FC2ブログ
2014年05月27日 (火) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 神話・伝説・民話 @図書館

カレヴァラ物語―フィンランドの恋する英雄たち (世界の英雄伝説)
高橋 静男 / 筑摩書房 (1987-06) / 1,050円

タグ ◆児童文学と絵本 神話・伝説・民話 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2014年05月27日 08時47分03秒 2014/05/27



4月のN響定期コンサートで、ヤルヴィ指揮のシベリウスの2番を聞きました。
2014/4/19 「4月N響定期、ヤルヴィ得意の北欧音楽」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

フィンランドの民族的叙事詩「カレワラ」を読んでみたい!
シベリウスが、多くの素晴らしい曲を創作したフィンランドの英雄伝説。

この本の前に数冊 フィンランドの民話を読んでいたので、本文はざっと目を通しただけ。
この本のすごいところは、あとがきです。
それだけでも 1冊の本になりそうな濃い内容。
「カレワラ」を多角的に追求した解説です。
学術的なことに馴染みのない人には、少し難しいかも・・・。

2014/04/30  予約 5/6 借りる。5/11 読み始める。5/27頃 あとがきの途中で終わる。

海辺の宝もの 単行本 – 2012/4/16
ヘレン ブッシュ (著), 佐竹 美保 (イラスト), Helen Bush (原著), 鳥見 真生 (翻訳)

◆伝記 ◆児童文学と絵本 @図書館 科学:恐竜と古生物・化石
 


メアリー・アニングについて知りたい。 2冊めです。

⇒ URLはこちら http://sea.ap.teacup.com/pasobo/1780.html 『5/21はメアリー・アニングの誕生日』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

これまでまったく知らなかった、メアリー・アニングのこと。
その頃の人々の知的好奇心。女性の社会的位置など 少しわかりました
メアリー・アニングは、貧しく身分も低かったけれど、
海辺から見つけてきたもの)宝物)によって 当時の最先端の学者とも知り合い、研究に貢献します。
それは、他の人と同じものを見ても メアリーだけが何故?という疑問を持ち、それを探求したことの証です。
それでも、文学などと違い、科学界における女性の位置はずっと低いままでした。
今はどうでしょう! 活躍する女性科学者(研究者)は、多い?

日本では、現在騒動を巻き起こしているた「小保方(おぼかた)」さん。
真相はわかりませんが、世間が女性研究者の足を引っ張ることがないように、願います。

2014/05/23  予約 5/27 借りて読み始め、一気に読み終わる。

化石をみつけた少女―メアリー・アニング物語
(評論社の児童図書館・絵本の部屋) 大型本 – 2001/1/1
自然 ◆まんが ◆伝記 @図書館 科学:恐竜と古生物・化石



2014/5/21 Googleのロゴで メアリー・アニングのことを知り、興味をもった。

⇒  『5/21はメアリー・アニングの誕生日』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

まずは、さっと読める子供向けの本から読みます。
これまでまったく知らなかった、メアリー・アニングのこと。
その頃の人々の知的好奇心。女性の社会的位置など 少しわかりました。

2014/05/23  予約 5/27 借りて読み始め、一気に読み終わる。

内容と著者は

内容 :
11歳のメアリーがみつけた「ほりだしもの」は、何百万年も昔の海の生き物だった!
今から150年以上も前、科学の歴史の上で重要な発見をしたメアリーが、
どのように化石を発見し、ほりおこしたのかを、楽しい絵本で紹介。
評論社の児童図書館・絵本の部屋 シリーズ