FC2ブログ
2018年08月25日 (土) | Edit |

タグ : 音楽:オペラ @図書館 mediamarker

オペラ鑑賞講座超入門―楽しむためのコツ



オペラ鑑賞講座超入門―楽しむためのコツ
神木 勇介 / 青弓社 (2012-11-01) / 1,728円 / 4 users
タグ 音楽:オペラ @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エンターテイメント
更新日:2018年08月25日 12時25分32秒 2018/08/25

2018/08/05  予約 8/21 借りて読み始める。8/25 ざっと目をとおし中止。

毎年楽しみしている「メトロポリタンオペラ」 ライブビューイング アンコール上映
 ⇒ METライブビューイング 2018 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

今年見るのは、
★ ベッリーニ 《ノルマ》
★ ヴェルディ 《ルイザ・ミラー》 
★ トーマス・アデス 《皆殺しの天使》
★ マスネ 《サンドリヨン》~シンデレラ~

あいにく本書にはこれらの作品のことは書かれていませんでした。
今回は、読まずに返却します。

2018年08月07日 (火) | Edit |

タグ : 音楽:オペラ @図書館 mediamarker

オペラにいこう!―楽しむための基礎知識



オペラにいこう!―楽しむための基礎知識
神木 勇介 / 青弓社 (2007-11-01) / 1,728円 / 2 users
タグ 音楽:オペラ @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エンターテイメント
更新日:2018年08月07日 19時32分33秒 2018/08/07

2018/8/7 
「METライブビューイングアンコール」2018 
 ⇒ METライブビューイング 2018 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ♪ -- ♪ -- ♪ -- ♪

2017/8/21
「METライブビューイングアンコール」2017 で また「トリスタンとイゾルデ」を見ることにしました。
MET2017「トリスタンとイゾルデ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

本書 第5章 名作オペラ“鑑賞のポイント”から 「トリスタンとイゾルデ」だけを読みました。
すっきりポイントが書かれていて、下調べにはうってつけです。

2017/8/18 借りて 必要なところだけ拾い読み。
2018/8/5 再度予約 8/7 借りる 
 
オペラにいこう!―楽しむための基礎知識

2017年08月14日 (月) | Edit |

タグ : 音楽:オペラ @リンク集 @図書館

オペラの快楽(上巻)  (下巻)  (宝島社文庫) 文庫 – 2008/8/1

 

オペラの快楽(上巻) (宝島社文庫)
相澤啓三 / 宝島社 (2008-08-01) / 514円 / 3 users
タグ 音楽:オペラ @リンク集 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 音楽
更新日:2017年08月14日 13時02分23秒 2017/08/14
読了: 2009年10月09日

2014/07/31 追記
今年も行きます。 METライブビューイング アンコール
 ・ ファルスタッフ ヴェルディ
 ・ エフゲニー・オネーギン チャイコフスキー
 ・ ラ・ボエーム プッチーニ
 ・ ウェルテル マスネ

ラ・ボエーム以外見たこともないし、ストーリーも音楽も知らない、たぶん。

また、この本のお世話になるかも!

去年は、Nexus7で 面白そうな関連記事を、行きの電車と開演までの待ち時間に読みました。
いろんな人の感想が読めていいね ♪

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2009/10/9 記
オペラの快楽 (上巻・下巻) 相澤啓三 / 宝島社(2008-08-01)Amazon価格: 500円

2009/9/15 上巻 拾い読み
2009/9/9 下巻 読み始める。
似たような話があるので・・・筋が混乱しないように 興味のある作品だけを 読むようにしています。

この本を手にとったのは、METライブビューイング アンコールで、
ヴァーグナー(ワーグナー)の「トリスタンとイゾルデ」を見るので、少し下調べをしようと思って。

METライブビューイング 2009年秋には、6本のオペラを楽しみました!
「サロメ」・「トリスタンとイゾルデ」・「連隊の娘」・「ランメルモールのルチア」・「夢遊病の女」・「清教徒」
内容や聴きどころを本書でチェックできて、よかった!!


オペラについて Webで調べると 内容が充実しているものもあるが、スカ!?が多くて 検索に時間がかかる。
その点、本の方が確実ですね。
上下巻で 実にたくさんのオペラが網羅されているのにはビックリ。
あらすじ、聴きどころ、おすすめの演奏などが 著者の耳で書かれていて、見たい演目の前に、読むことにします。
METライブビューイング アンコールシリーズの参考になりそうです。
 ⇒ Myブログ「あれこれフリーク」:METライブビューイング

 ♪  - -  ♪  - -  ♪  - -  ♪

こちらもご覧くださいね。
 ⇒ ♪パソコンで音楽♪ ~ パそぼとベルルのあれこれフリーク

メトロポリタン・オペラのすべて 名門歌劇場の世界戦略
池原 麻里子 / 音楽之友社 ( 2011-06-07 )
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276210569/seaapteacucom-22/ref=nosim

2012年09月22日 (土) | Edit |

タグ : ◆小説:海外 @図書館 音楽:オペラ

舞姫タイス
アナトール・フランス / 北宋社 (1992-01) / 2,548円

舞姫タイス Kindle版 アナトール・フランス (著), 岡野馨 (翻訳)
 

タグ ◆小説:海外 @図書館 音楽:オペラ
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2012年09月22日 19時21分35秒 2012/09/22




マスネのオペラ「タイス」の原作を読んでみよう!
全3幕のオペラの中の「間奏曲」があの「タイスの瞑想曲」。
甘美なメロディーによって広く知られています ♪

本は、格調高い文章で綴られています。
最初に書かれた 「訳者のことば」からして、気品あふれる文章です。
内容は 多くの人に共通した普遍的なこと、
「霊」と「肉」の相克ですが、それを厳しく自覚する人は少ないでしょう。
映画「ダ・ヴィンチ・コード」に出てくるシーリス(苦行帯)をつけた修道僧を思い出しました。
そういう宗教にはあまり共感しません・・・。
この本もちょっと・・・、古臭い。今回は はじめの数ページで中止しました。

そうはいってもオペラは、みたいですね!

MET オペラ マスネ 「タイス」
指揮:ヘスス・ロペス=コボス 演出:ジョン・コックス
出演:ルネ・フレミング、ミヒャエル・シャーデ、トーマス・ハンプソン
上映時間:3時間31分 MET上演日:2008年12月20日
アナトゥール・フランスの小説「タイス」が原作。
4世紀のエジプトが舞台で、信仰により清純な聖女となる妖艶な娼婦タイスと、
信仰と愛に苦悩する厳格な僧アタナエルの二人が主人公。
2幕の間奏曲で流れる「瞑想曲」は、単独で演奏される機会も多いポピュラーな曲で、
全体を通して優美な音楽が楽しめるフランス・オペラの名作。

2012/8/28  予約 9/1 借りる。9/21 読み始めるが、中止。