FC2ブログ
「システム管理者の眠れない夜」 -ほんとうに価値のあるシステムを求めて
(ITブッククラシックス) 単行本(ソフトカバー) – 2010/11/12
柳原 秀基 (著)



「システム管理者の眠れない夜」 -ほんとうに価値のあるシステムを求めて (ITブッククラシックス)
柳原 秀基 / 技術評論社 (2010-11-12) / 5,012円 / 23 users
タグ 経済・ビジネス @図書館 IT:ALL(情報技術) mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT
更新日:2011年07月04日 12時00分48秒 2011/07/04
読了: 2011年07月03日

2011/02/18 予約 6/16 借りて読み始める。7/3 読み終わる。
システム管理者の苦労が、よく伝わって 面白い本です。
問題点を、筆者の現在の目で鋭く分析したコメントが追加されているので、深い内容になっている。
読みやすい文章が、筆者の人柄を表しているのだろうか。
職場で、「システム管理者」を疎ましく!?思っている方がいれば、ぜひ一考してみては。

こちらも読みました。
 → 『暗黒のシステムインテグレーション』―コンピュータ文化の夜明けのために

今年も暑い夏がやってきた。震災・原発事故の影響で 節電が必須!
あらゆる場所で なくてはならなくなっているIT機器をどう使っていくか。
本書を読むと、職場ではログオフしないで帰宅する人も多いとか。
◆ 職場でも家庭のパソコンでも実行したいこと!
さしあたって、使っていないときには、電源オフ。
電源管理を見直して、可能な限り省電力モードに設定変更。
(ディスプレイやHDDの自動オフの時間を短くする)
 停電にだけは、ならないで欲しいからね。

電脳会議 VOL140より

 10年前あなたは何をしていましたか?
 10年前のベストセラーの復刊にあたっては、
 現代の視点を加えて過去の考えを正したいとの筆者の思いもこめられている。
 「懐かしいけど、なぜか新しい・・・」

IT機器は進化しても、変わらないのは人間。


内容と著者は → [more]

内容 :
情報システムと人の関係はどう変わっていくのか?
 ITが脚光を浴びた2000年前後の、コンピュータシステムに翻弄されるシステム管理者やユーザーの姿を描く。
『月刊ウィンドウズNTワールド』連載を中心に追記を加える。

著者 : Twitterフォロー
1956年生まれ。
80年代からメーカーの社内情報システム構築にかかわる。
大阪市立大学大学院創造都市研究科都市情報学専攻博士(後期)課程に在籍しつつ、
大学の非常勤講師などを務める。
 
関連記事

タグ : 経済・ビジネス @図書館 IT:ALL(情報技術) mediamarker

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可