FC2ブログ
2019年02月11日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 ◆小説:日本

イトウの恋  (講談社文庫) 文庫 – 2008/3/14  中島 京子 (著)

  

19世紀の大英帝国の旅行家、探検家、紀行作家 イザベラ・バード のマンガ本を読みました。

危険な旅に同行する 有能な通訳 イト (伊藤)。
不思議な魅力を持つ伊藤のサポートで旅を続けるバードさんですが、5巻の終わりで 大変なことに!
続きが読みたいけれど まだ 出版されていません・・・。 待ち遠しい!
⇒ Myブログ:ふしぎの国のバード

イザベラ・バード と 伊藤のことを もっと知りたいと思ったら 友人がこの本を勧めてくれました。
 伊藤鶴吉 → Wikipedia

2019/01/27 予約  2019/02/02 借りる 2/9 読み始める。 2/10 読み終わる。
 
ちょっと風邪気味だったので、他のことはやめて 読書に専念できました。

「イトウの恋」 は、2重構造になった小説です。
最初は じ~~っと読んでいましたが つまらない・・・。
やっと イトウの手記になって 面白くなりました。
先に ふしぎの国のバード を読んでいたので 内容や状況がスムーズわかりましたが、本書だけだったら分かりづらかったかも。
その後交互に出てくる、イトウの手記の部分だけを読み、あとはすっ飛ばし~~。
実際の バードさんとイトウさんのことは Wikipediaなどでわかるけれど、もちろんそれが全てではない。
その空間を 甘酸っぱく埋めてくれる本書の中の部分だけを 楽しみました。

それにしても 漫画 ふしぎの国のバード は素晴らしい! 早く続きが読みたいです!
 
2019年02月11日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本

映画 「蜘蛛の巣を払う女」をみたました。
そのあとに読んだ 原作の「ミレニアム」シリーズ 第一作 「ドラゴン・タトゥーの女」の上巻の 訳者あとがきに以下のようなことが書かれています。
・・・スウェーデンの国民的児童文学作家 「アリスリッド・リンドグレーン」の作品がインスピレーションの源となっている。
 リスベット・サランデルのモデルは、破天荒な正義の味方 「長くつ下のピッピ」
 ミカエル・ブルムクヴィストのモデルは、リスベットと全く正反対の 優等生で人好きのする 「名探偵カッレくん」 ・・・

 「長くつしたのピッピ」 と 「名探偵カッレくん」 読みたい!

 ⇒ Myブログ:ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女
 ⇒ Myブログ:長くつしたのピッピを 2冊読む
 ⇒ 映画「蜘蛛の巣を払う女」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

名探偵カッレくん  (岩波少年文庫)  単行本 – 2005-2-16 ISBN 4-00-114121-3
アストリッド・リンドグレーン (著),, Astrid Lindgren (原著),  
エーヴァ・ラウレル (イラスト)
尾崎 義 (翻訳)



2019/01/28 予約  2019/02/02 借りて 読み始める。
期待したほど 面白くなかったので、 途中までで 中止。
原作のせいか、翻訳のせいか・・・。 
 
2019年02月11日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本

童話の名作なのに 読んでいなかった 「長くつしたのピッピ」 を 今なぜ読もうと思ったか というと、
映画 「蜘蛛の巣を払う女」をみたあとに読んだ 原作の「ミレニアム」シリーズ 第一作 「ドラゴン・タトゥーの女」の上巻の 訳者あとがきに以下のようなことが書かれていたから。
・・・スウェーデンの国民的児童文学作家 「アリスリッド・リンドグレーン」の作品がインスピレーションの源となっている。
 リスベット・サランデルのモデルは、破天荒な正義の味方 「長くつ下のピッピ」
 ミカエル・ブルムクヴィストのモデルは、リスベットと全く正反対の 優等生で人好きのする 「名探偵カッレくん」 ・・・

 ⇒ Myブログ:ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女
 ⇒ 映画「蜘蛛の巣を払う女」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

長くつしたのピッピ   (ポプラ世界名作童話)  単行本 – 2015/10/30  ISBN 978-4-591-14705-4
アストリッド リンドグレーン (著),  角野 栄子 (文),  あだち なみ (イラスト)



「長くつしたのピッピ」 タイトルは知っていたけれど 読むのは初めて。
本書は、子供向けの 親しみやすく読みやすい文章です。
イラストも すごくかわいい。

2019/01/28 予約  2019/02/02 借りて読み始め、読み終わる。

----------------------------

長くつ下のピッピの本: 決定版  (児童書)  
 東京 徳間書店  単行本 – 2018/11/13  ISBN 978-4-19-864731-5
 アストリッド リンドグレーン  (著),  Astrid Lindgren (原著),
 イングリッド ヴァン・ニイマン  (イラスト), Ingrid Vang Nyman (原著),
 石井 登志子  (翻訳)



長くつ下のピッピの本 『決定版』 とあって 分厚い本です。
スウェーデン版オリジナルのイラスト がうれしい。

2019/01/28 予約  2/2 借りて 読み始める。 2/11 最初を読んだだけで中止
上記の本より文章・内容が細かい上に 3冊合本で すごく厚い本です。
1冊読んだから もういいやと思って 読むのは中止。
 


2019年02月11日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 アート

奇想の系譜  (ちくま学芸文庫)  文庫 – 2004/9/9  辻 惟雄 (著)

  



    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~


美術展を見る前に 本を読みたい!

【公式】 奇想の系譜展 江戸絵画 ミラクルワールド
2019年2月9日(土) ─ 4月7日(日)
東京都美術館


イベント 
開催日時: 2019年3月9日(土) 11:30/14:30【各回上映100分】
映画上映会 山中常盤-牛若丸と常盤御前 母と子の物語-
会場: 東京都美術館 講堂 (交流棟 ロビー階/定員225名)
本展出品作品の岩佐又兵衛《山中常盤物語絵巻》を題材にした羽田澄子監督による2004年の美術映画。
※ 無料、ただし本展観覧券(半券可)が必要
※ 当日10:30/13:30より講堂前で整理券を配布、定員になり次第受付終了
※ 整理券は一人につき一枚の配布
近世初期に活躍した絵師・岩佐又兵衛の作とされる絵巻物 『山中常盤』に、音楽とナレーションを付けた作品。
牛若丸による母の仇討ちを綴った、全長150メートルにも及ぶ色彩豊かな豪華絵巻を大画面で堪能できる貴重なチャンスだ。




参考
・  2017-03-24 奇想の絵師 岩佐又兵衛 山中常盤物語絵巻@MOA美術館
・ 所蔵企画展 又兵衛 山中常盤物語絵巻
賊に殺された母の仇を討つ、牛若丸の激闘。岩佐又兵衛の絵巻では最高傑作といわれる重要文化財《山中常盤物語絵巻》