FC2ブログ
2019年09月13日 (金) | Edit |

タグ : 歴史 科学:生物・生命 Family mediamarker

文庫 銃・病原菌・鉄 (上・下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)



文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
ジャレド・ダイアモンド / 草思社 (2012-02-02) / 972円 / 1034 users
タグ 歴史 科学:生物・生命 Family mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 世界史
更新日:2018年03月02日 15時01分34秒 2018/03/02
2012/11/9 家族に借りる。11/25 読み始める。中断。2013/02/17 再開

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019年 ダイアモンド博士の“ヒトの知恵”
進化生物学者ジャレド・タイアモンド博士は、パプアニューギニアなど伝統社会で生きる知恵が、現代社会の生活に役立つと考える。博士の特別授業を4回にわたって放送する。

世界的ベストセラー『銃・病原菌・鉄』の著者、ジャレド・ダイアモンド博士による特別講義。
去年1月から3月までEテレで放送した「ダイアモンド博士の“ヒトの秘密”」に続くシリーズ第2弾。
今回注目するのは、伝統社会の人々が、数百万年にわたって続く狩猟採集の暮らしの中で培ってきた“知恵”。研究のために繰り返し訪れたパプアニューギニアで、人々が健康管理から家族運営、争いの解決法から人生の意味の見つけ方まで、過酷な環境を生き抜くためのさまざまな“知恵”を受け継いでいることを目の当たりにしたダイアモンド博士。
私たち現代人は、そこから何を学ぶことが出来るのか?ロサンゼルス在住の高校生・大学生など未来を担う若者たちと一緒に考えていく。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2018年1月8日~ NHK Eテレ 「ダイアモンド博士の“ヒトの秘密”」
ダイアモンド博士は、「銃・病原菌・鉄」でピュリッツァー賞を受賞した進化生物学者。
人間の進化によって現代社会を考察する博士の特別授業を12回にわたって放送する。

この番組を機に、以下の本を読みます。
若い読者のための第三のチンパンジー: 人間という動物の進化と未来
ジャレド ダイアモンド, レベッカ ステフォフ / 草思社 ( 2015-12-12 )
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794221754/seaapteacucom-22/ref=nosim

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年 (平成26年)の干支は、 午(馬)です。
 2014 is the year of the horse in Chinese Zodiac.

人間と深く関わってきた馬、この本おもしろいんだけど、なかなか読み進みません。
 ⇒ My Pinterest Horse

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/11/9
「この本は、西欧よりも日本人などに、より興味深い内容だろう」というようなことが、冒頭に書かれていた。
今までおぼろに持っていた疑問が、この本でくっきり浮かび上がり、答えが見えてくるかも。
と思ったが、著者によれば、答えはないらしい。~

「アンナ・カレーニナの原則」 → Gogleで検索

じつは、「面白いよ」と薦められて、一度ハードカバーを読み始めたけれど、一旦中止。今回は、文庫で読みます!

2012/10/9
面白いよと薦められて、読み始めた。
おぼろに今まで持っていた疑問が、この本でくっきり浮かび上がり、答えが見えてくるかも。
冒頭に、著者がこの本は、西欧よりも日本人などに、より興味深い内容だろうというようなことが書かれていた。
今回は、途中で時間切れ、もう一度読みます! 

2012/11/9 家族に文庫本を借りて読んでいます。(内容はすべてこちらに転記しました。)
 ⇒ 「銃・病原菌・鉄」 草思社 (2012-02-02) 文庫 ~ pasoboのバインダー(本棚)

Amazonに詳しい内容紹介が書かれているので、あまり付け加えることもなさそうだが、
Wikipediaの 解説が的を得てわかりやすい。
ジャレド・ダイアモンドの名を一躍有名にしたのが、一般向けの書籍『銃・病原菌・鉄』である。
この著作は、あるニューギニア人との対話から起こった
 「なぜヨーロッパ人がニューギニア人を征服し、ニューギニア人がヨーロッパ人を征服することにならなかったのか?」
という疑問に対し、一つの答えとして書かれたという。
ダイアモンドは、これに対して 「単なる地理的な要因」
 (例えば、ユーラシア大陸の文明がアメリカ大陸の文明よりも高くなったのは大陸が東西に広がっていたためだから等)
という仮説を提示し、
「ヨーロッパ人が優秀だったから」という根強い人種差別的な偏見に対して反論を投げかけ、大きな反響を呼んだ。
この著作は各国語に翻訳され、世界的なベストセラーとなった。


2012/9/17 予約 9/29 借りる。10/9 読み始める。10/17 一旦中止。

    ♪ -- ♪ -- ♪ -- ♪

Amazonに詳しい内容紹介が書かれているので、あまり付け加えることもなさそうだが、
Wikipediaの 解説が的を得てわかりやすい。
ジャレド・ダイアモンドの名を一躍有名にしたのが、一般向けの書籍『銃・病原菌・鉄』である。
この著作は、あるニューギニア人との対話から起こった
 「なぜヨーロッパ人がニューギニア人を征服し、ニューギニア人がヨーロッパ人を征服することにならなかったのか?」
という疑問に対し、一つの答えとして書かれたという。
ダイアモンドは、これに対して 「単なる地理的な要因」
 (例えば、ユーラシア大陸の文明がアメリカ大陸の文明よりも高くなったのは大陸が東西に広がっていたためだから等)
という仮説を提示し、
「ヨーロッパ人が優秀だったから」という根強い人種差別的な偏見に対して反論を投げかけ、大きな反響を呼んだ。
この著作は各国語に翻訳され、世界的なベストセラーとなった。



2019年09月13日 (金) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 科学:恐竜と古生物・化石

新恐竜 絶滅しなかった恐竜の図鑑 児童書版  2019/8/29
ドゥーガル ディクソン、 G.Masukawa 学研プラス 児童書/絵本




2019/09/13 Netgalley で ゲラ版を DL。
  ( 2019/8/29 出版の本、9/13には、図書館にもありました! 早~ )
ゲラ版 これから読みます。

小学3~4年生 小学5~6年生 一般 向け だそうです。
内容は、しっかりしているし、イラストは緻密です。


内容紹介
ティラノサウルスは「グルマン」に、トリケラトプスは「モノコーン」に……
もし、恐竜が絶滅せずに、そのまま進化し続けたら、どのような姿になっていたのか?
科学的考察と、あふれる想像力で描かれる、見たことのない恐竜たちの驚異の図鑑。

出版社からのコメント
本書は、あふれる想像力と緻密な考証で、未来の動物たちの姿をリアルなタッチでビジュアル化した、空想図鑑の最高傑作です!
巻末には、充実した解説ページも掲載!