FC2ブログ
死の貝 単行本 – 1998/7
小林 照幸 (著)



死の貝
小林 照幸 / 文藝春秋 (1998-07) / - / 8 users
タグ 科学:医学 科学:生物・生命 歴史 地球環境とエコロジー @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2013年10月11日 16時28分38秒 2013/10/11
読了: 2013年10月07日 星5つ

国立科学博物館の企画展で、「ミヤイリガイの発見から100年」を知った。
 ⇒ 「日本はこうして日本住血吸虫症を克服した」に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
企画展の内容に衝撃を受け、関連した本を読むことにしました。

知らなかったことがぎっしり詰まっていて 驚きと感動の内容です。
地方病として恐れられた謎の死の病の原因を追求し、「日本住血吸虫症」 を突き止めることから、話は始まる。
寄生虫(日本住血吸虫)を探しだすのに一苦労。 中間宿主である「ミヤイリガイ」を見つけるのにも長い時間がかかる。
熱心な研究と治療にたずさわった方々には頭がさがる思いです。
田んぼの水路がコンクリートになっていることにも、ちゃんと意味があったことを知り、
自然破壊だと思っていたのが恥ずかしい・・・。

100年以上の闘いでついに安全宣言が出されたのはそれ程昔ではないが、
農業の方法、農村の様子も一変し 「日本住血吸虫症」のことを知人は少なくなっている。
しかし 世界中を見渡すと 同様の病気は蔓延しているそうだ。
今後、海外へ行ったり海外から来た人が、自然と親しんだ時に
うっかりミヤイリガイや日本住血吸虫を日本にも復活させることがないとも限らない・・・。
感動する本です。

次は、この本を読みたい → 朱鷺の遺言 (文春文庫)

2013/06/03 予約 6/5 借りる。 7/1 読み始める。10/7 読み終わる。

2013年10月05日 (土) | Edit |

タグ : @図書館文化 文字・会話・語学 @図書館

箱書で学ぶ くずし字の基礎: 茶会・稽古で迷わないコツ 単行本 – 2013/8/6
茶道資料館学芸員 橘 倫子 (著)



2013/09/20 新刊棚で見つけて借り読み始める。 10/5 頃? 読み終わらず返却

くずし字を読めるといいな! という潜在意識があるようで、
図書館の新刊棚で本書を見つけた時、迷わず借りました。

この本は著者が体験をもとに、くずし字を読めるように工夫して書かれた本なので、説得力があります。
「何度も読んでボロボロになったら、2冊めを手にとって下さい」とのこと!

本書の趣旨「お茶会に行って お道具などの箱書を読む」のに役立つように!
という場面に遭遇することはまず無いと思うけれど、(^^ゞ
この本で崩し文字の読み方を覚えれば、書道を見る時や美術展で役に立つかもしれない。
でも・・・この本に出てくるような字を読めるようにはなるのは、到底不可能って気がします。

考えてみると 最近文字はもっぱらPC・ケータイで打つことが多い。
それらの文字は、普通は明朝やゴシックで きっぱり読みやすい。
だから、手書きするときも 下手文字、丸文字、殴り書き !!(>д<)ノ ばかりで、
華麗な草書やくずし文字なんて〜〜縁遠い。

江戸時代から書かれてきた崩し文字は、そのうち読める人がいなくなるのでは・・・。
PC・スマホでは手書き入力はできる。それらを活用して崩し文字の文化を継承しよう!
伝統に則った美しいくずし文字が、認識できるようになるとすごいんだけどネ。

易しい草書体ぐらいは 日頃馴染んでおきたいので、MyPC内のフォントを草書に変えてみました!
 Evernote、メモ帳、自分用のワードなど (*^_^*)♪
 ブラウザの表示に適用するかどうかは迷うところですね。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

☆ すごいサイトを見つけました!
 → 木簡字典・電子くずし字字典 [共通検索システム] ~ 奈良文化財研究所・東京大学史料編纂所

その他 役立ちそうなサイトです。
・ 平仮名と変体仮名 ~  古文書便覧

・ (古文書入門6) むかしのひとは何故くずし字を書くのか?:江戸時代研究の休み時間

・ 読めるかな?くずし字読解にチャレンジ! ~ 歴史公文書探究サイト『ぶん蔵』