FC2ブログ
2019年01月19日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 自然

サボり上手な動物たち――海の中から新発見! オールカラー版
(岩波科学ライブラリー) 単行本(ソフトカバー) – 2013/2/7
佐藤 克文 (著), 森阪 匡通 (著)



2018/12/12 図書館の書架(動物のコーナー)で見つけて借りる。 1/17 読む

内容紹介 動物搭載型の記録装置による「バイオロギング」や「音」を使った最新の記録・分析システムで、南極のペンギンやアザラシから、日本のイルカ、ウミガメまで、謎に包まれた生きものたちの生態を明らかにする。

著者
佐藤克文/著
 1967年宮城県生まれ。東京大学大気海洋研究所准教授。著書に「ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ」など。

森阪匡通/著
 1976年大阪府生まれ。京都大学野生動物研究センター特定助教。
 
2019年01月05日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 自然 自然・動物

もしもあの動物と暮らしたら!?
単行本(ソフトカバー) – 2015/7/18
小菅正夫 (著)



2018/12/12 借りる 12/20読み始める。

動物園で出会う動物たち、一緒にいたらたのしいだろうなぁ~。
ほんとは飼えない 貴重な動物たちなんだけど、飼うとしたらどうすればいいのを
丁寧に解説した本です。
動物園で働きたい人にも、参考になりそうな魅力的な本です。
 
 
2018年09月13日 (木) | Edit |

タグ : 科学:生物・生命 @図書館 mediamarker

粘菌生活のススメ: 奇妙で美しい謎の生きものを求めて



粘菌生活のススメ: 奇妙で美しい謎の生きものを求めて
新井 文彦 / 誠文堂新光社 (2016-05-06) / 1,728円 / 20 users
タグ 科学:生物・生命 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2018年09月13日 21時12分59秒 2018/09/13
読了: 2018年09月13日

2018/9/13 読み始め、ほぼ読み終わる。
 
内容 :
主に初心者に向けて、粘菌の基本的な生態を解説するとともに、北海道や東北各地で撮影された写真をカラーで多数掲載。
粘菌の姿や生態はもちろん、原始の姿を今に残す森の美しさも楽しめる。
本文左下にパラパラ漫画あり。

著者 : 新井 文彦
1965年生まれ。きのこ写真家。
北海道釧路地方阿寒湖周辺などで、きのこや粘菌など、主に隠花植物をテーマに撮影を続けている。
著書に「きのこの話」「毒きのこ」「きのこのき」がある。

2018年09月13日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 科学:生物・生命 mediamarker

かしこい単細胞 粘菌 (たくさんのふしぎ傑作集)



かしこい単細胞 粘菌 (たくさんのふしぎ傑作集)
中垣 俊之 / 福音館書店 (2015-09-05) / 1,404円 / 4 users
タグ @図書館 科学:生物・生命 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 絵本・児童書
更新日:2018年09月13日 21時10分59秒 2018/09/13
読了: 2018年09月13日

2018/9/13 借り展読み始め、一気に読み終わる。

内容 :
単細胞生物の粘菌が、迷路を解き、電車の路線図をつくる!?
匂いや食べものの好き嫌いがある!?
単細胞でもかしこい粘菌の知られざる能力を紹介する。
月刊『たくさんのふしぎ』から生まれた本。

著者 : 中垣 俊之
1963年愛知県生まれ。名古屋大学人間情報学研究科博士課程修了(学術博士)。北海道大学電子科学研究所教授。
2008年、2010年にイグノーベル賞、2010年函館市長賞受賞。

2018年09月13日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 科学:生物・生命 写真集 mediamarker

もりの ほうせき ねんきん (ふしぎいっぱい写真絵本 33)

 

もりの ほうせき ねんきん (ふしぎいっぱい写真絵本 33)
新井文彦 / ポプラ社 (2018-05-12) / 1,620円 / 4 users
タグ @図書館 科学:生物・生命 写真集 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 絵本・児童書
更新日:2018年09月13日 21時15分25秒 2018/09/13
読了: 2018年09月13日

2018/9/13 借りて読み始め、一気に読み終わる。

もりの ほうせき ねんきん (ふしぎいっぱい写真絵本 33)

内容 :
ねばねばのからだで、かたちを変えて動きまわり、やがて宝石のように美しく変身する粘菌。
いったい、どんな生き物なの? 森に生きる粘菌の姿を写真で紹介します。
見返しにも写真と文字あり。

著者 : 新井文彦
1965年生まれ。きのこ・粘菌写真家。ウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』で「きのこの話」を連載中。
著書に「森のきのこ、きのこの森」「粘菌生活のススメ」など。
 
2017年01月13日 (金) | Edit |

タグ : 自然・動物 自然 地球環境とエコロジー PNG

野生動物の食卓 (広済堂文庫)
永戸 豊野 / 廣済堂出版 (2001-12-01) / 648円

タグ 自然・動物 自然 地球環境とエコロジー
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 生物・バイオテクノロジー
更新日:2017年01月13日 16時47分38秒 2017/01/13
購入: 2002年 630円



アフリカゾウに始まって、人気もののラッコまで、実に多くの動物について 生態が書かれている。
本書は、「味覚春秋」(味覚春秋モンド社刊)に、昭和47年から連載された記事をまとめたもの。
そのころから、さらに人口は増加し、自然破壊と野生動物の危機は進行している!
これからも 動物園に行ったり、TVの生きもの番組を見るにつけ、この本を読み返し エコについても考え 実践したい!

2015年12月04日 (金) | Edit |

タグ : 自然 自然・動物 *TV mediamarker

謎解き昆虫記 (NHK人間講座)



謎解き昆虫記 (NHK人間講座)
矢島 稔 / NHK出版 (2000-07) / 605円 / 2 users
タグ 自然 自然・動物 *TV mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌
更新日:2015年12月04日 13時12分30秒 2015/12/04
購入: 2015年12月04日 605円 所有
読了: 2000年09月20日

表紙からして面白そう! もう一度読もうかな!

母に預けていた本棚から引っ張り出してきました。

2000年7月~9月 謎解き昆虫記 (NHK人間講座) 矢島 稔

→ NHK人間講座 - Wikipedia

内容 :

著者 : 矢島 稔 の著書
1930年7月18日- 昆虫学者。
豊島園昆虫館を創設し、上野動物園水族館館長、多摩動物公園園長、財団法人東京動物園協会理事長などを歴任。
1999年から群馬県立ぐんま昆虫の森園長に就任。2013年4月、ぐんま昆虫の森名誉園長となる。
 
2013年12月27日 (金) | Edit |

タグ : 歴史 自然 自然・動物 @図書館

図説 世界史を変えた50の動物
エリック シャリーン / 原書房 (2012-09-01) / 3,024円



タグ 歴史 自然 自然・動物 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2013年12月27日 15時38分04秒 2013/12/27
読了: 2012年11月06日

2014年 (平成26年)の干支は、 午(馬)です。
 2014 is the year of the horse in Chinese Zodiac.

人間と深く関わってきた馬、この本のことを思い出しました。

 ⇒ My Pinterest Horse

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/11/6 記

人間と深く関わってきた動物 49(と人間1)です。
太古からどんなふうに関わってきたか? 科学が発達したこれからは? 興味があります。
犬、猫、牛、馬、豚、羊、山羊、鶏、兎 など人間の身近で役に立つ動物は思いの外 多い。
ラクダ、ラマ、ロバ、シチメンチョウ、ミツバチ、カイコ、ハト、コイなども。
 家畜、ペット、医学実験用など。  → 家畜 - Wikipedia

ビーバーがダムを作るのは、どうなんでしょう? 毛皮は役だってきたでしょうね。
 役に立つからといって乱獲して 絶滅させた動物は これまで数知れず。
すでに絶滅したドードー、イグアノドン。
絶滅寸前か 時間の問題か・・・、ゾウ、オオカミ、アメリカヤギュウ、ミンククジラ、
単なる食料として重要なものも乱獲すれば、今後は恩恵を受けられません。 ニシン、鱈(ニシマダラ)。

染料・顔料などの色素として使われるもの。 アクキガイ(紫色)、カイガラムシ(赤色)。

一方、嫌なやつもいますよね。  蚊、蚤、虱、住血吸虫、、サバクバッタ(害虫)。 

科学や医学、農業などに役に立つ。 ハエ(ショウジョウバエ)、ネズミ、ヒル、ミミズ、ダーウィンフィンチ、チンパンジー。

強さや権威の象徴、宗教などに担ぎだされていても 扱いはひどい事が多い。 白頭鷲、ライオン、ハヤブサ、コブラ、タマオシコガネ。

そのほか、50に含まれているもの。
アザラシ、トナカイ、コウモリ、真珠貝。

初めて聞いた名前 「ミドリゲンセイ」 → ハンミョウ科 - Wikipedia

銃・病原菌・鉄」では、馬が重要な役割を果たしてきた事がわかる。

次は、これを読みたい。 → 図説世界史を変えた50の植物 ビル ローズ (著)

2012/10/19 新刊棚で見つけて借りる。 10/20 読み始める。11/6 読み終わる。

2011年12月01日 (木) | Edit |

タグ : @図書館 自然 自然・動物

クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
船曳 和代 , 新海 明 / INAXo (2008-03-15) / 1,620円

 

タグ @図書館 自然 自然・動物
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2011年12月01日 17時00分37秒 2011/12/01

2011年10月6日に 友人から蜘蛛の巣の写真がメールで送られてきて、
『これ何?』 とたずねられました。
 そんなこと質問されたってぇ わかりませ~ん。(^o^ゞ;

  

そのことが 頭の隅に引っかかっていて、こんな本を見つけました。
 そうしたら、もう 蜘蛛の糸を手繰るように、いろんなことがわかってきましたよ。

上記の写真の蜘蛛の巣は、コガネグモやウズグモが作る「隠れ帯」では、ないでしょうか?

「隠れ帯」については、学者のあいだでも 諸説飛び交う 「謎」らしいです。o(*'o'*)o
ちなみに、「隠れ帯」で画像検索 をすると 楽しいですよ!

 さっそく友人に 知らせよぅ~っと (*^_^*)♪

参考 日本蜘蛛学会 公式ホームページ
・ 『クモの巣と網の不思議』

2011/11/26 借りて読み始める。 読み終わる。