FC2ブログ
2019年03月20日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本 アート

駝鳥
(Children & YA Books) 単行本 – 2015/9/4
筒井 康隆 (著), 福井 江太郎 (著)



2019/02/25 予約  2019/03/19 借りて一気に読み終わる (2回読みました)
 
2019/2/24 「絵本にみる日本画」展へ行きました。
当日のアーティスト・トークに登場したのは、今人気の日本画家 福井江太郎氏です。
会場には 絵本「駝鳥」の原画のほか 沢山の作品が飾られていて、興味深い話を聴きました。
なかでも、 絵本「駝鳥」のストーリーは エグいが、子どもたちは純粋に読んでくれる。 と言う話が印象深い。

 ん~~、純粋にかぁ。 考えちゃうよねぇ。 

 ⇒ 「絵本にみる日本画」展へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
ストーリーも挿絵のページを繰るごとに ドキドキします。
表紙のキョトンとした顔つきの駝鳥は、どうなっていくのか? 

この本を先に読みました。 ⇒ Myブログ:福井江太郎作品集「花」

 
 

筒井 康隆の作品 は たくさんありますね。

  



内容紹介
駝鳥をつれて砂漠をふみまよう旅行者。町はまだまだ見えない。とうとう食料が無くなった。
旅行者は、金ぐさりのついた懐中時計がなくなったことに気付き…。
筒井康隆の短編小説に福井江太郎の絵がコラボした絵本。

著者紹介
筒井康隆 1934年大阪市生まれ。 同志社大学卒。「虚人たち」で泉鏡花文学賞受賞。紫綬褒章受章。
福井江太郎 1969年東京都生まれ。 多摩美術大学大学院修了。国際的に評価され活躍する若手画家。紺綬褒章受章。

駝鳥 ダチョウ
著者 筒井康隆/作 ツツイ,ヤスタカ
福井江太郎/絵 フクイ,コウタロウ
出版者 東京 六耀社
出版年 2015.9
形態事項 32p 21×24cm
ISBN 978-4-89737-810-7

関連記事

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本 アート

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可