FC2ブログ
2019年01月27日 (日) | Edit |

タグ : @図書館 旅行 生き方・考え方

ふしぎの国のバード コミック 1-5巻セット コミックス – 2018-10-14
佐々大河 (著)



ふしぎの国のバード  1巻 2018/12/13 予約  2018/12/19 借りて すぐ読み終わる
ふしぎの国のバード  2巻 2018/12/22 予約  2019/01/05 借りて すぐ読み終わる 
ふしぎの国のバード  3巻 2018/12/22 予約  2019/01/05 借りる。 1/15頃 読み終わる
ふしぎの国のバード  4巻 2018/12/22 予約  2019/01/18 借りて すぐ読む。 1/21 読み終わる
ふしぎの国のバード  5巻 2018/12/22 予約  2019/01/26 借り すぐ読み終わる。 

2018年末 日本橋の地下通路に、「イザベラ・バード」の冒険の様子や書籍の展示がありました。
本を読みたいと思ったら、楽しそうな漫画本をみつけたので さっそく読んでいます。

大胆不敵なイギリスの淑女 「イザベラ・バード」 さんが、優秀な通訳をみつけ 北の果て蝦夷地まで 探検に出かけます。
当時の日本の様子や、バードさんの心境などが 漫画の画面から 文字よりリアルに伝わってきます。

驚くような明治初期の日本の暮らし、それを見下すのではなく受け入れて旅を続けるバードさん。
素晴らしい女性ですね。
イザベラ・バード 19世紀の大英帝国の旅行家、探検家、紀行作家 → Wikipedia

有能で不思議な魅力を持つ通訳 伊藤鶴吉 → Wikipedia
登場する作品
小説 ~ 中島京子 『イトウの恋』(2005年、講談社、ISBN 978-4062127776)
 日本奥地紀行をモチーフとした作品。英国人女性の通訳として「伊藤亀吉」という男が登場。

漫画 ~  佐々大河 『ふしぎの国のバード』(KADOKAWA〈ビームコミックス〉、既刊5巻(2018年10月15日現在))
 クールで寡黙さを全面に押し出しているキャラクター造形となっているが、「酒は飲まない」「煙草が好き」「お菓子は大好き」「料理ができる」といった実像は漫画でも描かれている。

5巻も一気に読みました。 バードさんが旅を始めた回想録にも 冒険がいっぱい。
そして 秋田の手前 金山でのハプニング。
5巻で終わると思っていたのに いいところで To Be Continued o(*'o'*)o
早く 続きが読みたい !
 
待ってる間に こちらを読みます。 「イトウの恋」 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

Kindle版  コミックス – 2015/5/15  1~5巻セット

  

イザベラ・バード - Wikipedia
 


内容
ディスカバー・ジャパンーーこれは、古き良き日本文化を取り戻すための物語。
時は明治初頭。東京から蝦夷まで、地図なき道を旅したイギリス人がいた。
その名はイザベラ・バード、冒険家。
彼女の目的はただひとつ、滅びゆく日本古来の生活を記録に残すこと。
通訳の伊藤鶴吉をひとり連れ、日本人すらも踏み入ったことのない奥地への旅が、今はじまる!
漫画誌ハルタの実力派新人・佐々大河。初のコミックスは、日本の魅力を熱筆した旅物語!!

ふしぎの国のバード 1
UNBEATEN TRACKS in JAPAN

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~
ふしぎの国のバード 4
UNBEATEN TRACKS in JAPAN
An Account of Travels in The Interior Including Visit to The Aborigines of YEZO and The Shrines of NIKKO and ISE
内容
近代都市、山形を満喫するバードと伊藤。しかし、伊藤のもとに、元雇い主・マリーズからの手紙が届く。
遙かなる蝦夷を目指す、ふたりの旅はどうなってしまうのか?
日本発見紀行、第4弾!
An Account of Travels in The Interior Including Visit to The Aborigines of YEZO and The Shrines of NIKKO and ISE
著者 佐々大河/著 サッサ,タイガ
出版者 東京 KADOKAWA
出版年 2015.5
形態事項 223p 19cm
シリーズ名 BEAM COMIX ビーム コミックス
ISBN 978-4-04-730513-7
価格 (本体価格 \620)
NDC9(NDC8) 726.1 (726.1)

関連記事

タグ : @図書館 旅行 生き方・考え方

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可