと You Tubeで 墨をするところなどを知ることができます。

You Tube 『線は、僕を描く』水墨画動画


 
参考
・ インタビュー book.asahi.com 水墨画の魅力あふれる成長小説 最新メフィスト賞・砥上裕將さん「線は、僕を描く」

コミックも出ているとのこと。
 青春×水墨画! それは、“白”と“黒”で“宇宙”を描く芸術。墨と筆を道連れに、傷だらけの少年は、生命を取り戻す旅に出る。
前代未聞の本格水墨画漫画! 

線は、僕を描く (1) (2) (3) (4)
(講談社コミックス) コミックス – 2019/9/17 堀内 厚徳 (著), 砥上 裕將 (監修)

   
 


内容紹介
両親を事故で失い、喪失感の中にあった大学生の霜介は、バイト先で水墨画の巨匠・篠田湖山と出逢った。なぜか湖山に気に入られた彼はその場で内弟子にされてしまうが、湖山の孫・千瑛は、それに反発し…。
受賞情報 メフィスト賞 第59回

著者紹介 1984年生まれ。福岡県出身。水墨画家。「線は、僕を描く」で第59回メフィスト賞を受賞。

線は、僕を描く セン ワ ボク オ エガク
著者 砥上裕將/著 トガミ,ヒロマサ
出版者 東京 講談社
出版年 2019.7
形態事項 317p 19cm
ISBN 978-4-06-513759-8
 
関連記事

タグ : ◆小説:日本 *人気!?予約で待たされる ◆まんが

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可