FC2ブログ
2016年08月03日 (水) | Edit |

タグ : 自然 自然・野鳥 @図書館

カラスの教科書
松原 始 / 雷鳥社 (2012-12-19) / 1,728円



タグ 自然 自然・野鳥 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2016年08月03日 20時03分48秒 2016/08/03
読了: 2016年08月03日

友人のおすすめの本。
とはいえ、カラスはあまり好きじゃない・・・。

本書の著者 松原先生も それはすっかりお見通し (*^_^*)♪
信じられないくらい分厚い本をひらくと、軽妙な語り口で カラスの話が始まります。
「教科書」なんだけど、「強化書」、「教化書」、「狂歌書」でもあるそうです。

これから読むのが楽しみ。
8/2~8/3 積んどくだったのを集中して読みました。
面白い。
読んでよかったのは、カラスが群れているからといって 怖がらなくてもいいということ。
うっかり巣の近くに行ったり、巣やすだち間もない若鳥をジーと見たりすると攻撃されるので気をつけようということ。
東京は、街なかにハシブトガラスが多いが、それは世界的にはすごく珍しいそうです。
カラス対策は、きっちりしたゴミ出し、できればカラスよりも早い時間に短時間で収集してしまうと効果的。

松原先生、文章も面白いし イラストもかわいい。

身近なカラス は、「ハシブトカラス」です。

 
明治神宮などにも いっぱいいます。

2016/07/21  予約 7/27 借りて読み始める。8/3 読み終わる。
 
内容と著者は → [more]

内容 :
カラスはお嫌いですか?
大丈夫、しばらく見ていれば好きにはならずとも、ちょっと興味が湧いて来ます-。
カラスの基礎知識、餌と博物学、Q&A、カラス度診断など、くちばしの先から脚の先までカラスのことがわかる本。

著者 :
1969年奈良県生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。京都大学理学博士。
専門は動物行動学。東京大学総合研究博物館勤務。研究テーマはカラスの行動と進化。
 
関連記事

タグ : 自然 自然・野鳥 @図書館

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可