FC2ブログ
2019年09月03日 (火) | Edit |

タグ : @図書館 歴史

 → 三国志

三国志「その後」の真実 知られざる孔明没後の後伝  (SB新書)  新書 – 2016/9/6
渡邉 義浩 (著), 仙石 知子 (著)   ISBN 978-4-7973-8099-6



2019/08/01 借りて読み始める

・ 東京国立博物館 - トーハク 7月9日(火)~ 9月16日(月)
 日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」 平成館 特別展示室
 「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解きます。
 近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵の発掘など空前の活況を呈しています。
 それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。



内容紹介
「その後の三国志」をテーマに、孔明没後から西晉の滅亡までを史書に基づき描き出す。
さらに、もう一つの「その後」として、後代に「三国志」が伝説化され、伝承や文学ができるまでの過程を、三国志研究の第一人者が追う。

著者紹介
渡邉 義浩 1962年東京都生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門は古典中国学。三国志学会事務局長。
仙石 知子 1971年生まれ。早稲田大学非常勤講師。専門は中国明清小説。

三国志「その後」の真実 サンゴクシ ソノゴ ノ シンジツ
知られざる孔明没後の後伝
著者 渡邉義浩/著 ワタナベ,ヨシヒロ
仙石知子/著 センゴク,トモコ
出版者 東京 SBクリエイティブ
出版年 2016.9
形態事項 255p 18cm
シリーズ名 SB新書 359 エスビー シンショ 359
ISBN 978-4-7973-8099-6
 
関連記事

タグ : @図書館 歴史

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可