FC2ブログ
2020年08月06日 (木) | Edit |

タグ : *NetGalley 暮らし・衣食住

ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ
(ライツ社) (日本語) 単行本 – 2019/11/22  リュウジ (著)
#リュウジ式悪魔のレシピ #NetGalleyJP

 

2020/05/20  NetGalley で リクエストして、DL
 #リュウジ式悪魔のレシピ #NetGalleyJP
 
2020/08/06 じっくり読んで 作りたいものに 「しおり」をつける
 
2020年01月16日 (木) | Edit |

タグ : @図書館

NY発! 飲む美容液! 魔法の骨だしスープで顔のしわ・たるみは消せる
(日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/12/25



2020/01/10 新刊棚で見つけて 借りて読み始める。 1/16 ざっと読んで返却
 
鶏・豚・牛・魚 のスープのとり方の 基本が丁寧に書かれていて
ぜひやってみたいと 借りてきました。

最初に丁寧に汚れを取り、一度下茹でをして洗ってからスープを取るのが基本のようです。
特に女性に必須の成分を補うのに 骨だしスープは 最高。
スープを キューブに凍らせて、毎日飲む。 
料理に使うレシピも豊富です。
 
2019年10月07日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 歴史

技あり! dancyuお酢 (dancyu特別編集 プレジデントムック) ムック – 2019/5/28



「江戸で花開いた豊かな食文化」  講師は 飯野亮一氏
 ⇒ 「講座1回め「江戸で花開いた豊かな食文化」に参加」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

講座の講師、飯野亮一氏が監修ということで、紹介されました。
 江戸時代と現代の寿司比べの写真。
江戸の握り寿司がすごく美味しそう 

講座の帰り道 書店やコンビニで探したが置いてない。 図書館で借りることにした。
2019/7/11 予約  2019/09/18 借りて読み始める   10/7 読み終わる

講座に関連した 江戸の寿司やお酢のことを読もうと借りたのですが、
酢を使った美味しそうな料理の写真が沢山、食べてみたい!
というわけで レシピをメモしました。
作ったら紹介しますね。

酢と鮨と江戸っ子と。
日本に酢があったからこそ鮨が江戸で開花したのです。
酢を使った多彩な料理が生まれたのも江戸でした。

2019年07月26日 (金) | Edit |

タグ : *NetGalley *図鑑・辞典

カラー図鑑 スパイスの秘密 (日本語) 単行本 – 2019/6/20
ダリア マオリ (監修), Gill Davies (原著), Dalia Maori (原著), & 3 その他


 
2019/7/26 NetGalleyで紹介されてDLして読みました。
 
 
スパイスは 大好きで よく使います。 (*^_^*)♪
胡椒、唐辛子、クミン、シナモン、八角
ターメリック
キャラウェイシード
ガラムマサラ、カレースパイス

ハーブの王様 ベイリーフ (月桂樹の葉)
 ミント類、バジル類

2019年07月18日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 暮らし・衣食住

冷凍保存ですぐできる 絶品おかず 単行本 – 2014/5/26 ワタナベマキ (著)
 下味がおいしくする 毎日の献立が15分でできる
ISBN 978-4-259-56444-5


 
2019/07/17  借りて一気に読み終わる 
新刊棚で見つけて、役に立つかなぁ と読みました。
早速作ってみよう!

参考になりそう
・ ワタナベマキさんの人気レシピ
・ ワタナベ マキのレシピ
・ 実は冷凍のほうがおいしい? 忙しい人向け「冷凍調理法」がスゴイ!! 

2010年08月25日 (水) | Edit |

タグ : 暮らし・衣食住 @図書館

新・ドイツの森の料理人
野田 浩資 / 里文出版 (2005-09) / 1,944円



タグ 暮らし・衣食住 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 暮らし・健康・子育て
更新日:2010年08月25日 16時48分59秒 2010/08/25
読了: 2010年08月24日

2010/8/7 予約 2010/8/10  借りる。8/21 読み始める。 8/24 読み終わる。

著者のドイツレストラン 六本木「ツム・アインホルン」に およばれしたので、この本を読んでみる。

ビールにソーセージ、新しいドイツ料理もいただきました。
 
デザートは、本書に載っている 木苺のタピオカ寄せ。 おいしい~。

あちらののテーブルの方は 豪快な「アイスバイン」を注文ですね。

本書を読んで料理を理解したところで、もう一度 食べに行きたいね。