FC2ブログ
2019年07月18日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 IT:ALL(情報技術) ITのうちWeb関連

あなたがセキュリティで困っている理由 単行本 – 2019/5/23
辻 伸弘 (著)
978-4-296-10282-2



2019/06/26 借りて読み始める (新刊棚で見つける) 7/17 ほぼ読み終わる。

スマホに 悪質な迷惑メールが届くので、本書は、スマホ向けではないですが、ちょっとこのタイトルに惹かれました。
対象読者以外でも 一般の人も知っておくといいことが書かれているようです。

【対象読者】
●セキュリティ対策を考える人
●企業を統括する人
●サイバー攻撃が怖いので守ってほしいと思う人
●情報処理安全確保支援士など、IT試験を受ける人
 
IDやPWが盗まれる仕組みなど、なるほどと思うことが書かれていて、普通に暮らしている人も セキュリティには要注意ということを再認識させられる いい本です。
パスワードを頻繁に変更せよというアドバイスが、パスワードの使い回しを助長しているなど、
従来言われている対策が余り有効でなかったりもするそうなので、常に新しい情報をチェックしたいです。
 
参考
・ サイバー攻撃は「高度化していない」のに、事故が絶えない理由 辻伸弘氏に聞く
・ 辻伸弘の裏読みセキュリティ事件簿
 
今度は、これを読もう!

  
 


内容紹介
不在通知を装った偽SMS、JALを襲ったビジネスメール詐欺、6大学で相次いだフィッシングなどのサイバー攻撃を徹底分析。
攻撃者の手の内と正しい対策を伝える。

内容紹介
■セキュリティに関わることになったら最初に読んでほしい本
 セキュリティを実現する方法はいろいろあります。
 限られた予算や時間の中で、どれを選択したらよいかはいろいろ悩むことでしょう。
 これは企業や組織に限った話ではなく、パソコンやスマートフォンの利用者である個人も対策を考える必要があります。

■攻撃者の手の内を知ればサイバー攻撃は怖くない
 テレビや新聞のニュースで流れるサイバー攻撃は、どれでも怖そうに見えます。
 どんな対策を取ったらよいか、自身で答えを見つけるのは困難に思えるでしょう。

 しかし多種多様に見える攻撃でも、その中身を見れば似たものが多いことに気づきます。
 攻撃をよく知れば、どの対策を選んだら効率的かがわかるのです。

 本書は、サイバー攻撃の手口をていねいにやさしく解説し、正しい対策を紹介しています。
 セキュリティで困っているあなたの答えがきっと見つかるでしょう。

【主な収録内容】
・佐川急便の不在通知を装った偽のショートメール
・JALなどを襲ったビジネスメール詐欺
・6つの大学で相次いだフィッシングからの情報漏洩
・外務省をかたったフィッシングメール
・北朝鮮の関与が疑われる標的型攻撃
・ランサムウエア感染からわずか4日で復旧した病院
・600万ドルを受け取ったランサムウエアSamSamの攻撃者
・プレミアム・アウトレットの漏洩データに含まれる謎の文字列
・セシールが受けた百発百中の不正アクセス


著者紹介
1979年生まれ。エバンジェリスト。ペネトレーションテスト、事件・事故を調査するセキュリティリサーチの仕事に携わる。

あなたがセキュリティで困っている理由 アナタ ガ セキュリティ デ コマッテ イル リユウ
著者 辻伸弘/著 ツジ,ノブヒロ
日経xTECH/編集 ニッケイ ビーピーシャ
出版者 [東京] 日経BP
東京 日経BPマーケティング(発売)
出版年 2019.5
形態事項 191p 21cm
ISBN 978-4-296-10282-2  
 
関連記事

タグ : @図書館 IT:ALL(情報技術) ITのうちWeb関連

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可