FC2ブログ
XPで、悩まない!―絶品Q&Aで、スッキリ納得! (TJムック)
宝島社 (2003-01) / 1,155円

タグ IT:ALL(情報技術) PCソフト&ツール *あとりえ用 Bs:居間-白
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT
更新日:2013年01月24日 17時06分29秒 2013/01/24
購入: 2003年02月13日 1,155円

 

とにかく 長い間お世話になった本です。

2013/1/24
あとりえの古いXPノートをメンテナンス。
なにげに邪魔だった機能を停止したり、使いやすく再設定しました。
忘れていたことの確認などに 今でもこの本は頼りになります。

2012/7/29 
MEからXPについに乗り換えた方へのアドバイスに、
 この本を引っ張り出して うろ覚え部分を再確認。

2003/2/13 購入 ずっと活用
この本があれば、大丈夫!
旧マシンからのWindowsのバージョンアップ。
Windowsのインストール。 デュアルブート。
PC引越し。様々な設定。
使いこなしまで、かなりお世話になっています。
 
2013年01月21日 (月) | Edit |

タグ : ◆小説:日本 @図書館 mediamarker

木のことば・森のことば (ちくまプリマー新書) 新書 – 2005/10/4
高田 宏 (著)



木のことば・森のことば (ちくまプリマー新書)
高田 宏 / 筑摩書房 (2005-10-04) / 799円 / 8 users
タグ ◆小説:日本 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エッセー・随筆
更新日:2013年01月21日 16時09分39秒 2013/01/21
読了: 2013年01月13日

都会の真ん中にいても 公園の木、マンションの木、並木道の木。
 どれも それぞれ魅力があります。

著者のように 八ヶ岳に住んでいれば、森や木々のパワーは神秘的かつ圧倒的なものでしょうね。

◆ 縄文杉の下で
この本を読んで、屋久島へ行った時のことを思い出しました。
 ⇒ 屋久島 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

◆ 木を植えた人びと
ジャン・ジオノの「木を植えた男」(木を植えた人) について書かれていた。
一人で、荒れた山にドングリを植え続ける男の物語。
「フレデリック・バックの映画」で見て 感動し、その後 展覧会にも行きました。
 ⇒ 2011/7/8 「映画「木を植えた男と「フレデリック・バック展」へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

これも読んでみたい。 ノアの住む国 北原なお/作 高田雄太/絵
 (ゆきのまち幻想文学賞第9回長編賞受賞作。)

実際に荒れ果てた土地に木を植え再生した例。
 愛媛県の別子銅山跡 伊庭貞剛 - Wikipedia

大都会の真ん中に人間の手で作られた森 明治神宮の森
 → 日本人がつくった自然の森――明治神宮「鎮守の杜に響く永遠の祈り」 ナショナルジオグラフィック

◆ 森の生活者
  森で暮らすのはちょっと~、(^^ゞ  たまに訪れたい場所です。
 読んでみたい本。
ウォールデン 森の生活
方丈記 (鴨長明)

◆ 草木と子供
著者おすすめの本。 
 夜明け前 (島崎藤村)
 インドの詩人 、思想家 ラビンドラナート タゴール (ロビンドロナト・タゴール、Rabindranath Tagore) - Wikipedia
 1861~1941年。インド生まれ。英文詩集「ギーターンジャリ」でノーベル文学賞受賞。詩集に「渡り翔ぶ白鳥」「木の葉の皿」、小説に「ゴーラ」など。
 その短編や詩集はおすすめ。 → ラビンドラナート タゴールの著書

というわけで、読みたい本が増えました。
本を持って、山の小さな小屋で過ごす読書三昧の暮らしって、すてきでしょうね。


2012/12/6 予約 12/12 借りる。12/22 読み始める。1/13 読み終わる。

2013年01月11日 (金) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 @図書館

リアさんって人、とっても愉快!: エドワード・リア ナンセンス詩の世界
エドワード リア / 西村書店 (2012-12-13) / 1,680円



タグ ◆児童文学と絵本 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2013年01月11日 22時50分47秒 2013/01/11
読了: 2013年01月11日

新刊棚で見つけて、読んだ。挿絵もいいが、リアの図鑑用の鳥の絵が素晴らしい。

ナンセンスなリメリック詩(5行脚韻詩)については、イマイチス・・・。
こちらに素養がないためか、今の感覚では、韻を踏んだ詩の良さも、面白さもそれほどではない。

いつ頃の人かといえば 生誕約200年。
  つい最近読んだ、レ・ミゼラブルの作者と、時代的には重なる。

・ ビクトル・ユゴー  1802~1885年。フランスの詩人・小説家。『レ・ミゼラブル』
・ アンデルセン   1805年~1875年。デンマークの童話作家。
  エドワード・リア  1812~1888年。ロンドン生まれ。イギリスの画家。ナンセンス詩人。
・ チャールズ・ディケンズ 1812年~1870年。イギリスの作家。『オリバー・ツイスト』
・ ジュゼッペ・ヴェルディ 1813年~1901年。イタリアの作曲家。
・ リヒャルト・ワーグナー 1813年~1883年。ドイツの作曲家。
・ カール・マルクス 1818年~1883年。ドイツの哲学者、思想家。

2013/01/11 借りて読み始め、すぐ読み終わる。