FC2ブログ
はじめての海釣り―釣り方 魚図鑑 料理



本・雑誌 9.78479E+12 479160931X 2016/9/6 13:31 2016/9/6 15:20
暮らし・リフレッシュ 自然・動物 Bs:書斎本棚
  
2016年9月6日 書斎を片付けていて見つけた。
近所の知り合いで、海釣りのグループができたとのこと。
話のネタになるかも。

魚図鑑と料理は、釣りをしない人にも 面白い。
烏賊に皮が3枚あるとは知らなかったし、そのキレイな剥がし方にはちょっと感動。(*^_^*)♪
 
2015年07月21日 (火) | Edit |

タグ : SF ◆小説:海外 @リンク集 Bs:書斎本棚


ネアンデルタール (ソニー・マガジンズ文庫)



SF ◆小説:海外 @リンク集 Bs:書斎本棚
更新日は2015/7/21 ・ 登録日は2006/7/8

2015年7月21日 追記

国立科学博物館 2015年7月7日(火)~10月4日(日)
  生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

関連のイベントで、「人類進化への道」の講演を聞いた。
ホモ・サピエンスとネアンデルタール人についての最新の驚きの情報など、すごく面白かった!

この本を思い出し、本棚から引っ張り出してきて、読み始めたところ。

2012年1月 追記
もうひとつの人類? 世界的ベストセラー小説を楽しもう。

2012年1月から放送中の NHK TV番組 「ヒューマン なぜ人間になれたのか」
で、このあたりの本を 再チェック。
 本棚から見つかったこの本は、・・・小説です。(*^_^*)♪

読んだ本
・  アフリカで誕生した人類が日本人になるまで (ソフトバンク新書)
・  アナザー人類興亡史 -人間になれずに消滅した”傍系人類”の系譜- (知りたい!サイエンス)

「ネアンデルタール」と 「ホモ・サピエンス」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008年 記
2年前の 2006年07月08日、前から気になっていた ジョン・ダーントン の 「ネアンデルタール」 を読みました。 面白いですよ。
恐竜 
恐竜もいいけど 私たちにもっと近い謎 を知るのは 楽しいことですね。

小説の中では、人里離れた未開の地に 彼らは現存している。 え~っ 
言葉を持たず、テレパシーのようなものでコミニュケーションをとり、
あたかも 脳(心)を集団で共有しているようである。

というと、思い浮かぶのは・・・
スタートレック」にでてくる 集合体  ~ ボーグドローン、 似ているかなぁ ちがうぞぅ なんて・・・。
主人公は、自分の脳に彼らが侵入してくるのを感じる。  
それは、暖かく見守る感じであったり、荒々しく脳を崩壊しそうだったり・・・

◆ ホモ・サピエンス・サピエンス 対 ホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシス

戦いに勝ち 今繁栄しているのは、体型的には弱そうな 私たちの祖先だ。
決め手は ??? ・・・いまでも彼らはどこかに生き残っているのだろうか?
 ⇒  Myお絵かきブログ:ネアンデルタール ・  Myあれこれブログ:ジョン・ダーントン

内容と著者は → [more] 「ネアンデルタール」