FC2ブログ
2019年09月14日 (土) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 *映画 *TV @図書館

絵物語 ホビット―ゆきてかえりし物語 単行本 – 1999/10/1
J.R.R. トールキン (著), デイヴィド ウェンゼル (イラスト), J.R.R. Tolkien (原著), David Wenzel (原著), 山本 史郎 (翻訳)



絵物語 ホビット―ゆきてかえりし物語
J.R.R. トールキン / 原書房 (1999-10-01) / 1,944円 / 7 users
タグ ◆児童文学と絵本 *映画 *TV @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論 mediamarker
更新日:2015年01月21日 19時00分08秒 2015/01/21
読了: 2012年12月18日

2012/12/15 予約 12/16  借りて読み始める。 12/18 読み終わる
2014/03/05 再予約 3/8 読み始める 
2014/12/26 再々予約 2015/01/10 借りる。1/14 読み始める。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2019/09/10 追記

2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

これから読みたい本です。



    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2015年1月21日 記

2014年12月13日(土)公開の映画「ホビット 決戦のゆくえ」3D  
 『指輪物語』の前日譚『ホビットの冒険』三部作の完結編。

2014/12/24 丸の内ピカデリーで見ました。 アクションがすごく、面白かった。
もう一回見たいので、その前に この本を読もう!

2015/01/10 2度め借りました。1/21 読み終わる。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014/2/28 公開の映画 「ホビット 竜に奪われた王国」 待ち遠しい!

2014/03/05 映画を見ました。
2014/3/5 「映画「ホビット 竜に奪われた王国」3Dを見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
面白かったけれど、3部作の真ん中なので、前作を予習していけばよかった。
次回作も 楽しみ。
 → 映画.com 特集ページ

この本を もう一度読むことにしました!
映画とは、若干ストーリーが違います。(映画は迫力満点!)

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/12/14 公開の映画 「ホビット 思いがけない冒険」3D
2012/12/14 「映画「ホビット 思いがけない冒険 3D」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
公開日に見ました。 予想以上に面白かった。
3Dも、これまで見た3D映画の中でも よくできています。

トールキン「指輪物語」前日譚を描く。
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした小説を映画化するファンタジー3部作 第1弾。

前に借りた上下2冊の本は、2種類とも途中まででやめてしまったので、
今度は、楽しく読める絵本にしました。
イラストが個性的でいいですね。
映画も もう一度見たくまりました!

2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 @図書館 *映画

ホビット~竜に奪われた王国~  大型本 – 2013/12/17
J.R.R. トールキン (著), J.R.R. Tolkien (原著),


 
2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年2月28日公開の映画 「ホビット 竜に奪われた王国 」
 『ロード・オブ・ザ・リング』の前日談となる『ホビット』3部作の第2弾

2014/3/5 3D 見ました。面白かった。
⇒ URLはこちら  『2014/3/5「映画「ホビット 竜に奪われた王国」3Dを見る」』 :  ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2014/12/24 「ホビット 決戦のゆくえ 3D」3部作完結編を見ました。面白かった!
 これまでのストーリーを把握しておいたほうが、断然楽しめます。
 この本を、再度 ざっと見るのも いいかも!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年2月公開映画の絵本です。

映画を見た後はこの絵本で、楽しもう。
と思ったが、内容がぜんぜん不足、主な登場人物の顔を再確認できる程度。
子供向けにしたって、情報量が全く足らない。つまらなかった。

2014/3/5 予約 3/8 借りて読み始め一気に読み終わる。
2014/12/26 つまらなかったことを忘れて、再予約 (^^ゞ  12/27 借りて読み通す。意外と面白い!

内容は

内容 :
かつてのドワーフの王国エレボールを取り戻すため冒険を続けるホビット族の青年ビルボ・バギンズは、
獣人ビヨルンや、巨大なクモの群れに遭遇しながらも、「はなれ山」へとたどり着くが…。

邪悪(じゃあく)な竜(りゅう)をたおし、うしなわれたドワーフ王国をよみがえらせるために冒険(ぼうけん)の旅をしているビルボ・バギンズ。
いく先には危険(きけん)がみちており、凶暴(きょうぼう)なワーグとオークの群(む)れが、仲間たちをつけねらっている。
大きなクモの群れとも戦いながら、はなれ山へとたどり着くが…。

2014年2月公開映画の絵本。
 

2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 アート *映画 *TV @図書館

トールキンのホビットイメージ図鑑  大型本 – 2012/9/1
ウェイン・G. ハモンド (著), クリスティナ スカル (著)



2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ホビット 決戦のゆくえ 2014年12月13日(土)公開 丸の内ピカデリー
 『指輪物語』の前日譚『ホビットの冒険』三部作の完結編。

『トールキンのホビットイメージ図鑑』
2014/12/26 予約 12/27 借りて読み始め、ざっと読み終わる。

トールキン自身によって 制作されたヴィジュアル作品 ですって!
話も絵も素晴らしい。

内容と目次は

内容 :
トールキン自身によって制作された「ホビット」に関連したヴィジュアル作品を集成。
スケッチ、ペン画、水彩画、地図、見取り図など、100枚以上の視覚資料を収録する。

内容(「BOOK」データベースより)
『ホビット』の出版75周年を記念して、この物語に関連してトールキン自身によって制作されたヴィジュアル作品がすべて集められたのが、本書である。
このなかには、スケッチ、ペン画、水彩画、地図、見取り図など100枚以上の『ホビット』関連の視覚資料が集められており、
完成版はもちろんのこと、試作版、さしかえ版、デザインの実験的試みの数々がふくまれている。
初公開のものもあれば、はじめてカラー版で公開される作品もある。
オクスフォードのボドレアン図書館およびウィスコンシン州のマルケット図書館所蔵の資料を新たにデジタルスキャンすることで、
トールキンの『ホビット』関連絵画が、ここに、史上初の鮮明な画像で登場した。

著者 :
マサチューセッツ州ウィリアムズ・カレッジ内稀書図書館司書。ブック・デザイナー。
ロンドンのサー・ジョン・ソアンズ美術館の元学芸員。大学で美術史および中世史を研究。

2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 *映画 @図書館

トールキンの「ホビット」を探して  (単行本) 単行本 – 2014/1/25
コリー・オルセン (著), 川上 純子 (翻訳)



2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

『トールキンの「ホビット」を探して』

2014/11/11 借りて読み始め、パラパラっと読んで終わる。
2014/12/26 図書館で、読む。

2014年12月13日(土)公開の映画 『ホビット 決戦のゆくえ』が気になるこの頃。

これまでのストーリーの復習をしておかねば! →  『Wikipedia ホビット (映画)』 

→   映画 『ホビット 決戦のゆくえ』公式サイト

『ホビット』(The Hobbit)は、2012年から2014年にかけて公開される予定のニュージーランド・アメリカのファンタジー映画。
J・R・R・トールキンによる児童小説『ホビットの冒険』を原作とし、

第1部 『ホビット 思いがけない冒険』(The Hobbit: An Unexpected Journey)
第2部 『ホビット 竜に奪われた王国』(The Hobbit: The Desolation of Smaug)
第3部 『ホビット 決戦のゆくえ』(The Hobbit: The Battle of the Five Armies)

の3部作として公開される。
監督はピーター・ジャクソン、主演はマーティン・フリーマン。

この本は、トールキンの「ホビット」のこだわりなどが分かります。
映画を見ている時、ツグミの役目が何なのかちょっと疑問だったので、その辺りを読みました。

2014/12/26 映画『ホビット 決戦のゆくえ』を見た後、最後のあたりを読み返しました。
ビルボ・バギンズが、「宝を持ち帰らなかったこと」の意味など、再確認。
 (親戚や近所のホビットで奪い合いが起こらないとも限らないことを未然に防いだことになる)

内容と著者は

内容 :
壮大なファンタジー「指輪物語」の前日譚であり、児童文学の名作である「ホビット」。
個性豊かなキャラクターたちの人物造形、歌やエピソードに込められたトールキンの思想やメッセージなど、物語をていねいに読み解く。

著者 :
メリーランド州ワシントン・カレッジ英語・英文学教授。
トールキンの作品の他、中世文学、神話を中心に様々な研究を展開するオンライン教育機関『Mythgard研究所』所長。 
 
2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 *映画 @図書館

ホビットの冒険 〈上〉  (岩波少年文庫) ペーパーバック – 2000/8/18  79年刊の新版。
ホビットの冒険 〈下〉  (岩波少年文庫) ペーパーバック – 2000/8/18  79年刊の新版。
J.R.R. トールキン (著) J.R.R. Tolkien (原著)  瀬田 貞二 (翻訳)

 


ホビットの冒険  (上)  (物語コレクション) 単行本 – 1999/11/5 再刊。
ホビットの冒険  (下)  (物語コレクション) 単行本 – 1999/11/5 再刊。
J.R.R. トールキン (著), 瀬田 貞二 (翻訳)

 

2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2011/9/7 予約 9/15 借りる。9/17 読み始める。9/21 途中までで中断。あとは映画で見よう!

いよいよ、 ホビット 思いがけない冒険 2012年12月14日公開
トールキン「指輪物語」前日譚を描く。
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした小説を映画化するファンタジー3部作 第1弾。

2011年9月7日のニュース、『ロード・オブ・ザ・リング』 前日譚 『ホビット』 2部作の公開日が決定!
第一部の原題 『The Hobbit: An Unexpected Journey』が 『ホビット 思いがけない冒険』 となり 2012年12月14日(金)公開、
そして第二部の 『The Hobbit: There and Back Again』が 『ホビット ゆきて帰りし物語』 となり 2013年12月公開予定となっている。

これにあわせて、「ホビットの世界」をもっと知っておこう!
そう思って先に読んだ本、指輪物語完全ガイド―J・R・R・トールキンと赤表紙本の世界 で、その世界がおよそわかった様な気がする。
「ホビットの冒険」から「ロード・オブ・ザ・リング」のつじつまあわせなど、トールキンに イマイチ感を持ってしまった。

わざわざ、「ホビットの冒険 上下」を読む必要はないと読むのを中止。

内容 :
〈上〉ひっこみじあんで、気のいいホビット小人のビルボ・バギンズは、
ある日、魔法使いガンダルフと13人のドワーフ小人に誘いだされて、竜に奪われた宝をとり返しに旅立つ。 79年刊の新版。
 平和な暮らしとごちそうの好きなホビット小人ビルボは、魔法使いガンダルフの誘いにのせられ、竜に奪われた先祖の宝を取り戻しに行く13人のドワーフ達と、とんでもない冒険に乗り出すことになる。

〈下〉 魔法の指輪を手に入れたビルボとその一行は、やみの森をぬけ、囚われた岩屋からもなんとか脱出に成功。
ビルボたちは、いよいよ恐ろしい竜スマウグに命がけの戦いを挑む。79年刊の新版。
 平和な暮らしとごちそうの好きなホビット小人ビルボは、魔法使いガンダルフの誘いにのせられ、竜に奪われた先祖の宝を取り戻しに行く13人のドワーフ達と、とんでもない冒険に乗り出すことになる。

著者 : トールキン
1892〜1973年。南アフリカのブルームフォンテン生まれ。オクスフォード大学卒業。
古英語・中世英語を専門とする言語学者。
オックスフォード大学で教鞭を取る傍ら、多くのファンタジー作品を手掛ける。
著書に「指輪物語」など。
 
更新日は2012/12/4・登録日は2011/9/15
 
2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 *映画 @図書館

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 映画版 大型本 – 2004/3
J.R.R. トールキン (著), 堀江 博子 (翻訳)



2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 映画版  大型本 – 2004/3

2011/9/7 予約 9/8 借りて読み始め、一気に読み終わる。

ロード・オブ・ザ・リング 3部作の最終章!
 指輪の行方は?

2011年9月7日のニュース、『ロード・オブ・ザ・リング』 前日譚 『ホビット』 2部作の公開日が決定!
これにあわせて、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の世界!をもっと知っておこう!
3部作の第3作目 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 - Wikipedia』 

内容と著者は

内容 :
フロドは指輪の誘惑に苦しみつつも、指輪を葬り去り、冥王サウロンを滅ぼすべく、ついに滅びの山にたどりつく。
はたしてフロドは指輪を捨てさることができるだろうか? そして、運命の時が近づく…。

著者 : トールキン
1892〜1973年。南アフリカのブルームフォンテン生まれ。オックスフォード大学卒業。
同大学教授を務め、中世の英語学と文学を講じた。
著書に「指輪物語」など。

更新日は2011/9/8・ 登録日は2011/9/8
 
2019年09月11日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本 *映画

映画版 ロード・オブ・ザ・リング―二つの塔 大型本 – 2003/11
J.R.R. トールキン (著), 堀江 博子 (翻訳)



2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

『映画版 ロード・オブ・ザ・リング―二つの塔』

読了日 2011年9月8日

2011/9/7 予約 9/8 借りて読み始め、一気に読み終わる。

2011年9月7日のニュース、『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚 『ホビット』 2部作の公開日が決定!
これにあわせて、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の世界!をもっと知っておこう!

 → 3部作の第2作目  『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 - Wikipedia』 : 

内容と著者は

内容 :
冥王サウロンを滅ぼすために旅立ったホビット族のフロド他9人の仲間は、いつしかばらばらになってしまった。
そして今、闇の勢力と白の勢力との激しい闘いが始まった…。
旅の仲間たちのそれぞれの闘いを豊富な映像写真で綴る。

著者 : トールキン
1892〜1973年。南アフリカのブルームフォンテン生まれ。オックスフォード大学卒業。
同大学教授を務め、中世の英語学と文学を講じた。著書に「指輪物語」など。

レビュー投稿日 2019年1月12日
読了日 2011年9月8日
本棚登録日 2019年1月12日
 
2019年09月10日 (火) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本 *映画

ロード・オブ・ザ・リング―映画版  大型本 – 2003/4
堀江 博子 (翻訳), J.R.R.トールキン



2019年8月30日(金) 公開の映画 「トールキン 旅のはじまり」 
 『ロード・オブ・ザ・リング』の原作者 J・R・R・トールキンの半生を描いた伝記ドラマ。

2019/09/10 TOHOシネマズ 日比谷 で見ました。
 → J・R・R・トールキン - Wikipedia

「トールキン」 の作品を あらためて見てみたい。 映画もね。 (*^_^*)♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

『ロード・オブ・ザ・リング―映画版』

読了日 2011年9月8日

2011/9/7 予約 9/8 借りてすぐ読み始め、一気に読み終わる。

2011年9月7日のニュース、『ロード・オブ・ザ・リング』 の前日譚 『ホビット』 2部作の公開日が決定!
これにあわせて、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の世界!をもっと知っておこう!

 → URLはこちら http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0 『ロード・オブ・ザ・リング - Wikipedia』 : 

内容と著者は

内容 :
おそろしい冥王サウロンが作った、世界を闇の支配下におく指輪。
この指輪を葬りさるため、ホビットのフロドと仲間たちは旅立つ…。
フロドがふるさとを旅立ち、仲間とはなれてサムと旅を続けるまでを豊富な映像写真で綴る。

著者 : トールキン
1892〜1973年。南アフリカのブルームフォンテン生まれ。オックスフォード大学卒業。
同大学教授を務め、中世の英語学と文学を講じた。
著書に「指輪物語」など。

レビュー投稿日 2019年1月12日
読了日 2011年9月8日
本棚登録日 2019年1月12日
ヤバい経済学  [増補改訂版]  単行本 – 2007/4/27
ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する  単行本 – 2006/4/28
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー (著), 望月衛 (翻訳)



    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヤバい経済学 [増補改訂版] 単行本 – 2007/4/27
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー / 東洋経済新報社 (2007-04-27) / 2,160円 / 878 users
タグ 経済・統計 経済・社会・政治一般 *人気!?予約で待たされる @図書館 *映画 @要再読
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ビジネス・経済
更新日:2012年04月13日 11時33分40秒 2012/04/13

2019/05/23 追記
『妊娠中絶合法化と犯罪減少の関係』 これを読んで 希望を持ちましたが、
今のアメリカは・・・。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012年04月13日
 映画「ヤバイ経済学」を2011年6月22日に見てから、「超ヤバい経済学」を読んだ。

「ヤバい経済学」は 2006年に読んだが、その後出版された 増補改訂版は未だだった。
大増量した増補改訂版で、不足分を読みたい。
2012/1/8 予約 3/30 借りる。 4/20 時間切れで読みきれずいったん返却。
 
    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する 単行本 – 2006/4/28
スティーヴン・レヴィット (著), スティーヴン・ダブナー (著), 望月 衛 (翻訳)

東洋経済新報社 (2006-04-28) / 1,944円 / 361 users
タグ 経済・統計 経済・社会・政治一般 *映画 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ビジネス・経済
更新日:2011年06月22日 20時31分24秒 2011/06/22
読了: 2006年11月29日 星4つ

2011/6/9 追記
なんとこの本が、映画になった! 2011年5月28日公開 → 公式サイト
見に行こう! → シアターN渋谷
 2011/6/22 映画 見ました。 内容にメリハリが利いてすごく面白かった。

☆ 続いて読みたいのは → ヤバい経済学 [増補改訂版]
 アメリカに経済学ブームを巻き起こし、170万部のベストセラーとなった話題の書。
 若手経済学者のホープが、日常生活から裏社会まで、ユニークな分析で通念をひっくり返します。
 犯罪と中絶合法化論争のその後や、犬のウンコ、臓器売買、脱税など、もっとヤバい話題を追加した増補改訂版。

☆ その次に読むのは → 超ヤバい経済学
 ゾウとサメ、どっちが怖い? 酔っ払って歩くのと酔っ払い運転、どっちが危険? ポン引きと不動産屋さん、どっちが偉い? 
お医者さんはちゃんと手を洗ってるの? サッカー選手になるには何月に生まれると有利? 
臓器移植問題は思いやりで解決する? カンガルーを食べれば地球は救われる? 性別を変えたらお給料は上がるの?
全世界400万部超のベストセラー『ヤバい経済学』に待望の続編。


2011/2/9 相撲界の八百長騒ぎで この本を読んだことを思い出した。
今回の八百長は、この本に書かれていることより ずっと悪質のようだ。

2006/11/29頃 借りて読んだ。 
2005/10/21から「暮らしに役立つ~身近な経済」という講座を受講していて、そのときに 読んだ本。
目からうろこの内容で、びっくりもし 統計というのはこういう風に役立てるんだ、なるほどとも思った。

2019年01月28日 (月) | Edit |

タグ : ◆小説:海外 @図書館 *映画

ミレニアム シリーズ 1~3、4~5
 第1作の映画 「 ドラゴン・タトゥーの女」 2012年2月10日公開
 ⇒ 2012/2/14 「映画「ドラゴン・タトゥーの女」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

NEW 第4作の映画  「蜘蛛の巣を払う女」 2019年1月11日(金)公開 TOHOシネマズ 日比谷
1/21 見ました 面白かった!
本とは内容が違うようです、スピーディでパワフル。
1/25 友人から スエーデン版の映画 1,2,3 借りました。 ありがとうございます。

映画の後に シリーズ1  「 ドラゴン・タトゥーの女」 を読むことにしました。
2019/01/21  予約 2019/01/26 借りて読み始める。
冒頭の ヴァンゲル家の家系図と 登場人物リストに 圧倒されます。 o(*'o'*)o

本文の前に 訳者あとがきを読むと 興味深いことが書かれています。

三部作はスウェーデンで大ベストセラーとなり、人口900万人で360万部を売り上げたそうです。

ミカエルとリスベットが生まれるきっかけには、
スウェーデンの国民的児童文学作家 「アリスリッド・リンドグレーン」の作品がインスピレーションの源となっているそうです。
 リスベット・サランデルのモデルは、破天荒な正義の味方 「長くつ下のピッピ
 ミカエル・ブルムクヴィストのモデルは、リスベットと全く正反対の 優等生で人好きのする 「名探偵カッレくん
暗い雰囲気のミレニアム シリーズに少し 明るい光と希望を感じます。

というわけで、 「アリスリッド・リンドグレーン」 の作品をを読むことにします。
 有名な「長くつ下のピッピ」の作者です → アストリッド・リンドグレーン - Wikipedia
 リンドグレーンは子どもの権利や動物の権利の擁護者としても知られ、あらゆる虐待に反対の立場を表明している。
 本 『暴力は絶対だめ! 単行本 – 2015/8/7 アストリッド・リンドグレーン (著), 石井 登志子 (翻訳) 』

    

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上 下 ペーパーバック – 2008-12-11
スティーグ・ラーソン (著), ヘレンハルメ美穂 (翻訳), 岩澤雅利 (翻訳)

 

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
スティーグ・ラーソン / 早川書房 (2008-12-11) / 1,749円 / 302 users
タグ ◆小説:海外 @図書館 *映画
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2012年02月09日 14時08分53秒 2012/02/09
読了: 2012年02月08日

いよいよ、2012年2月10日公開 「ドラゴン・タトゥーの女」
鬼才「デヴィッド・フィンチャー」が、スティーグ・ラーソンの大ベストセラー・ミステリー小説を映画化 。
だいぶ前から、予告編を見ているが、ちょっと怖そうで映画を見るのをためらっている・・・。
 予告編って 意味もわからず 衝撃的なシーンが次々と繰り出されるから。
内容はわかってしまうけれど、映画より先に、本を読んでみよう!
 
読み始めると、話に筋がとおっていて、丁寧に書かれており 文章もわかりやすい。
 それが、かえって驚き!!
舞台はスウェーデン、北欧のステキな国みたいだけど、じつはどんな国なのかほとんど知らない・・・。
 それにしても、スウェーデンの冬って厳しい。マイナス30度以下になる !!(>д<)ノ

上を読んだので、次は下へ

2012/1/5 予約 1/25 借りる。1/26 読み始める 2/8 読み終わる

 ⇒ 2012/2/14 「映画「ドラゴン・タトゥーの女」を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ♪ -- ♪ -- ♪ -- ♪

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
スティーグ・ラーソン/ 早川書房 (2008-12-11) / 1,749円 / 255 users
タグ ◆小説:海外 @図書館 *映画
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2012年02月15日 19時29分01秒 2012/02/15
読了: 2012年02月15日

いよいよ、2012年2月10日公開 「ドラゴン・タトゥーの女」

前半を読んで映画を見てきました。 これから後半を読みます。
この順序はかなりよかった。
人物や背景がしっかり頭に入って、後半の行方や結末を知らずに映画を見ると 面白さがン倍です。
過去のミステリーが現在も尾を引いているし、別の大規模な悪事も展開していて 世の中って ほんと怖い。

 ⇒ 映画「ドラゴン・タトゥーの女」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

2012/2/7 予約 2/14 借りて読み始める。2/15 一気に読み終わる。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

以下は、まだ読んでいません。 読みたい!
ミレニアム 2 上 下 火と戯れる女 ペーパーバック – 2009/4/2
スティーグ・ラーソン (著), ヘレンハルメ美穂 (翻訳), 山田美明 (翻訳)

 

話題沸騰! 今世紀最大のミステリ『ミレニアム』三部作、激動の第2部に突入!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ミレニアム 3 眠れる女と狂卓の騎士 上 下 ペーパーバック – 2009/7/9
スティーグ・ラーソン (著), ヘレンハルメ 美穂 (翻訳), 岩澤 雅利 (翻訳)

 

秘密組織・特別分析班の出現で一気に高まる緊迫感。波瀾の展開が待ち受ける、三部作の最終篇!

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-1) 文庫 – 2017/9/5
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-2) 文庫 – 2017/10/5

ダヴィド ラーゲルクランツ (著), ヘレンハルメ 美穂 (翻訳), 羽根 由 (翻訳)

 

映画 「蜘蛛の巣を払う女」 2019年1月11日(金)公開 TOHOシネマズ 日比谷
 『ドラゴン・タトゥーの女』の原作にもなった大ベストセラー小説『ミレニアム』シリーズの第4作

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上 下 単行本(ソフトカバー) – 2017/12/19
ダヴィド ラーゲルクランツ (著), ヘレンハルメ 美穂 (翻訳), 久山 葉子 (翻訳)
 

今世紀最高のミステリ・シリーズ、最新刊。
 
2018年11月26日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 SF 科学:深海から宇宙まで *映画

STAR WARS スター・ウォーズ空想科学読本  (講談社KK文庫) 文庫 – 2017/11/1
柳田 理科雄 (著), 石蕗 永地 (著), 駒田 文子 (著)



柳田理科雄/著
石蕗永地/絵 ツワブキ,エイチ
出版者 東京 講談社
出版年 2017.10
形態事項 191p 18cm
シリーズ名 講談社KK文庫 A22-23
ISBN 978-4-06-199656-4
価格 (本体価格 \700)

2018/02/12  予約   2018/11/13 借りる  11/15 読み始める 11/26 読み終わる

面白い! バスの中で読んで 笑いをこらえるのが大変。 (=^▽^=)

スター・ウォーズの 映画が大好き、 TVアニメもみています。
この本は 著者の 「ポケモン空想科学読本」 シリーズを読んだ時に知った。
ポケモンより、スターウォーズの方がなじみがあるので、それぞれの解説が 面白かった!

特に、「R2-D2」 すごすぎ!



「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
J.K.ローリング / 静山社 (2008-07) / 2,980円

 

タグ ◆小説:海外 ◆児童文学と絵本 *人気!?予約で待たされる *映画 @図書館 ハリー・ポッター
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2016年02月15日 23時38分33秒 2016/02/15
読了: 2010年01月30日

2013/11/8、2016/2/15 金曜ロードショーで見ました。
これまでのシリーズで張り巡らされた伏線が、最終章でさらにこんがらがって 何度みても頭をひねります。

2009/8/13 予約  2010/1/26 読み始め4日で読み終わる。
2011/8/6 映画の後に再度予約して借りて 読み始める。8/16 上:読み終わる。
2011/8/16 引き続き 下:読み始める。8/24 読み終わる。

2012/3/7 ハリーポッターの eサイト "Pottermore"(ポッターモア) ここで、eBookをゲットしよう。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

『ハリー・ポッター』シリーズは この第7作で完結。

2009/7/28 記
シリーズ最後のこの作品、映画化されるのが待ち遠しい!

・ 2009/8/13 追記
現在公開中の 第6章「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を見てきました。

いよいよ、2010年冬公開予定 第7章「ハリー・ポッターと死の秘宝 パート1」
そして、2011年夏公開予定 「ハリー・ポッターと死の秘宝 パート2」

・ 2010/1/26 追記
映画を見る前に、本を読んでおきましょう。
ハリー・ポッターには、やはり魔力がありますね。上下巻を夜も眠らずに! (時間が許す限り)ぶっ通しで! 読みました。
作者と訳者のおかげか、1~6作を読んでいるためか、読んでいるだけで、何というか文章に近い感じに満たされます。
物語は、同時にいくつかの視点で語られ、一方ではもったいぶって明かされない秘密が、他方でからくりが明かされる。長い伏線に、あぁそうだったのかと!
魔法の世界の話だから、無理なストーリーも おおいに楽しもう!
このあと、また1作目から読み直したくなりました。

・ 2010/12/8 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1」を見ました。
 ⇒ 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1を見る」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

・ いよいよ、映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」 2011年7月15日公開 です。
 ファンタジーの金字塔「ハリー・ポッター」シリーズ、遂に完結!

・ 2011/7/27 映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」3D上映を見ました。
本の上下区切りは、映画のPART1、2とは、違うのね!映画のほうが、続きが気になるようにできています。

映画は、おもしろかったけれど、ちょっと記憶があいまいで、釈然としないところがありました。
もう一度、じっくり本を読みます!

・ 2011/8/24 2回目の読み終わりと同時に、2回目の映画。今度は2Dです。
 やっと納得し、楽しむことができました。
 ネビルは観客に大人気のようでした。
  3人の母が、それぞれ強さを見せ、ストーリーは長い伏線から終盤へ突入。 

 長編小説をうまく映画にまとめているなぁ!と感心です。
 本のほうが内容が濃く味わい深いですから 是非本を読も読んでみてね。
 
  ⇒ Myあれこれブログ:ハリー・ポッターで検索

2018年10月01日 (月) | Edit |

タグ : *映画 @図書館 ◆小説:海外 mediamarker

薔薇の名前

  

薔薇の名前〈上〉
ウンベルト エーコ / 東京創元社 (1990-02-18) / 2,484円 / 381 users
タグ *映画 @図書館 ◆小説:海外 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2018年10月01日 16時35分24秒 2018/10/01
読了: 2006年04月

2018/10/1 追記
今この本が話題になっているのかなぁ
2006年のブログ記事にアクセスがあった! ⇒ Myあれこれブログ:ダ・ヴィンチ・コード と 薔薇の名前
これを機会に、また読んでみるのもいいね!

2016/11/1 追記
著者のウンベルト・エーコ氏が 無くなったとのこと。
 → 2016.02.21 SUN 12:10 ウンベルト・エーコが遺したもの /wired.jp
2月19日、『薔薇の名前』を始めとする数多くの記憶に残る作品の著者が、ミラノで息を引き取った。84歳。
彼の最後の反骨の行動は、出版社「テーセウスの船」の設立だった。

2009/7/6 記
映画もおもしろかった!
 ⇒ Myあれこれブログ:ダ・ヴィンチ・コード と 薔薇の名前

2018年03月01日 (木) | Edit |

タグ : ◆児童文学と絵本 *映画 @図書館 mediamarker

ジュマンジ

  

ジュマンジ
クリス・ヴァン・オールズバーグ / ほるぷ出版 (1984-07) / - / 19 users
タグ ◆児童文学と絵本 *映画 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 絵本・児童書
更新日:2018年03月01日 00時12分17秒 2018/03/01
読了: 2008年06月21日

2017/10/12~2018/3/1
2018年4月6日(金) に公開の、映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 すごく楽しみ!

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』予告編 - YouTube

ジュマンジ - Wikipedia

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/3/28 久しぶりで、映画「ジュマンジ」を見ました。
1995年の 「ジュマンジ Jumanji」は 当時としては最新のCGがみごと!
 ジュディ・シェパード役の女の子 どこかで見たことがあると思ったら、
スパイダーマンシリーズで 大活躍の「キルスティン・ダンスト」です。
2005年の 「エリザベスタウン Elizabethtown 」でも爽やかな役柄だったね。

2008/8/06 記   本を読んだ日 2008/6/21

絵本 「ジュマンジ」 を見つけた。 映画を見てから何年ぶりかしら~。

当時最新のSFX技術を駆使したこの映画は とってもおもしろかった。

絵本はどうだろう?
モノクロの 数ページの本が あの映画になったとは 驚きだ!

それを言うなら、映画 「サウンド・オブ・サンダー」はもっとすごい。
レイ・ブラッドベリのわずか20ページの短編 「A Sound of Thunder 」が 映画では ものすごいことに!

話を戻して、「ジュマンジ」 
クリス・ヴァン・オールズバーグの絵はとても すてき!
ページをめくるたびに どきどきする。 
本というのは 自分の早さで読めるし、前にもっどたりもできる。 深く味わえるということ。
この本を手にとった子供は、何度も何度もページを繰り、不思議な世界で遊ぶだろう。
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング / 静山社 (2006-05) / 2,400円

 

タグ *映画 ◆小説:海外 ◆児童文学と絵本   ハリー・ポッター
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2017年11月10日 23時07分56秒 2017/11/10
読了: 2009年09月20日

2017/11/10 
TV 金曜ロードショー でハリーポッター シリーズを 放送している。

セドリックの死からすべてが変わってしまったかのようなホグワーツ。
それでも クィディッチの試合で活躍するロンがまぶしい。
衝撃のラストまで、さまざまの伏線があるので 何度見ても 新しい発見があります。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2009/9/1 予約の本を借りました。
上下予約したら「下」から先に順番が回ってきたので、しばらく保留して 上下揃ったところで、一緒に借りました。
つぎの予約が待ってるでしょうから、急いで読まねば!

2009/9/20 上下 読み終わりました。 もういちど、映画を見たいです~

  ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~
2009/8/13 追記 
昨日 やっと 映画 見てきました!
 ⇒ Myあれこれブログ:映画:ハリーポッターと謎のプリンスをみる
こんなストーリーだったかなぁ。 忘れていました~~。
ロンの活躍、ジニーがすてき!
エッ、ダンブルドア校長・・・。 これからどうなるの~~。

というわけで、もう一度 本を読もうと、図書館に予約したら こちらも行列です。
上 : 所蔵冊数  30 件  予約件数  40 件 1ヶ月待ちかな?
下 : 所蔵冊数  33 件  予約件数  25 件

2009/6/1 記
いよいよ2009年7月15日公開 映画 ハリー・ポッターと謎のプリンス

本は、ずっと前に読みました。 2006年頃?
シリーズ6ともなると・・・、どのエピソードがどれだったか、ごちゃごちゃしています。
映画公開にあわせて TVで これまでの映画が放送されるのがいいですね。

  ⇒ Myあれこれブログ:ハリー・ポッターで検索

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
J.K.ローリング / 静山社 (2004-09) / 2,000円

 

タグ *映画 ◆小説:海外 ◆児童文学と絵本 ハリー・ポッター
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2017年11月03日 23時03分32秒 2017/11/03
読了: 2004年10月
 
2017/11/3 
TV金曜ロードショー でハリーポッター シリーズを 放送している。
何度見ても 面白い!
とくに、この回は ハリーとホグワーツの仲間が、自分たちで戦おうと結束し訓練を行うところが心強い。
ハリーはよく仲間外れにされるけれど、今回は違う!

2007/8 
映画を見ました。 本はそれよりずっと前に読んでいます。
ハリーや仲間たち、ずいぶん成長しましたね。
それにしても、災難はつづく・・・。
今回は、とくに 悲しい出来事が~。 

 ⇒ Myあれこれブログ:映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観る 2007/8/3
 ⇒ Myあれこれブログ:ハリー・ポッターで検索
 
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)
J.K.ローリング / 静山社 (2002-10) / 2,755円

 

タグ *映画 ◆小説:海外 ◆児童文学と絵本  ハリー・ポッター
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2017年10月27日 23時40分57秒 2017/10/27
読了: 2004年07月14日

2017/10/27 
TV金曜ロードショー でハリーポッター シリーズを 放送している。
何度見ても 面白い!

2005/12 映画を見ました。 本はそれよりずっと前に読んでいます。
ハリーや仲間たち、ずいぶん成長しましたね。
それにしても、災難はつづく・・・。
今回は、とくに 悲しい出来事が~。 

  ⇒ Myあれこれブログ:ハリー・ポッターで検索
 
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)
J.K.ローリング / 静山社 (2001-07) / 2,052円

 

タグ *映画 ◆小説:海外 ◆児童文学と絵本
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2017年10月20日 23時10分23秒 2017/10/20
読了: 2004年07月14日

2017/10/20 
TV金曜ロードショー でハリーポッター シリーズを 放送している。
時間のトリックは、何度見ても 面白い!

2009/7 映画公開にあわせて TV放送を見ました。おもしろかった~。
ハリー・ポッターは、本も映画も見ています。
楽しい魔法の学校に 次々と恐ろしいことが・・・。 

  ⇒ Myあれこれブログ:ハリー・ポッターで検索
 
2017年05月24日 (水) | Edit |

タグ : ◆小説:海外 @図書館 *映画

ぼくと1ルピーの神様 単行本 – 2006/9/14



ぼくと1ルピーの神様  (RHブックス・プラス)
ヴィカス スワラップ , ヴィカース スワループ / 武田ランダムハウスジャパン (2009-02-20) / 19,914円 / 149 users
タグ ◆小説:海外 @図書館 *映画
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2017年05月24日 22時11分26秒 2017/05/24
読了: 2013年04月04日

2013/03/23 予約  3/30 借りて読み始める。4/4 読み終わる。

2017/5/24
2017年4月7日(金)公開の映画「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を、TOHOシネマズ みゆき座 に見に行きました。

 ⇒ 映画「LION 25年目のただいま」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

 実話を基にしたデヴ・パテル主演の人間ドラマ。迷子歴25年の男が、Google Earthで生まれ故郷を探す旅に出る。
 2017年(第89回)のアカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門でノミネート。
 → 25年目の「ただいま」 単行本

この映画を見る前に、本書と「ぼくと1ルピーの神様」を先に読んでおいてよかった。
インドの子供たち(大人も)の暮らしが、あまりにも日本と違う。
映画の最後に、今も年間8万人もの迷子の子供がいるとのクレジットが出ていましたが、
機知と勇気と幸運に恵まれた子供の話には、本当に驚きと感動です。
 → 日本ユニセフ協会 映画特設サイト

 ♪  --  ♪  --  ♪  --  ♪

2013/4/4
映画「スラムドッグ$ミリオネア」をTVでみて、びっくりしました。
『スラムドッグ$ミリオネア』(原題: Slumdog Millionaire)は、2008年のイギリス映画。
インド人外交官のヴィカス・スワラップ[2]の小説『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社)をダニー・ボイルが映画化。
第33回トロント国際映画祭観客賞、第66回ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)、
第62回英国アカデミー賞作品賞受賞。
第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した。

原作があると知り、読んでみます。
映画とは、内容がかなり違いますが、その分2倍楽しめました。
でも、「楽しめた」という表現は、微妙です。
世界には、こんな子供達がいる! 
漠然と知ってはいてもその現実が語られると、落ち着いて座っていられない何かがあります。
人間の長い歴史の中では、そうやってたくましく又は不幸に生きた多くの人達がいて、
現代ののんびり恵まれた私達がいます。

先日の、『TEDカンファレンス』
 ハンス・ロスリング 「The magic washing machine 魔法の洗濯機」
 では、世界の人口で、「電気が使える人」の割合、
 その中で 「洗濯機が使える人」の割合、が図示され驚きました。
そして、今でも川や井戸端で 手洗いの洗濯をしている女性がなんと多いことか。

話はそれましたが、「ぼくと1ルピーの神様」すごく面白かったです。
 一番好きだったのは、ラム13歳の時
 隣に住む天文学者の親子の話を壁越しに聞いて、天文学のことを知るところ。
 夜の空がただの暗い空から 驚きと発見に満ちた特別な世界に変わり
 友人のサリムと二人嬉しくて小躍りする!
 逆境の中でも、優しさと誇りを失わず 夢に向かって生きるラムとサリム。
読み終わった後は、暖かく爽やかな気持ちになりました。

著者 スワループ の2作目も読むつもりです。
 → 6人の容疑者 上 (RHブックス・プラス)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
J.K.ローリング / 静山社 (1999-12-01) / 2,052円

  

タグ *映画 ◆小説:海外 ◆児童文学と絵本 ハリー・ポッター
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2016年11月25日 23時14分30秒 2016/11/25
読了: 2004年07月14日
 
2016/11/25 日テレ 金曜ロードショーで、かわいいハリーに再会。
何度見ても面白い。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ハリーポッターは、本も映画も見ています。
第一作は映画で、ガーンと魅了されました。
図書館で本を借りようにも長~い予約の行列!?が・・・。

ちょうどそのころ(2003年1月~2006年10月まで)
私設の「子供図書館」(普通の蔵書も有)のお仕事をサポートしていて、
そこで、ハリー・ポッター シリーズを読みました。
  ⇒ Myあれこれブログ:ハリー・ポッターで検索