FC2ブログ
6600万年前……ぼくは恐竜だったのかもしれない
くすのきしげのり 主婦の友社



刊行日 2019/10/19

Netgalleyで紹介されていたので読みました。 #ぼくは恐竜 #NetGalleyJP

迫力のある絵は、水墨画なんですね。ビックリ。
登場する恐竜は、ドラコレックス。
今まさに 隕石が降ってくる 大絶滅のとき、頼もしいお父さんに感動です。

最後のページはインパクトあるけど ???
 かなり小さい子向きの絵本、家族で見てね! 

2020/01/09  図書館で予約  2020/01/16 借りて一気に読み終わる。
Netgalleyで読んだゲラと製品版は、同じものか?違うのか? 
製品版の本には、表紙見返しに、登場する恐竜のイラストと名前のリストがのっています。
後は、同じです。
迫力のある恐竜が、隕石から逃れてページを飛び出してきそう!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ドラコレックス って  o(*'o'*)o
 

ドラコレックスの化石は一体だけ見つかっています。
その頭骨が、あまりにも伝説や「ハリー・ポッター」シリーズに出てくる西洋の竜(ドラゴン)のそれに酷似していたので「ドラコレックス・ホグワーツィア」と命名されたそうです。

ドラコレックス・ホグワーツィアは、白亜紀の北米大陸に生息していた
 脊椎動物門 爬虫綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 堅頭竜下目 の恐竜である。 ウィキペディア

★ ドラコレックスは種の存在自体がまだハッキリしていない恐竜であり、
全体的にのパキケファロサウルスと骨格が似ている事から ドーム型の頭骨が形成される前の
パキケファロサウルスの幼体だという説もあります。
 → ドラコレックス(Dracorex) | 恐竜図鑑

★ ドラコレックス
小型の草食恐竜ドラコレックス。白亜紀の後期、北米に生息していました。
後期白亜紀に北米に生息していた小型の草食恐竜ドラコレックス。
化石は1頭しか見つかっていません。
頭の形や長い口先がドラゴンに似ているためドラコレックスという名前がつきました。
また、「ドラゴンの王」という意味の学名があります。
 → ドラコレックス | 15014 | Dinosaurs | Schleich® 

参考
・ 特集:奇妙な恐竜たち 2007年12月号 ナショナルジオグラフィック
 
2020年01月16日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本

エミリー・ザ・ストレンジ  (日本語) 単行本 – 2003/3/29
コズミック・デブリ (著), 宇多田 ヒカル (翻訳)



2020/01/09  予約、  2020/01/16 借りて行きに読み終わる。

以下の展覧会のことを知り、本書を読みました。
『エミリー・ザ・ストレンジ』 は全く知らなかったけど、いいね! です。

赤・白・黒 (たまに灰色)で描かれた絵本。 
 シャープなイラストはまるで切り絵のよう。 
 それに手書き風や水墨画風の部分があったり、おしゃれ!
また赤地に赤、白地に白、黒地に黒の 浮き出し文字など、マジックのような部分もあって見逃し注意 ですよ。
エミリーは、可愛いけれど 普通じゃない女の子。
本当は 猫好きで幸せに暮らす子供だなぁ って思います。

・ ヴァニラ画廊  (銀座八丁目) 2020/2/11 ~ 3/1
 「エミリー・ザ・ストレンジの世界展」
 サンフランシスコのアーティスト集団コズミック・デブリが創作したキャラクター
『Emily the Strange(エミリー・ザ・ストレンジ)』。
 本展では、オリジナルアートワークのほか、コミックスの原稿、ドローイング、デジタル作品など多数に亘って展示、販売。
 ポップカルチャーに多大な影響を与えたエミリー・ザ・ストレンジの世界とコズミック・デブリのアートワークを紹介する、日本で初めての展覧会。
 
2020年01月15日 (水) | Edit |

タグ : 芥川賞 直木賞 ◆小説:時代小説 ◆小説:日本

たった今 ニュースで発表! 早速読んでみたい。
第162回 「芥川賞」は、古川真人さんの  『背高泡立草』
第162回 「直木賞」は、川越宗一さんの 『熱源』


【第162回 直木賞受賞作】熱源 (日本語) 単行本 – 2019/8/28 川越 宗一 (著)

天地に燦たり (日本語) 単行本 – 2018/7/6 川越 宗一 (著)  松本清張賞受賞作。

 


【第162回 芥川賞受賞作】 背高泡立草  (日本語) 単行本 – 2020/1/24

 

 → 古川真人の本

ラッコの家    四時過ぎの船  縫わんばならん
 
  

 
2020年01月02日 (木) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本

フレデリック ― ちょっとかわったのねずみのはなし (日本語) 大型本 – 1969/4/1
レオ・レオニ (著), 谷川 俊太郎 (翻訳)


 

2019/8/7   レオ・レオーニ展 に行きました。
たくさんの絵本と原画がならぶ展覧会。
会場で読んだ絵本 「フレデリック」 面白かった!

記念に マグカップを 買いました。 偶然ですが、2020年子年 にピッタリ。
 
DSC_8103_0807_レオ・レオーニ展のマグカップ_400

 
2020年01月01日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 @友人・知人他から

ティモシーとサラ かあさんのすきだった木 (えほんとなかよし)



更新日は2018/4/20 ・ 登録日は2018/3/2
◆児童文学と絵本 @友人・知人他から

2018/3/2 作者より寄贈(サイン入り)され、読み始め 読み終わる。 繰り返し読みたい!
2018/2/28 大好きな絵本シリーズに、待望の新刊絵本が出ました!

「ティモシーとサラ かあさんのすきだった木」
  (えほんとなかよし) 大型本 ? 2018/2/28

表紙 いいですね、大きな木を囲んで耳を澄ますと、木の声が聞こえてきます。

表紙をめくったら、一面のお花畑に、笑顔の3人 わぉ~。
カバー見返しのイチゴの絵も超かわいい。
絵本の帯の「木の枝風のフォント」も読みたい気分にさせてくれますね。

さて、3人の楽しいピクニックから リックの思い出に変わると、
絵のトーンが 深い緑や茶系で、落ち着いた雰囲気になります。
ちょっとしんみり。 亡くなった家族や友人のことを思い出す読者も多いでしょう。
大切な思い出、後悔すること、もどかしさ・・・。

最後は、3人プラスおばあちゃんの笑顔で、元気回復~。(*^_^*)♪
ホント、お子さんだけでなく大人も味わえるすてきな絵本です。

著者のインタビューも見逃せない!
 →  『ティモシーとサラ かあさんのすきだった木』刊行記念・芭蕉みどり先生インタビュー

以下は、mediamarker 編集画面の 引用ボタンを利用して書きました。(2018/4/20)
「それに、この木は
これで おわりじゃない。
ここから はじまることも きっと ある。
もりは、たいていの きずは
じかんを かけて
じぶんで なおすよ。
だいじょうぶだ」

2020年01月01日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 @友人・知人他から

ティモシーとサラ ちいさなとしょかん (えほんとなかよし)
芭蕉 みどり / ポプラ社 (2015-02-10) / 1,296円



タグ ◆児童文学と絵本 @友人・知人他から
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 絵本・児童書
更新日:2017年04月12日 22時00分49秒 2017/04/12
読了: 2015年02月17日

2020/01/01 子年の元旦 可愛い双子のネズミに会える!
またこの本を 読みたくなりました。

2017/4/12
体調の悪い母に、明るく優しい気持ちで過ごしてもらいたくてプレゼント。

2017/1/10
見れば見るほど かわいい~~。
こちらでシリーズを紹介することにしました。
芭蕉 みどり ~ Myブログ「ベルルの欲しいなブログ」

2015/2/17 
ティモシーとサラの最新作です。 かわいい~。
細部までこだわって描かれたイラストは、何度見ても見飽きないです。
ストーリーも、ひとひねり、ちょっと嬉しい驚きの展開 (*^_^*)♪
こんな街に住みたいね。

発売前に 作者から、サイン入りの本を頂きました。 大感激です!
ありがとうございます。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

「ティモシーとサラ」シリーズは、こちら

 作者のWebサイト(ホームページ)です。 → 「ティモシーとサラ:芭蕉みどりのページ

「人気JimdoでWebサイト作り」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

関連サイトを探しました。
・ ティモシーとサラ:芭蕉みどりのページ

・ 【シリーズ】「ティモシーとサラの絵本」 | 絵本ナビ
・ 芭蕉みどりのおすすめランキング - 読書メーター
・ 芭蕉みどり レビュー数ランキング (35作品) - ブクログ
・ ティモシー&サラが好き | mixiコミュニティ
・ キャラで占う無料ゲーム ティモシーとサラのうらない

・ 「ティモシーとサラ ちいさなとしょかん:大好きな絵本」 ~ ベルルの欲しいなブログ

参考 絵本ナビホーム > スペシャルコンテンツ > 制作日記
 絵本作家 Rokoのページ

2015/2/6 読み始め、読み終わる。

内容と著者は → [more]

内容 :
こねずみのティモシーとサラは、トムさんが家に小さな図書館をつくるお手伝いをします。
ロングセラーシリーズ第14弾。

著者 : → 芭蕉みどりの著書
東京生まれ。早稲田大学卒業。
グラフィックデザインの会社勤務を経て、フリーのイラストレーター。
作品に「おたんじょうびのおくりもの」「ふゆのよるのおくりもの」「おおきくなったら」など。
  作者のWebサイト(ホームページ) → 「ティモシーとサラのページにようこそ」(2015/02/19~)
 
2020年01月01日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 @図書館

ふゆのよるのおくりもの (えほんとなかよし―ティモシーとサラのえほん)
芭蕉 みどり | 1990/12/1



2019/03/26 予約 2019/03/29 借りてすぐ 読みました。

優しいストーリーに 可愛らしいキャラ。
室内や 外の風景 ページの隅々まで 素敵な絵で溢れています。
繰り返し読みたい絵本です。
 


内容
きょう、ティモシーとサラは、もみのきをかってかえりました。
いえできれいにかざりつけをして、クッキーをたくさんやいて、さあ、これからおでかけ。
おじいちゃんとおばあちゃんは、ティモシーとサラのくるのをまちかねていることでしょう。
きょうは、とくべつのよる、きっとすばらしいよるになるでしょう…。
 
2019年12月21日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本

フェイマス・ファイブ ― 宝島への大冒険  単行本 – 2003/12
エニード ブライトン (著), Enid Blyton (原著), & 1 その他



2019/11/11  予約  2019/11/24 借りる  12/15 読み始める 12/21 面白いけれど、途中で中止
 
『フェイマス・ファイブ』シリーズは、「ボーダー二つの世界」 の文中で、主人公が子供時代に読む本です。
⇒ Myブログ:ボーダー二つの世界

楽しそうな冒険物語。 早速読んでみましょう!
 
2019年12月14日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 ◆小説:海外 ノーベル文学賞 @要再読

逃亡派  (EXLIBRIS)   単行本 – 2014/2/25  オルガ トカルチュク (著), 小椋 彩 (翻訳)




オルガ・トカルチュク氏がノーベル文学賞受賞 - 白水社
2019/10/11 - 2019年10月10日、スウェーデン・アカデミーは、ノーベル文学賞を、
2018年の同賞をポーランドの作家オルガ・トカルチュク氏に、
2019年の同賞をオーストリアの作家ペーター・ハントケ氏に授与すると発表しました。

オルガ・トカルチュク - Wikipedia
 
2019/10/10 予約  2019/12/1 借りる  2019/12/14 うっかり忘れていて 返却期限前に冒頭と部分拾い読み。
再度借りて読みたい

ノーベル文学賞受賞作家の本を読んでみよう。
と借りたのがこの本です。
これから読みます。

さらっと文中に入り込める文章です。 数行から数ページの細かい区切りからなるちょっとエッセイ風の文章。
拾い読みしただけなので もう一度読みたい。
残念なのは、目次がないこと・・・。
2019年12月10日 (火) | Edit |

タグ : *NetGalley ◆児童文学と絵本

ルナのたまごさがし (日本語) ムック – 2020/1/20 たなか鮎子



2019年12月9日 NetGalley で 紹介され DLして 読みます。 #ルナのたまごさがし #NetGalleyJP
発売は 2020年1月。
 
とにかく色がきれいでデザインがステキな絵本です。
 卵を探して飛び出した世界はストーリーなどいらない夢の国。
きれいに色付けされた卵はイースターエッグなんですね。
イースターの知識があったら、もっと深く楽しめるのに!
 と思ったら、ちゃんと巻末に イースターエッグの解説がありました。 (*^_^*)♪

他の絵本も読みたくなりました。
 → たなか鮎子 の著書 (絵本など)
 
  
 
ジュマンジ 大型本 – 1984/7/1
クリス・ヴァン・オールズバーグ (著), Chris Van Allsburg (原著), & 1 その他

 

ジュマンジ
クリス・ヴァン・オールズバーグ / ほるぷ出版 (1984-07)
タグ ◆児童文学と絵本 *映画 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 絵本・児童書
更新日:2018年03月01日
読了: 2008年06月21日

2017/10/12~2018/3/1

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019/12/09 NetGalleyよりお知らせ
新しい「ジュマンジ」の絵本が出るそうです。 (復刻版)  #ジュマンジ #NetGalleyJP

2019/12/09 NetGalley より DL 2019/12/10 読み終わりフィードバックしました。
モノクロのイラストがステキです。

ジュマンジ (日本語) - – 2019/12/16
C.V.オールズバーグ (著, イラスト), 村上 春樹 (翻訳)  全18ページ
出版社: あすなろ書房 (2019/12/16) 
ISBN-13: 978-4751529584

 ジュマンジ。
 それは、退屈してじっとしていられない子どもたちのための、世にも奇妙なボードゲーム。
 何も知らずに、軽い気持ちでゲームを手に取った姉弟の運命は……?
 村上春樹訳で復刊。映画「ジュマンジ」の原作絵本。



★2019年12月13日、映画「ジュマンジ ネクストレベル」(第3作目)が公開されます。
絵本「ジュマンジ」が映画「ジュマンジ」シリーズの原作本です。
作者のオールズバーグは、この「ジュマンジ」でコルデコット賞を受賞しています。

映画 「ジュマンジ/ネクスト・レベル」 が、2019年12月13日(金) 公開
見に行きたい!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2018年4月6日(金) に公開の、映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 すごく楽しみ!
 → 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』予告編 - YouTube

・ ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル (吹替版)

ジュマンジ - Wikipedia

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/3/28 久しぶりで、映画「ジュマンジ」を見ました。
1995年の 「ジュマンジ Jumanji」は 当時としては最新のCGがみごと!
 ジュディ・シェパード役の女の子 どこかで見たことがあると思ったら、
スパイダーマンシリーズで 大活躍の「キルスティン・ダンスト」です。
2005年の 「エリザベスタウン Elizabethtown 」でも爽やかな役柄だったね。

・ ジュマンジ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]
 出演: ロビン・ウィリアムズ, ボニー・ハント, キルスティン・ダンスト, デビッド・アラン・グリア
監督: ジョー・ジョンストン

 

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008/8/06 記   本を読んだ日 2008/6/21

絵本 「ジュマンジ」 を見つけた。 映画を見てから何年ぶりかしら~。

当時最新のSFX技術を駆使したこの映画は とってもおもしろかった。

絵本はどうだろう?
モノクロの 数ページの本が あの映画になったとは 驚きだ!

それを言うなら、映画 「サウンド・オブ・サンダー」はもっとすごい。
レイ・ブラッドベリのわずか20ページの短編 「A Sound of Thunder 」が 映画では ものすごいことに!

話を戻して、「ジュマンジ」 
クリス・ヴァン・オールズバーグの絵はとても すてき!
ページをめくるたびに どきどきする。 
本というのは 自分の早さで読めるし、前にもっどたりもできる。 深く味わえるということ。
この本を手にとった子供は、何度も何度もページを繰り、不思議な世界で遊ぶだろう。
 
2019年12月06日 (金) | Edit |

タグ : @図書館 SF ◆小説:海外

呼び出された男―スウェーデン・ミステリ傑作集―  (ハヤカワ・ミステリ1922) 新書 – 2017/8/8
スティーグ・ラーソン (著), ヨハン・テオリン (著), & 20 その他



2019/11/11  予約  2019年11月24日 借りて読み始める。 12/6 途中で返却

読んだきっかけは、
最近読んだ本 「ボーダー二つの世界」
  ⇒ Myブログ:ボーダー二つの世界
登場人物の怪しそうな男が持っている本に興味を持ち、探してみました。 
北欧の小説に出てくる 北欧の作家たちって 全く馴染みがないのでちょっと興味があります。
その中から、短編小説がずらりと揃った本書を読んでみます。 短編だと読みやすかなと。(=^▽^=)

11/25  『現実にはない』  オーケ・エドヴァルドソン∥著 p85-112 ヘレンハルメ美穂∥訳
イマイチ  (カップルがキャンプ場に遊びに行き、男は地元に人に誘われ ヘラジカツアーに行く) 

11/26  『呼び出された男』  スティーグ・ラーソン∥著 p247-272 ヘレンハルメ美穂∥訳  
面白い  (世界最速のアスリートだった若い父親が、健康診断に呼び出され、権力に逆らうことのできない状況に追い込まれる) 
馴染みのない北欧ミステリーですが、以前に見て面白かった映画「ミレニアム」の作者スティーグ・ラーソンの短編も含まれていました。
 ⇒ Myブログ:ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女

12/1 頃  『再会』  トーヴェ・アルステルダール  颯田あきら 訳 
イマイチ  (女性たちが数十年ぶりに集まる、行方不明だった少女も・・・) 
 『ありそうにない邂逅』  ヘニング・マンケル∥著 p273-288 ホーカン・ネッセル∥著  ヘレンハルメ美穂∥訳

これだけ読んで、今回は 読むのは中止しました。
 
2019年11月24日 (日) | Edit |

タグ : @図書館 *映画 ◆小説:海外

ボーダー 二つの世界  (ハヤカワ文庫NV) 文庫 – 2019/9/19
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト (著), 山田文 (翻訳), 池本尚美 (翻訳), & 8 その他

ISBN 978-4-15-041458-0

  

2019/10/18 予約  2019/11/2 借りる  11/11 読み始め 「ボーダー」だけ読み終わる。 (他は読まない)

映画「ボーダー 二つの世界」 って知ってますか?
北欧ミステリー (ホラーっぽいかも)
興味あるけど、怖そうなので 迷っています。

「ボーダー 二つの世界」 2019年10月11日(金)公開 ヒューマントラストシネマ有楽町
 カンヌ映画祭・ある視点部門でグランプリを受賞した北欧ミステリー
 原作は 『ぼくのエリ 200歳の少女』のヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト。

映画を友人に教えたら、リンドクヴィストの映画 『ぼくのエリ 200歳の少女』 をみてよかったので、ボーダーを見たいとのこと。
そこで、映画 『ぼくのエリ 200歳の少女』をネットで調べたら、吸血鬼の少女の話で、ちょっとエグ、怖そう。
ボーダーも みるの、やめたがいいかなぁ。

怖いもの見たさ ではなく読みたさで、本書「ボーダー」を読みました。
文章が (翻訳も!) 自然で、スーッと読めて 面白いなぁと思っていたら、最後はビックリの内容でした。
ファンタジーの世界です。
短編なので一気に読み終わりました。 怖くはなかったけれど 映画は見なくて十分です・・・。

以前見た映画に似ているところもあるような。
 ⇒ 2018/3/5 映画「シェイプ・オブ・ウォーター」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

本書には、短編がたくさん収録されていますが、どうやらホラー集らしいので、読まないことにします。
それでも未練があったので 作者あとがきに目を通したら ますます読む気がなくなりました。
ついていけません・・・。 
映画の「ボーダー」には 原作にはないサイドストーリーが追加され よりミステリアスな作品になっていると 巻末の解説にありました。 ファンにはたまらないでしょうね (*^_^*)♪

映画『ボーダー 二つの世界』予告編|10/11(金)公開 You Tube


 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

文中に出てくる作家や本

ヘニング・マンケル ~ スウェーデンの推理作家、児童文学作家。
 → 著作 ・ Wikipedia

 フェイマス・ファイブ 児童文学
世界中でベストセラーとなったエニード・ブライトンの超人気作品が登場! 
ハリー・ポッターの原作者、J.K.ローリングも幼い頃に読んでいたジュニア向けミステリーシリーズ。
 
 名探偵カッレくん ⇒ Myブログ:名探偵カッレくん

 オーケ・エドヴァルドソン → スウェーデン・ミステリ傑作集
 資料詳細
 「現実にはない」  オーケ・エドヴァルドソン∥著  p85-112 ヘレンハルメ美穂∥訳
 「ありそうにない邂逅」  ヘニング・マンケル∥著  p273-288 ホーカン・ネッセル∥著  ヘレンハルメ美穂∥訳
 
線は、僕を描く  単行本(ソフトカバー) – 2019/6/27
砥上 裕將  (著)



2019年11月8日 友人が 一面広告の新聞を見せてくれた。
友人は 水墨画 ということに おおいに驚いている。 新たな潮流!?

さっそく図書館で予約・・・、103人待ち (所蔵 8冊) ということは 半年待ちかな?

 → 線は、僕を描く(著:砥上裕將)公式サイト 講談社

 
参考
・ インタビュー book.asahi.com 水墨画の魅力あふれる成長小説 最新メフィスト賞・砥上裕將さん「線は、僕を描く」

コミックも出ているとのこと。
 青春×水墨画! それは、“白”と“黒”で“宇宙”を描く芸術。墨と筆を道連れに、傷だらけの少年は、生命を取り戻す旅に出る。
前代未聞の本格水墨画漫画! 

線は、僕を描く (1) (2)
(講談社コミックス) コミックス – 2019/9/17 堀内 厚徳 (著), 砥上 裕將 (監修)

 
 
2019年11月07日 (木) | Edit |

タグ : *NetGalley ◆児童文学と絵本

NetGalley  《児童書/絵本》
★フレーベル館 『かぜがふくふく』 田島征三
2019/9/7 刊行予定
秋の実りと豊かな自然とのふれあい をえがく、やさしさいっぱいの絵本。



2019/11/07 お知らせメールが届きました。
◎原画展
会期:2019年11/11(月)~11/15(金) *期間中無休
場所: ブックハウスギャラリー 2Fひふみ座
開廊時間: 17:00〜21:00  *ナイトミュージアム!のように夜だけオープンします
入場料 : 無料

◎トークイベント
日時:11月15日(金) 18:00~20:00(17:45開場) ☆終了後サイン会
参加費:500円 (3歳以下無料)
出演:田島征三さん

ブックハウスカフェさんの HPでの案内です → アクセス
田島征三さん『かぜがふくふく』発刊記念原画展
田島征三さん『かぜがふくふく』発刊記念原画展トークイベント

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019/08/21 お知らせメールが届いたのでリクエスト
8/22 承認されました。 早速 DLして 「Adobe Digital Editions 3.0」 で読みます。

楽しさいっぱいの絵本です。 
絵はまるで子供が描いたような素朴さと力強さにあふれていて、
そこに何故か シュールな女神。 (タレントさんの誰かに似ていない?)
お父さんとお母さんと子どもたちの素敵な朝の出来ごとです。


    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

全く知らない作家だったので 調べました。
 → 田島征三 - Wikipedia
絵本と木の実の美術館 田島征三 コレクションギャラリー ArtLIFE MUS

田島征三 の作品、どれも読んでみたい!
主な絵本に 「ちからたろう」 「ふきまんぷく」 「とべバッタ」。

  


  


 
2019年10月09日 (水) | Edit |

タグ : *NetGalley エッセイ

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。 単行本(ソフトカバー) – 2018/5/25
宮下 奈都 (著)



2019/10/09 NetGalley からのメールで この本のことを知りました。
とりあえず DLして読んでみよう。 (*^_^*)♪
「※校了前なので、未修正の部分があります。」 とのこと
2018年6月発売作品 なのに なぜ今 ? と思ったけれど まぁいいや。

宮下奈都 の本は 読んでいなかったので 試しに読んでみよう。

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。
宮下奈都 扶桑社 文芸小説

#とりあえずウミガメのスープを仕込もう。 #NetGalleyJP

面白かったら 他の作品も読もうかな。

  

 
 
2019年09月14日 (土) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 *映画 *TV @図書館

絵物語 ホビット―ゆきてかえりし物語 単行本 – 1999/10/1
J.R.R. トールキン (著), デイヴィド ウェンゼル (イラスト), J.R.R. Tolkien (原著), David Wenzel (原著), 山本 史郎 (翻訳)



絵物語 ホビット―ゆきてかえりし物語
J.R.R. トールキン / 原書房 (1999-10-01) / 1,944円 / 7 users
タグ ◆児童文学と絵本 *映画 *TV @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 mediamarker
更新日:2015年01月21日 19時00分08秒 2015/01/21
読了: 2012年12月18日

2012/12/15 予約 12/16  借りて読み始める。 12/18 読み終わる
2014/03/05 再予約 3/8 読み始める 
2014/12/26 再々予約 2015/01/10 借りる。1/14 読み始める。
2015/01/10 2度め借りました。1/21 読み終わる。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019/09/10 追記

2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

これから読みたい本です。



    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2015年1月21日 記

2014年12月13日(土)公開の映画「ホビット 決戦のゆくえ」3D  
 『指輪物語』の前日譚『ホビットの冒険』三部作の完結編。

2014/12/24 丸の内ピカデリーで見ました。 アクションがすごく、面白かった。
もう一回見たいので、その前に この本を読もう!

2015/01/10 2度め借りました。1/21 読み終わる。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014/2/28 公開の映画 「ホビット 竜に奪われた王国」 待ち遠しい!

2014/03/05 映画を見ました。
2014/3/5 「映画「ホビット 竜に奪われた王国」3Dを見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
面白かったけれど、3部作の真ん中なので、前作を予習していけばよかった。
次回作も 楽しみ。
 → 映画.com 特集ページ

この本を もう一度読むことにしました!
映画とは、若干ストーリーが違います。(映画は迫力満点!)

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/12/14 公開の映画 「ホビット 思いがけない冒険」3D
2012/12/14 「映画「ホビット 思いがけない冒険 3D」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
公開日に見ました。 予想以上に面白かった。
3Dも、これまで見た3D映画の中でも よくできています。

トールキン「指輪物語」前日譚を描く。
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした小説を映画化するファンタジー3部作 第1弾。

前に借りた上下2冊の本は、2種類とも途中まででやめてしまったので、
今度は、楽しく読める絵本にしました。
イラストが個性的でいいですね。
映画も もう一度見たくまりました!

2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 @図書館 *映画

ホビット~竜に奪われた王国~  大型本 – 2013/12/17
J.R.R. トールキン (著), J.R.R. Tolkien (原著),


 
2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年2月28日公開の映画 「ホビット 竜に奪われた王国 」
 『ロード・オブ・ザ・リング』の前日談となる『ホビット』3部作の第2弾

2014/3/5 3D 見ました。面白かった。
⇒ URLはこちら  『2014/3/5「映画「ホビット 竜に奪われた王国」3Dを見る」』 :  ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2014/12/24 「ホビット 決戦のゆくえ 3D」3部作完結編を見ました。面白かった!
 これまでのストーリーを把握しておいたほうが、断然楽しめます。
 この本を、再度 ざっと見るのも いいかも!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年2月公開映画の絵本です。

映画を見た後はこの絵本で、楽しもう。
と思ったが、内容がぜんぜん不足、主な登場人物の顔を再確認できる程度。
子供向けにしたって、情報量が全く足らない。つまらなかった。

2014/3/5 予約 3/8 借りて読み始め一気に読み終わる。
2014/12/26 つまらなかったことを忘れて、再予約 (^^ゞ  12/27 借りて読み通す。意外と面白い!

内容は

内容 :
かつてのドワーフの王国エレボールを取り戻すため冒険を続けるホビット族の青年ビルボ・バギンズは、
獣人ビヨルンや、巨大なクモの群れに遭遇しながらも、「はなれ山」へとたどり着くが…。

邪悪(じゃあく)な竜(りゅう)をたおし、うしなわれたドワーフ王国をよみがえらせるために冒険(ぼうけん)の旅をしているビルボ・バギンズ。
いく先には危険(きけん)がみちており、凶暴(きょうぼう)なワーグとオークの群(む)れが、仲間たちをつけねらっている。
大きなクモの群れとも戦いながら、はなれ山へとたどり着くが…。

2014年2月公開映画の絵本。
 

2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 アート *映画 *TV @図書館

トールキンのホビットイメージ図鑑  大型本 – 2012/9/1
ウェイン・G. ハモンド (著), クリスティナ スカル (著)



2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ホビット 決戦のゆくえ 2014年12月13日(土)公開 丸の内ピカデリー
 『指輪物語』の前日譚『ホビットの冒険』三部作の完結編。

『トールキンのホビットイメージ図鑑』
2014/12/26 予約 12/27 借りて読み始め、ざっと読み終わる。

トールキン自身によって 制作されたヴィジュアル作品 ですって!
話も絵も素晴らしい。

内容と目次は

内容 :
トールキン自身によって制作された「ホビット」に関連したヴィジュアル作品を集成。
スケッチ、ペン画、水彩画、地図、見取り図など、100枚以上の視覚資料を収録する。

内容(「BOOK」データベースより)
『ホビット』の出版75周年を記念して、この物語に関連してトールキン自身によって制作されたヴィジュアル作品がすべて集められたのが、本書である。
このなかには、スケッチ、ペン画、水彩画、地図、見取り図など100枚以上の『ホビット』関連の視覚資料が集められており、
完成版はもちろんのこと、試作版、さしかえ版、デザインの実験的試みの数々がふくまれている。
初公開のものもあれば、はじめてカラー版で公開される作品もある。
オクスフォードのボドレアン図書館およびウィスコンシン州のマルケット図書館所蔵の資料を新たにデジタルスキャンすることで、
トールキンの『ホビット』関連絵画が、ここに、史上初の鮮明な画像で登場した。

著者 :
マサチューセッツ州ウィリアムズ・カレッジ内稀書図書館司書。ブック・デザイナー。
ロンドンのサー・ジョン・ソアンズ美術館の元学芸員。大学で美術史および中世史を研究。

2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 *映画 @図書館

トールキンの「ホビット」を探して  (単行本) 単行本 – 2014/1/25
コリー・オルセン (著), 川上 純子 (翻訳)



2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

『トールキンの「ホビット」を探して』

2014/11/11 借りて読み始め、パラパラっと読んで終わる。
2014/12/26 図書館で、読む。

2014年12月13日(土)公開の映画 『ホビット 決戦のゆくえ』が気になるこの頃。

これまでのストーリーの復習をしておかねば! →  『Wikipedia ホビット (映画)』 

→   映画 『ホビット 決戦のゆくえ』公式サイト

『ホビット』(The Hobbit)は、2012年から2014年にかけて公開される予定のニュージーランド・アメリカのファンタジー映画。
J・R・R・トールキンによる児童小説『ホビットの冒険』を原作とし、

第1部 『ホビット 思いがけない冒険』(The Hobbit: An Unexpected Journey)
第2部 『ホビット 竜に奪われた王国』(The Hobbit: The Desolation of Smaug)
第3部 『ホビット 決戦のゆくえ』(The Hobbit: The Battle of the Five Armies)

の3部作として公開される。
監督はピーター・ジャクソン、主演はマーティン・フリーマン。

この本は、トールキンの「ホビット」のこだわりなどが分かります。
映画を見ている時、ツグミの役目が何なのかちょっと疑問だったので、その辺りを読みました。

2014/12/26 映画『ホビット 決戦のゆくえ』を見た後、最後のあたりを読み返しました。
ビルボ・バギンズが、「宝を持ち帰らなかったこと」の意味など、再確認。
 (親戚や近所のホビットで奪い合いが起こらないとも限らないことを未然に防いだことになる)

内容と著者は

内容 :
壮大なファンタジー「指輪物語」の前日譚であり、児童文学の名作である「ホビット」。
個性豊かなキャラクターたちの人物造形、歌やエピソードに込められたトールキンの思想やメッセージなど、物語をていねいに読み解く。

著者 :
メリーランド州ワシントン・カレッジ英語・英文学教授。
トールキンの作品の他、中世文学、神話を中心に様々な研究を展開するオンライン教育機関『Mythgard研究所』所長。