FC2ブログ
2019年01月21日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 自然 自然・植物 *図鑑・辞典

大人のフィールド図鑑 原寸で楽しむ 身近な木の実・タネ 図鑑&採集ガイド
単行本(ソフトカバー) – 2017/3/1
多田多恵子 (著)

@図書館 自然 自然・植物


 
2018/12/16  借りて読み始める。

図書館の書架で見つけたんだけど、すごくいい本。
メモっておきたいことがたくさんあります。
 食べて美味しい実も 覚えておきたいね。

・ ヤツデ 花は、まず 雄しべが伸びます。 花びらと雄しべが落ちてから雌しべが伸びます。
 ⇒ 1/1 ヤツデの花と実 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

せっかくだから 樹木のブログ「散歩道の野草と風」の記事をこの本と見比べてみましょう
 ⇒ 本:身近な木の実・タネ 一覧 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」
 
2019年01月19日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 自然

サボり上手な動物たち――海の中から新発見! オールカラー版
(岩波科学ライブラリー) 単行本(ソフトカバー) – 2013/2/7
佐藤 克文 (著), 森阪 匡通 (著)



2018/12/12 図書館の書架(動物のコーナー)で見つけて借りる。 1/17 読む

内容紹介 動物搭載型の記録装置による「バイオロギング」や「音」を使った最新の記録・分析システムで、南極のペンギンやアザラシから、日本のイルカ、ウミガメまで、謎に包まれた生きものたちの生態を明らかにする。

著者
佐藤克文/著
 1967年宮城県生まれ。東京大学大気海洋研究所准教授。著書に「ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ」など。

森阪匡通/著
 1976年大阪府生まれ。京都大学野生動物研究センター特定助教。
 
2019年01月05日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 自然 自然・動物

もしもあの動物と暮らしたら!?
単行本(ソフトカバー) – 2015/7/18
小菅正夫 (著)



2018/12/12 借りる 12/20読み始める。

動物園で出会う動物たち、一緒にいたらたのしいだろうなぁ~。
ほんとは飼えない 貴重な動物たちなんだけど、飼うとしたらどうすればいいのを
丁寧に解説した本です。
動物園で働きたい人にも、参考になりそうな魅力的な本です。
 
 
2018年12月03日 (月) | Edit |

タグ : @図書館 自然 科学:恐竜と古生物・化石

古生物のサイズが実感できる!  リアルサイズ古生物図鑑 古生代編  単行本  – 2018/7/21
土屋 健 (著), 群馬県立自然史博物館 (監修)



2018/10/10 予約  11/22 借りて読み始める。  

友人が借りて おすすめしてくれた本!
その前から この本のタイトルは 知っていて 「リアルサイズって??」 って 思っていたんです。
本を開いて なるほど。 サイズだけでなく 雰囲気まで リアル感たっぷり~。
すごく面白いです。

★ 群馬県立自然史博物館


2018年11月20日 (火) | Edit |

タグ : 自然・植物 自然 @図書館

拾って楽しむ紅葉と落ち葉 (森の休日)
片桐 啓子 , 平野 隆久 / 山と溪谷社 (2001-09-01) / 1,728円



タグ 自然・植物 自然 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2015年12月11日 12時51分38秒 2015/12/11
読了: 2008年11月18日  2008/11/08 読み終わる。

この前から、落ちている葉っぱのことが気になっていたので、図書館に行って 紅葉 (モミジ)の本を借りてきたよ。
帰りは、落ち葉とドングリを拾いながら・・・♪

さぁ モミジの絵を描こう! 
本物の葉っぱと図鑑を見て、何の葉っぱかなぁ

ベルルの落ち葉

2018年11月09日 (金) | Edit |

タグ : 自然・植物 自然 ガーデニング

花ごよみ 向島百花園創設200周年記念


更新日は2018/5/18 ・ 登録日は2010/5/6 
2018/11/9 Amazonには無い

向島百花園創設200周年記念
花ごよみ - 江戸花屋敷の四季 -
全44ページの小冊子です。
春・夏・秋・冬 ごとに花の写真と簡単な説明があります。
巻頭のマップの番号で、植物の位置がわかり、巻末には索引もあります。

「向島百花園」 だけでなくいろんなところで撮った写真の整理に役立ちます。

2011/5/15 これをもって、向島百花園へ
   → 写真はこちら 「 2011/5/15 散歩道の野草と風

2010/5/3 向島百花園にて購入

2010/5/3の「向島百花園」写真です。 ⇒  カメラ倶楽部:2010/05/03 ~ Myブログ「散歩道の野草と風」

Myブログの向島百花園の写真
 ⇒  向島百花園 ~ 「散歩道の野草と風」
 ⇒  向島百花園 ~ 「Niwa niha Hana」
 
2018年11月09日 (金) | Edit |

タグ : 自然・植物 自然 Bs:廊下 *図鑑・辞典

続々 江東区の野草
更新日は2018/5/18 ・ 登録日は2007/4/4
2018/11/9 Amazonには無い

3冊シリーズをまとめて、科ごとの索引を作って活用しています。

内容 :
・ 江東区南部埋立地および内陸部に生育する野草のうち、106種を選定収録
・ 写真は、平成元年~2年に撮影したもの

・ 江東区の野草の全リスト 掲載

・ 野草の楽しみ方
・ 東京湾埋立地のインベーダーたち
・ 思い出の埋立地
・ 四季の野草と写真撮影
・ 標本を作る
 
2018年11月09日 (金) | Edit |

タグ : 自然・植物 自然 Bs:廊下 *図鑑・辞典

続 江東区の野草    2018/11/9 Amazonには無い
更新日は2018/5/18 ・ 登録日は2007/4/4

内容 :
・ 江東区南部埋立地に生育する野草のうち、175種を選定収録
・ 写真は、昭和59~60年撮影のもの

・ みじかな野草に親しむ
・ 帰化植物をめぐって
・ 埋め立て地の植生と四季
・ 野草とともに
 
写真に残された絶滅動物たち最後の記録



写真に残された絶滅動物たち最後の記録
エロル・フラー / エクスナレッジ (2018-08-04) / 3,024円 / 3 users
タグ @図書館 自然 自然・動物 科学:生物・生命 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2018年10月13日 13時59分04秒 2018/10/13

2018/10/2 借りて 読み始める。 10/17 ほとんど読まずに 今回は返却。

参考
・ 絶滅してしまったと考えられている12種の鳥の貴重な写真 - DNA

写真に残された絶滅動物たち最後の記録

■ 本書掲載の絶滅動物
・オオオビハシカイツブリ
・ワキアカカイツブリ
・バライロガモ
・ニューイングランドソウゲンライチョウ
・ウェーククイナ
・レイサンクイナ
・エスキモーコシャクシギ
・リョコウバト
・カロライナインコ
・ゴクラクインコ
・ワライフクロウ
・ハシジロキツツキ
・テイオウキツツキ
・ヤブサザイ
・アルダブラシマヨシキリ
・ムナグロアメリカムシクイ
・キモモミツスイ
・キガシラハワイマシコ
・キゴシクロハワイミツスイ
・カオグロハワイミツスイ
・マリアナヒラハシ

・フクロオオカミ
・オオツギホコウモリ
・カリブモンクアザラシ
・ヨウスコウカワイルカ
・クアッガ
・ションブルグジカ
・キタハーテビースト

朱鷺の遺言 (文春文庫)
小林 照幸 / 文藝春秋 (2013-03-08) / 802円



タグ 自然 自然・野鳥 地球環境とエコロジー @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌
更新日:2018年09月27日 11時47分39秒 2018/09/27
読了: 2014年04月30日

2018/9/26 NHKTVで、朱鷺が田んぼで餌を食べたり、木にたくさん止まっている様子を見ました。感動です!
検索したら こんなニュースがありました。
中国のトキ 11年ぶりに新潟へ 2018年09月26日 19時11分
 安倍総理大臣の中国訪問に向けた調整が進むなか、中国側が譲渡する2羽のトキが11年ぶりに来月にも新潟県の佐渡トキ保護センターに引き渡されることがわかりました。
 日本側へ譲渡されるのは、中国内陸部、陝西省洋県の専用施設で飼育されている2羽のつがいのトキです。
日本政府の関係者によりますと、2羽のトキは、早ければ来月中旬にも新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターに引き渡されるということです。
野生のトキが絶滅した日本では、これまで中国から5羽のトキを譲り受け、繁殖や野生復帰の取り組みが続けられてきましたが、両国関係の悪化に伴い、中国からのトキの提供は2007年を最後に途絶えていました。
そうした中、日中平和友好条約が結ばれてから40年となることし、安倍総理大臣と中国の李克強首相との首脳会談でトキの供与が合意され、引き渡しの具体的な日程が調整されてきました。
 5羽の子孫による交配では遺伝的な多様性が失われるおそれがあるため、新たなつがいが引き渡されることで、安定した繁殖への期待が高まっています。
安倍総理大臣の来月の中国訪問に向けた調整が進むなか、日中友好のシンボルとなっているトキの引き渡しによって、両国関係の改善に弾みがつきそうです。


2014/05/06 追記
うれしいニュース
 自然界で育ったトキに2世が初めて誕生

2014/4/30 記
小林 照幸の 「死の貝」を読んで、他の本も読みたくなりました。

野鳥が好きなので、「朱鷺の遺言」を手に取りました。

 出だしは、のどかな佐渡の風景。地元の人も見かけることが少ないというトキ。
 佐藤春雄氏は毎朝、観察を続けその生態を調べる真摯な高校の先生。
 登場人物の心あたたまる会話に、トキの美しさが重なります。

最初の当たりを読んでから、すこしづつ読み進めたので、読み終わるまでずいぶん時間がかかりました。
それにしても すごく感動する内容の本です。
絶滅に向かう朱鷺を何とかしようとする地元の高野、佐藤、宇治さんの生き様には頭がさがりました。
暖かく見守る家族のエピソードにも、著者の温かい視線が感じられます。

一方、無関心だったり利害の一致しない住民と、環境の変化。
やっと保護活動が始まっても、行き違う学者や行政と地元で活動する人々。
やがて、佐渡(日本)の朱鷺は全個体の捕獲、ケージでの人工的な飼育が行われますが・・・、
 もはや時遅し、日本の朱鷺は、次世代を残せなくなるのでした。

驚いたのは、中国の活動です。
 やはり絶滅しそうだった朱鷺を救い、確実に数を増やしています。
 日本のやり方を他山の石として、自然の中での保護・繁殖と 
 人工飼育の2本立ての効果的な方法が功を奏したそうです。
 人々の意識を変え、朱鷺の棲む環境を農薬汚染や環境開発などから守ったこと、
 人工飼育・繁殖の技術が研究され成功したのは、
 国家プロジェクトとして大きな力で、経済的にも、行政的に推進されてたからでしょう。
とても、PM2.5 の国とは思えません。(^^ゞ

日本に送られてきた中国の朱鷺(種としては日本産と同じ)が、苦労の末 飼育・繁殖に成功したのは、本当にうれしい奇跡です。

本書では、全個体捕獲の直前、5羽の朱鷺がねぐらの木に止まる様子が、「朱鷺の遺言」として描かれ、涙・・・。
朱鷺を、命あるものとして慈しみ、並大抵の苦労ではない活動をし続けてきた登場人物たちには胸を打たれます。
感動的だが、寂しく すこし申し訳ない気がしながら、読み進んでいきました。

今では、人工飼育の朱鷺が自然の中に戻され、繁殖し子供を育てるようになりました。
関わってきた多くの人の悲願「佐渡に舞う朱鷺」が見られるのは、夢のような素晴らしいことです。

本書の巻末には、著者「小林 照幸」のあとがきとして、本文のその後の経緯が綴られています。
明るい未来、過去の反省と今後の課題など ずっしり手応えがある内容です。

ぜひ多くの人に読んで欲しい本です。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

イベントでゲットした トキ と ペンギン の ラバーキーホルダー

2012/12/7 野鳥クイズ&スタンプラリー参加 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」


 → トキ (朱鷺、鴇、学名:Nipponia nippon) - Wikipedia

・ 佐渡トキ保護センター
・ 佐渡トキファンクラブ
・ トキ飼育繁殖センター|展示動物紹介|園内ガイド|いしかわ動物園
・ 「トキふれあいプラザ」2013/3/30オープン:佐渡観光協会

・ 環境省_トキ情報

 Google → 「生椿 佐渡」で検索

2013/10/16 予約  10/22 借りて読み始める。  2014/04/30 読み終わる。