FC2ブログ
できるポケット+ Evernote 改訂版 (できるポケット+) 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/18
コグレマサト (著), いしたにまさき (著), 堀 正岳 (著), できるシリーズ編集部 (著)



できるポケット+ Evernote 改訂版 (できるポケット+)
コグレマサト , いしたにまさき , 堀 正岳 , できるシリーズ編集部 / インプレス (2011-03-18) / 3,788円 / 155 users
タグ IT:ALL(情報技術) ITのうちWeb関連 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コンピュータ・IT
更新日:2012年05月31日 01時00分15秒 2012/05/31
読了: 2012年05月30日

人気のクラウドサービス「Evernote」 活用しています。

 「トランク」「スタック」などの (新しい)サービスに ついてきちんと知りたい!

・ Evernoteサイトメモリー ~ 新機能:サイトメモリーボタンでWebサイトを1発保存! 2010年 9月 10日
・ 「トランク」 ~ あなたのEvernoteライフを最高に充実させるハードウェアやアプリケーション、ノートブックを揃えたTrunkをぜひご覧下さい!

・ 「スタック」~ スタックは、同じ傾向のノートブックをまとめる機能です。
  → シゴタノ! ~ Evernoteの新機能「ノートブック・スタック」を使いこなす

・ モバイル活用 (Android、iPhone、iPad)は専用アプリで。
  いつでも すべての記憶を取り出せる 「第二の脳」

・ 一般的な携帯電話で ノートを閲覧するには
  ブラウザで「Evernoteモバイル」 http://www.Evernote.com/m にアクセス。
  UTF-8に対応するブラウザであれば 携帯電話、ゲーム機、電子書籍リーダーなどから利用可能。
  
2012/2/25 記
「EVERNOTE パソコン、iPhone、Androidで使える紙を超えたデジタル・ノート活用術」
 コグレマサト/著 インプレスジャパン 2010.3
は 2011年03月15日に 読みました。

その、待望の改訂版 がでている。 最も詳しい、最新機能まで盛り込んだ解説書。 こちらも読みたい!

人気の本なので、読むのはどちらも1年遅れ・・・。 (^o^ゞ;

2012/2/25 予約 5/30 借りて読み始め、読み終わる。

2012年05月17日 (木) | Edit |

2012/5/17
 「Twitterまとめ記事」 の 大部分を削除 しました!
「twilog」 には、2010/5/1 以降のつぶやきが保存されています。

twilog にない 2009/11/12 11/11 ~2010/4/30 と
 移行期~2010/5/31 のツイートは残しています。 97件
一応、PCに バックアップもしました。

FC2ブログは、簡単に記事のバックアップができるのが いいですね。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2010/6/1 (05/31のツイート) までで、
 ここ、FC2ブログでの、Twitter まとめの表示は 中止 しました。

これ以後の 「Twitterのまとめ」 は、http://twilog.org/pasobo をどうぞ!
 2010年05月01日(土)から、使っています。

ここは、 2009/11/12 (11/11のツイート) から 2010/6/1 (05/31のツイート) があります。
ただし、 FC2ブログ 「散歩道の野草と風」 がなぜか 欠落。

もう一つの Twitter まとめブログ 「毎日のつぶやきの記録 (pasobo) はてな日記」 にも、2009-11-11 以降があります。
現在も 活きていますが、ここは、検索が効かないので 有用とはいえませんね。 (^^ゞ
そういうわけで、 ここも消さずに残してあります。
 たまには役に立つことも ありますので・・・。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~
2012年05月07日 (月) | Edit |

タグ : 科学:深海から宇宙まで @図書館

黒い太陽のおはなし 日食の科学と神話
寮 美千子 / 小学館 (2009-07-08) / 1,728円



タグ 科学:深海から宇宙まで @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2012年05月07日 14時44分10秒 2012/05/07

2012/5/21 金環日食ですね。
こちらを見てね。
 ⇒ 5月21日 金環日食を見よう ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


2009/7/22の 皆既日食にあわせて、読んでみたい本

 ⇒ 空~宇宙・深海フリーク ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

内容と著者は → [more]

内容
月が太陽を隠す世紀の天文ショー「日食」が起こる科学的な仕組みを説明するほか、日食を題材に創られた日本、アイヌ、インドの神話を紹介。日食を見るときの注意や、2009年~2035年の世界の日食予定地図も掲載。

著者
東京生まれ。絵本、小説、ノンフィクションと幅広く活躍。「楽園の鳥」で泉鏡花文学賞受賞。
ほかの作品に「小惑星美術館」「遠くをみたい」など。