FC2ブログ
2012年10月30日 (火) | Edit |

タグ : @図書館 科学:恐竜と古生物・化石

→ Myワード : 恐竜(きょうりゅう)

恐竜時代I――起源から巨大化へ (岩波ジュニア新書)
小林 快次 / 岩波書店 (2012-06-21) / 1,015円



タグ @図書館 Myめも 科学:恐竜と古生物・化石
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 生物・バイオテクノロジー
更新日:2012年10月30日 15時05分54秒 2012/10/30
読了: 2012年10月29日


図書館の新刊棚に並んだ本の表紙のイラストに、惹きつけられ手に取りました!

2012年夏は → 世界最大 恐竜王国2012
 ⇒ 恐竜王国2012 行きたい! ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 2年前の夏に行った「地球最古の恐竜展」、面白かった。
  2010年7月10日(土)~9月26日(日) 森アーツセンターギャラリー。
 アルゼンチン・サンファン国立大学自然科学博物館のアルコベール館長、
 小林 快次博士の 講演会とトークセッションが興味深い内容でした。
 「恐竜の起源を書きかえる! ~イスチグアラスト州立公園での最新の発見より~」。

 

めも:2010/07/26 940SH AS で撮影

 ⇒ 地球最古の恐竜展 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

この本には、イスチグアラスト州立公園など世界各地での発掘研究が、わかりやく解説されている。
特に、最初の章では、自然の中での発掘作業がそこの自然や生物たちに与える影響を最小にすることなどを配慮したものと書かれています。
映画で見る恐竜ハンタート・トレジャーレジャーハンターの派手な発掘は無し!!
それでも、シベリアでは大きなヒグマやヘラジカに遭遇することもあるらしい。
恐竜発掘というと、「蟻もいないバッドランド・砂漠など無生物地帯!?での作業、登場するのは過去の骨だけ」 って気がするけれど、そんなことはないんですね。

後半に書かれていたこと 『鳥類は恐竜類に含まれる、これは人類が哺乳類に含まれるのと同じ。』に、なるほど!!
そして、始祖鳥の最新の研究など、とても興味深い内容です。

こちらも見てね! これまでに行った恐竜展の話題など 
⇒ 恐竜 ファンタジー ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2012/7/26 借りて読み始める。 10/29 読み終わる。

2012年10月29日 (月) | Edit |

お知らせ:最新記事のリストを30件にし、ユーザータグも表示しました!

このブログでは、カテゴリーごとに目次を作って、
カテゴリーをクリックすると 最初に目次が表示されるようにしています。

最新記事のリストは、左サイドバーに表示されます。

これまでは、リストに10件しか表示していなかったので、
最新記事一覧の上位は目次になり、実際の最新記事はその後に並ぶ事になり、
 肝心の記事が 少ししか表示されませんでした・・・。

今日、最新記事一覧の表示 を 上限の 30件に変更 しました。

これで、かなり使い勝手が良くなったと思います。

さらに、ユーザータグを、表示 するようにしました。(新着順)
ユーザータグは、これまで重視していなかったので、これからきちんとつけていきますね。

では、よろしくお願いします。 (*^_^*)♪
2012年10月11日 (木) | Edit |

タグ : 外国:中国 ◆小説:海外 @図書館


転生夢現〈上〉

転生夢現〈上〉
莫 言 / 中央公論新社 (2008-02-01) / 3,024円 / 20 users
タグ @図書館 外国:中国 ◆小説:海外
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2012年10月11日 21時26分07秒 2012/10/11
読了: 2008年05月23日 星5つ

2012/10/11 追記

 2012年ノーベル文学賞は、中国の莫言(ばく げん、1955年2月17日 - )氏に!

・ 『転生夢現』 上 2008/5/23 読了
・ 『転生夢現』 下 2008/8/05 読了

   *:..。o ○ ☆ *゚¨゚゚・*:..。o ○ ☆ *゚¨゚゚・*:..。o ○ ☆ *゚¨

2008/5/21 記

『転生夢現』 今 分厚い本を読み進んでんでいるところ。
TVブックレビューでとても面白いと紹介されたので、さっそく読み始めた。

人間 いや 生き物すべて 死んだらどうなる? 生まれ変わると考えるのは 自然な発想です。
だからといって、次は 大金持ち、大統領、スーパースター ってなわけには~ いかないかも・・・。
ありんこだったり、樫の木だったり。 あちゃぁ~!
さて、生まれ変わったときには、以前の自分は覚えていないよね、ふつう。
ところが、この話では 覚えているの!
主人公のパワフルで気骨あふれる性格も受け継ぐし、家族やかかわりあった人々への感情も消えない。

中国の近代の激動時を生きる&死ぬ 主人公と彼を取り巻く人々。
これまで味わったことのない面白さ、上・下巻 ~ 先は長いけど ~ 楽しんで読めそうです。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

転生夢現 下 (2)
莫 言 / 中央公論新社 (2008-02) / 3,024円 / 13 users

更新日:2012年10月11日 21時24分43秒 2012/10/11
読了: 2008年08月05日

2008/8/05 記
  に引き続き、 も読みました。 
 とってもおもしろいので 一気に読んでしまいたい!
 ・・・ 現状は、なかなかそうもいかず
 分厚い本を ゆっくり読みすすむ。
 とにかく、おもしろい!
 ロバでびっくり、牛で感動! ブタであんぐり。 
 この3匹と 本人!が好き ☆

文中に、ギョリュウ(御柳)という木が花をつけたロマンティックな描写があります。
 ギョリュウってどんな木? 
日本ではあまり見かけませんが、楊貴妃も愛したそれは繊細で美しい木です。
 ⇒ 公園のギョリュウ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 → ギョリュウの仲間(タマリクス属):ヤサシイエンゲイ
 
2012年10月03日 (水) | Edit |

タグ : お絵かき *実習 *講座 *所有

水彩まるごとQ&A―ここが知りたい (みみずく・ビギナーシリーズ)



更新日は2012/10/3 ・ 登録日は1996/12/15
お絵かき *実習 Bs:居間-茶 *講座

1996/10に、スケッチ講座に参加して、水彩画を習い始めたときに買った本。
これをみながら基本的な知識を身につけ、描き方のイロハを学んでいきました。
参加した水彩画スケッチ講座では、技術よりも楽しく描くことが主で、普段のストレスを忘れることができ、毎回楽しみでした。
何事も 最初の一冊にどんな本を選ぶかは とても大事です。この本でよかった!

水彩画・・・こちらもみてね
 ⇒  My Gallery(水彩画)へ
 ⇒  My「お絵かき」ブログ:水彩画