FC2ブログ
図解でわかる 14歳から知っておきたいAI



図解でわかる 14歳から知っておきたいAI
インフォビジュアル研究所 / 太田出版 (2018-01-20) / 1,296円 / 2 users
タグ IT:ALL(情報技術) 科学・テクノロジー @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2018年08月27日 12時17分46秒 2018/08/27
読了: 2018年08月27日

2018/5/29 借りて読み始める。8/27 読み終わる。

AIのしくみの本は何冊か読みましたが、この本はわかりやすく内容が充実しています。

AIの発展と利用の良いところは、どんどん活用できるといいですね。

一方、よく懸念され話題にされる、仕事を取られるのでは、ということに関しては、
人手不足で困っている仕事はたくさんあるようなので
目先のことだけでなくと社会全体を考えて対処すれば、いい方向に進むと思います。

本書で特に興味深かったところや AIの発展で懸念されることを、以下にピックアップしました。
ずいぶん怖い内容もあり、現実離れしたSFの世界の話のようですが、
早い時期からきちんと検討すべきことです。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

第2部 AIの基礎知識
 P40 戦闘ロボと平和ロボ ― ロボットがAIの頭脳を持つと 日本とアメリカは再び別の道を行く?
   『軍事利用のアメリカ、平和利用の日本』

第3部 AIで変貌する仕事
 P68 介護 ― 高齢者介護の現場で切実に必要なのは AI排泄支援ロボットではないか
   『介護者の負担軽減が最優先課題』

 P70 セキュリティ ―  AIセキュリティ社会と監視社会の境目はどこに?
   『安心安全の裏側に潜む恐怖』

第4部 AIと人間の未来
 P82 AI進化への警鐘は 何に対して鳴らされているのか
   『AIについて懸念される問題の多くは、人間の側にある』
    警鐘を鳴らす人 ホーキング、ビル・ゲイツ、イーロンマスク
    楽観的な人   マーク・ザッカーバーク

 P84 AIによる自立兵器ととサイバー攻撃が戦争のあり方を変える
    『AI戦争は、AI兵器の性能の差がそのまま、勝敗を決める』、
   『AIの軍事利用に関し、何らかの法規制が必要』

   『自ら判断し攻撃する殺人ロボット』

おわりに
 P90 『AIの進化によって問われるのは 人間の「心」と真の英知』
    『心をもたないAIが暴走する前に、どのようにしてその安全性を保障するのか。
    人類の英知は、まさに、ここにかかっているのではないでしょうか。』
 
図解でわかる 14歳から知っておきたいAI

内容と目次は → [more]

内容 :
コンピュータなどの機械に人間のような知能をもたせる技術“AI”。
その誕生から未来まで、ロボット、思想、技術、人間社会との関わりなど様々な面を取り上げて、
豊富なカラー図版とともにわかりやすく解説する。

目次 :

大図解 AIの現在地を知る
 5つの時代の試行錯誤を経て人工知能が見せる明日とは

第1部 AIとロボットの歴史
 人工知能の実現を夢見た4人の科学者の楽観論とその挫折
 冷静になった科学者たちはエキスパートシステムで再起を図った
 進化するAIは、私たちの明日に どんなインパクトを与えるのだろうか <===
 ほか

第2部 AIの基礎知識
 機械学習 ― 大量のデータを分類・整理するそれがAIの「機械学習」のスタート
 ディープラーニング ― 人間の脳の仕組みを真似た「ディープラーニング」の時代へ
 戦闘ロボと平和ロボ ― ロボットがAIの頭脳を持つと 日本とアメリカは再び別の道を行く? <=== 
 ほか

第3部 AIで変貌する仕事
 会社の変貌 ― AIとロボットの導入によってお菓子会社はこう変わる?
 AIが得意な仕事 ― AIは人間の仕事領域を脅かす?
           消える職業と消えない職業
 介護 ― 高齢者介護の現場で切実に必要なのは AI排泄支援ロボットではないか <===
 セキュリティ ―  AIセキュリティ社会と監視社会の境目はどこに? <===

 ほか

第4部 AIと人間の未来
 シンギュラリティの到来により人間はAIと一体化する?
 AIは人類を滅亡させる?  シンギュラリティの危険性
 AI進化への警鐘は 何に対して鳴らされているのか <===
 AIによる自立兵器ととサイバー攻撃が戦争のあり方を変える <=== 

 ほか
 
関連記事

タグ : IT:ALL(情報技術) 科学・テクノロジー @図書館 mediamarker

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可