FC2ブログ
→ 読んだ本 「Python」 

これ以上やさしく説明できない! Pythonはじめの一歩 Python 3対応
大型本 – 2018/12/6 西 晃生 (著)



Pythonはじめの一歩
これ以上やさしく説明できない! Python 3対応

→  これ以上やさしく説明できない!Pythonはじめの一歩 | ナツメ社

2019/02/18 予約 2019/03/19 借りて読み始める。 3/27 実習開始
2019/04/11  ひとまず実習 終了。 (一部 実習保留、必要になったら再度読んで実習する)

確かに 基本が丁寧に書かれている。
Pythonだけではなく、関連のことについても説明が丁寧。
知ってると思っていることを 改めて確認したりできるのも すごくいい。
最初から フレッシュな気持ちで 実習したい!
 
3/27 実習開始
本書では、最初に PowerShell を使って、 インタラクティブモードとスクリプトモード を 簡単に体験します。
そのあとは、 IDLE を 使って進めていきます。
IDLEは、以下の本で使ったことが有り、 コマンドプロンプトやPowerShell より 簡単に スクリプトモード が使えるので気に入ってます。

 ⇒ Myブログ:たった1日で基本が身に付く! Python超入門

外部ライブラリ
Pythonに同梱されている ライブラリ管理ツール「PIP」を使う。 (Pwershell)

参考
 ・ PyPI – the Python Package Index · PyPI ~ Pythonのパッケージを管理するためのサービス
 ・ pep8 ~ ライブラリの中身や更新履歴、DL方法が書かれている



 


内容紹介 図解や画像を豊富に使ってPythonのプログラミングを丁寧に解説。
パソコンの環境設定や基本操作からプログラムに必要なさまざまな文法や要素までを説明し、
本格的なアプリケーションを作成できるように構成する。

主要目次
第1章 プログラムの基本
第2章 Python の導入
第3章 スクリプトファイルと入力の基本
第4章 データ型の基本
第5章 基本構文と関数
第6章 ライブラリとモジュール
第7章 High and Low ゲームの作成
第8章 オブジェクト指向とクラス
第9章 そのほかの便利なテクニック
第10章 実践プログラムの作成

著者紹介 西晃生
東京大学大学院修了。株式会社LITALICOエンジニアを経て、2017年、SunShineLifeLabとして独立。おもちゃ情報サイト『Child's Plaything』を運営。

Pythonはじめの一歩  これ以上やさしく説明できない!
著者 西晃生/著
出版者 東京 ナツメ社
出版年 2019.1
形態事項 319p 24cm
ISBN 978-4-8163-6557-7

関連記事

タグ : @図書館 IT:ALL(情報技術) PCソフト&ツール *実習 プログラミング実習

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可