FC2ブログ
2011年08月12日 (金) | Edit |

タグ : 自然・野鳥 自然 @リンク集 @図書館 mediamarker

甦れ、ブッポウソウ (ネイチャー・ストーリーズ) 単行本 – 2004/5/13
中村 浩志 (著)



甦れ、ブッポウソウ (ネイチャー・ストーリーズ)
中村 浩志 / 山と渓谷社 (2004-05-13) / 1,620円 / 5 users
タグ 自然・野鳥 自然 @リンク集 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会・政治
更新日:2011年08月12日 22時18分26秒 2011/08/12
読了: 2005年06月

ブッポウソウの名前は、皆さんご存じでしょう!
でも、どんな鳥なのかはあまり知られていないし、その姿を見ることは・・・。

また、ブッポウソウ(仏法僧)と鳴く声の持ち主はコノハズクで、
ほんもののブッポウソウは「ゲッゲッゲッ」と濁った声で鳴きます。

ブッポウソウは、夏に日本に渡ってきて繁殖し、秋に南方に帰っていく渡り鳥です。
カワセミと同じ仲間の美しい野鳥! 「森の宝石」
一度は、見てみたいものです!
ところが、はるばる日本に渡ってきても、巣作りをする場所が ない! のが、現状のようで、
絶滅のおそれのある野生動植物のひとつとして、
環境省の指定するレッドリストで、絶滅危惧ⅠB類(EN)に指定されている貴重な鳥です。

ここで紹介した本のように、保護活動も行われています。
成果の出ているところもあるようですが、全国的にみればまだまだ・・・絶滅の恐れがあります。

参考 : 
・ 日本の希少鳥類を守る  第10章 巣箱を使った保護活動 ― ブッポウソウ―(田畑孝宏)

・ 環境省が絶滅危惧種に指定する ブッポウソウ と、その保護活動 について
・ ブッポウソウ (亜種 ブッポウソウ) ~ オンライン野鳥図鑑
・ ブッポウソウ子育て、絶滅回避の一助?…広島 (2009年7月7日)

・ コノハズク ~ ウィキペディア



内容と著者は → [more]


内容 :

千年にわたり霊鳥とされながら、日本で絶滅しかけているブッポウソウ。
その謎に満ちた生態を、丹念なフィールドワークで解き明かすとともに、
日本の森のあり方に警鐘を鳴らし、ブッポウソウの復活を願う熱きメッセージ。

著者 :
1947年長野県生まれ。京都大学大学院博士課程修了。
現在、信州大学教育学部教授、理学博士。
著書に「カケスの森」、編著に「軽井沢の自然」「戸隠の自然」などがある。
 
関連記事

タグ : 自然・野鳥 自然 @リンク集 @図書館 mediamarker

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可