FC2ブログ
2011年12月12日 (月) | Edit |

タグ : 自然・動物 自然 @図書館 mediamarker

サルと歩いた屋久島 (ネイチャー・ストーリーズ)
山極 寿一 / 山と溪谷社 (2006-03-01) / 1,620円 / 2 users
タグ 自然・動物 自然 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2011年12月12日 15時26分14秒 2011/12/12
読了: 2011年12月07日

キーワード : 屋久島

屋久島といえば、雨と屋久杉。 ヤクザルとヤクシカ。
標高2000メートルまでの森林分布は、亜寒帯、寒温帯、暖帯、亜熱帯と日本列島の森林を凝縮しているそうだ。
屋久島のニホンザルはどこでどんな風に暮らしているのだろう?
人間とのかかわりは?
そんなことが、これからこの本を読むとわかりそうです。

屋久島の照葉樹林の森。
 アカメガシワ、ハイノキ、ユズリハ、センリョウ、カンツワブキ、バリバリノキ、シラタマカズラ・・・。

著者は、アフリカのゴリラの現状と、調査研究についても述べています。
・ コンゴ民主共和国のカフジでのヒガシローランドゴリラの保護活動。
  そこで活動している 「ポポフ」
・ ルワンダ ヴィルンガでの ダイアン・フォッシー博士の活動とその後。
アフリカでは、国(政府)と住民の対立、国立公園が住民の生活を圧迫していることや耐えない密猟など、深刻な状況。

屋久島でのサルを通しての自然の調査研究と保護活動は、これから子供たちに引き継がれていって欲しい!

この本も読んでいます。 ⇒ My本棚:アナザー人類興亡史 -人間になれずに消滅した”傍系人類”の系譜

参考 : 「山極 寿一」 の検索結果
・ ゴリラを通して人間を考える 山極寿一さん

・ ポポフ、POPOF=ポレポレ基金。コンゴ民主共和国NGO。世界遺産カフジ・ビエガ国立公園及び周辺の自然環境と絶滅危惧種、東ローランドゴリラの保護、自然保護教育。

こちらもみてね。⇒ 屋久島旅行 1~5 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2011/8/12 8/29 予約 8/31 借りる 10/17 読み始める。12/7 読み終わる

内容と著者は → [more]

内容 :
海岸から、標高2000m近い山頂まで、連続して自然の植生が見られる屋久島の森。
そこには、人間の存在など無視して暮らす、ニホンザルの自然な姿があった。
サル社会の謎にせまり、サルを通して見た屋久島の歴史を描く。

著者 :
1952年東京生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学大学院理学研究科教授。
屋久島でニホンザル、アフリカ各地でゴリラの野外研究に従事。
著書に「ジャングルで学んだこと」など。
 
2011年12月02日 (金) | Edit |

タグ : 自然 旅行 @図書館

るるぶ高尾山’10  (るるぶ情報版 関東 25)
ジェイティビィパブリッシング (2009-10-19) / 940円

 

タグ 自然 旅行 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 旅行ガイド・マップ
更新日:2011年12月02日 00時59分18秒 2011/12/02
読了: 2011年11月27日

2011/11/27 高尾山に行くので、目を通した。



こちらも見てね。
Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
その1 ⇒ Myブログ:高尾山探鳥会11月
その2 ⇒ Myブログ:高尾山探鳥会11月の後の散策
その3 ⇒ Myブログ:高尾山探鳥会11月からの帰り
 ⇒ 11月末の高尾山のモミジ ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

2011/11/26 借りて読み始め、必要なところは読み終わる。


2011年12月01日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 自然 自然・動物

クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
船曳 和代 , 新海 明 / INAXo (2008-03-15) / 1,620円

 

タグ @図書館 自然 自然・動物
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2011年12月01日 17時00分37秒 2011/12/01

2011年10月6日に 友人から蜘蛛の巣の写真がメールで送られてきて、
『これ何?』 とたずねられました。
 そんなこと質問されたってぇ わかりませ~ん。(^o^ゞ;

  

そのことが 頭の隅に引っかかっていて、こんな本を見つけました。
 そうしたら、もう 蜘蛛の糸を手繰るように、いろんなことがわかってきましたよ。

上記の写真の蜘蛛の巣は、コガネグモやウズグモが作る「隠れ帯」では、ないでしょうか?

「隠れ帯」については、学者のあいだでも 諸説飛び交う 「謎」らしいです。o(*'o'*)o
ちなみに、「隠れ帯」で画像検索 をすると 楽しいですよ!

 さっそく友人に 知らせよぅ~っと (*^_^*)♪

参考 日本蜘蛛学会 公式ホームページ
・ 『クモの巣と網の不思議』

2011/11/26 借りて読み始める。 読み終わる。