FC2ブログ
2014年12月29日 (月) | Edit |

老人介護 常識の誤り (新潮文庫) 文庫 – 2006/4/25
三好 春樹 (著)



老人介護 常識の誤り (新潮文庫)
三好 春樹 / 新潮社 (2006-04-25) / 497円 / 18 users
タグ 暮らし・保険・介護・年金 生き方・考え方 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 社会学
更新日:2014年12月29日 21時27分26秒 2014/12/29
読了: 2014年12月29日

親のこと、家族のこと、自分のこと・・・。
この本を読むと 目からうろこだったり、力づけられたりします。

 老人が本来もつパワーを引き出してこそ「介護」なのに、逆のことばかりしていないか。
 老人を受け身的対象から、生活の主体にするための具体的方法とその考え方を述べる。


2014/11/19 予約 11/30 借りる。12/1 読み始める。12/29 読み終わる。



理学療法士の経験を生かして年間150回の講演をこなす著者が軽妙に語る,「介護」の意味と具体的ノウハウ
 筆者の三好 春樹氏は,特別養護老人ホームでPT(理学療法士)として,老人のリハビリテーションに従事。35歳で退職したあと「生活とリハビリ研究所」を主宰し,全国各地で年間5万人を動員する「生活リハビリ講座」を150回も開催している。著書も多く『介護覚え書』(医学書院)は,他の介護関係の本にも,参考文献としてよく引用される。

 氏は,今まで介護のプロ向きに20冊も本を書いてきたが,この本はプロだけでなく,家族という素人,特に介護なんかしたくなかったのに,せざるをえない状況に追い込まれた人も読んでもらいたいとしている。それは,最近「これからは家族という素人こそが介護の質を決めていく」と氏が考えるようになったからだ。

 前半は,介護というもののもつ意味が説明される。すなわち,人間は「元気」対「病気」という二元論で見ることはできず,その間にある状態の人のために「介護」が必要であること,その人のことをよくわかった家族の素人の介護の関わりが重要であることが語られる。

 前半の説明部分は,論理に多少の飛躍とこじつけがあり,医師と看護婦に対する必要以上の辛辣さも垣間見えるので,ついていくのがちょっと大変だが,語り口はなめらかでつぼを心得ている。

 特に後半部分は,「エアーマットでの床ずれ予防を売り物にしているような老人病院は,寝かせきりを売り物にしているようなもの」「デイセンターに出かけるのは,訪問介護100回分の効果がある」「ケアプランは本人と家族でも立てることができる」「埋め込みの広い施設の風呂が老人の入浴を困難にする」「『こんなものばかり食べていると長生きできませんよ』という食事指導は,何の説得力もない」「ベッドの利用や部屋の改造は老人本人と相談しながら進める」など,目からうろこの話がぽんぽんと飛びだして,イラストでのわかりやすく丁寧な説明も含めて,介護の素人には大いに参考になる。 (フリーライター 鈴木 康之)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)

内容と著者は → [more]

内容 :
老人と介護者を支え、介護を変える、革命的な本。
介護の現実をよく知る専門家が、必要で大切なことを教えてくれます!
老人が本来もつパワーを引き出してこそ「介護」なのに、逆のことばかりしていないか。
老人を受け身的対象から、生活の主体にするための具体的方法とその考え方を述べる。

著者 : 三好/春樹
1950(昭和25)年、広島県生れ。高校中退後数々の職業の就き、24歳で特別養護老人ホームに生活指導員として勤務。
31歳で理学療法士の資格を取得。35歳で独立し、「生活とリハビリ研究所」を設立。
各地の通所施設や在宅訪問に関与しながら、現在年間200回の講演活動を行っている
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可