FC2ブログ
2020年01月09日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 科学:生物・生命

迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか
単行本 – 2007/8/25
シャロン モアレム (著), ジョナサン プリンス (著), Sharon Moalem (原著), Jonathan Prince (原著),
矢野 真千子 (翻訳)




2019/02/18 予約   2019/02/24 借りる  
2019/10/29 はじめから読む    2019/12/31 読み終わる

知らないことが次々と出てくる、面白い!
とにかく目からウロコ。
 
どんな不合理なことでも 調べると理由がある。 

最後は、人間全体の進化には良くても 個人としてはあまり受け入れられないこともあると書かれていました。
個々の内容を覚えていたいけれど・・・、忘れちゃう。
 
次は、これを読みます。
『遺伝子は、変えられる。―――あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実』
 
 
 
本書 訳者あとがきで紹介されていた本も 読みます。

・ 人体 失敗の進化史 遠藤秀紀/著 光文社 2006.6
・ 女の由来 エレイン・モーガン/著 どうぶつ社 1997.12

  
 
 


内容紹介
なぜ病気の遺伝子がこれほど多くの人に受け継がれてしまったんだろう?
進化とは、有害な遺伝子を淘汰し、役に立つ遺伝子だけを残すはずではないのか?
進化医学の新鋭が案内するメディカル・ミステリーツアーへようこそ。

目次
第1章 血中の鉄分は多いほうがいい?
第2章 糖尿病は氷河期の生き残り?
第3章 コレステロールは日光浴で減る?
第4章 ソラマメ中毒はなぜ起きる?
第5章 僕たちはウイルスにあやつられている?
第6章 僕たちは日々少しずつ進化している?
第7章 親がジャンクフード好きだと子どもが太る?
第8章 あなたとiPodは壊れるようにできている

著者紹介 シャロン・モアレム
神経遺伝学、進化医学、人間生理学において博士号を取得。進化医学研究者。
クリントン元大統領のホワイトハウス上級顧問およびスピーチライター。

迷惑な進化
病気の遺伝子はどこから来たのか
原タイトル:Survival of the sickest

著者 シャロン・モアレム/著
ジョナサン・プリンス/著
矢野真千子/訳
出版者 東京 日本放送出版協会
出版年 2007.8
形態事項 253,30p 20cm
ISBN 978-4-14-081256-3
関連記事

タグ : @図書館 科学:生物・生命

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可