FC2ブログ
2019年10月09日 (水) | Edit |

タグ : netgalley エッセイ

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/25
宮下 奈都 (著)



2019/10/09 NetGalley からのメールで この本のことを知りました。
とりあえず DLして読んでみよう。 (*^_^*)♪
「※校了前なので、未修正の部分があります。」 とのこと
2018年6月発売作品 なのに なぜ今 ? と思ったけれど まぁいいや。

宮下奈都 の本は 読んでいなかったので 試しに読んでみよう。

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。
宮下奈都 扶桑社 文芸小説

#とりあえずウミガメのスープを仕込もう。 #NetGalleyJP

面白かったら 他の作品も読もうかな。

  

 
 


内容紹介
書き下ろし短編も!
本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』の著者がおくる食エッセイ
「毎月一回食べもののことを書く。食べることと書くことが、拠りどころだった気がする。」(「まえがき」より)
月刊誌『ESSE』の人気連載が、待望の書籍化!
北海道のトムラウシに1年間移住したり、本屋大賞を受賞したり……。
さまざまな変化があった6年半の月日を、「食」をとおして温かく描き出す。
ふっと笑えて、ちょっと泣けて、最後にはおなかが空く。
やさしく背中を押してくれるエッセイ79編に、書き下ろし短編1編を収録。全編イラストつき

【著者プロフィール】

宮下奈都
1967年、福井県生まれ。上智大学文学部哲学科卒業。
2004年、第3子妊娠中に書いた初めての小説『静かな雨』が、文學界新人賞佳作に入選。
07年、長編小説『スコーレNo.4』がロングセラーに。
13年4月から1年間、北海道トムラウシに家族で移住し、その体験を『神さまたちの遊ぶ庭』に綴る。
16年、『羊と鋼の森』が本屋大賞を受賞。ほかに『太陽のパスタ、豆のスープ』『誰かが足りない』『つぼみ』など。
 
関連記事

タグ : netgalley エッセイ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可