FC2ブログ
2019年05月29日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 歴史 文化

すし 天ぷら 蕎麦 うなぎ ──江戸四大名物食の誕生 (ちくま学芸文庫)
飯野亮一 (著)



2019/04/04 予約 2019/04/11 借りる 5/2 読み始める

2019年5月からの 「江戸で花開いた豊かな食文化」 という講座を受講します。 
講師の飯野亮一氏が書いた本を読んでみよう!
江戸時代の食文化について、文献や絵がたくさん紹介されていて、
古文は読みづらいけれど なかなか面白そうです。
 

2019年05月29日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 歴史 文化

居酒屋の誕生: 江戸の呑みだおれ文化 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2014/8/6
飯野 亮一 (著)



2019/04/04 予約 2019/04/11 借りる

2019年04月03日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 歴史

2019年2月15日(金) 公開の映画 「女王陛下のお気に入り」に を見ました。

 ⇒ 映画「女王陛下のお気に入り」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

アン女王と その時代って?
ちょっと気になったので、イギリスの歴史の本を探しました。

イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34) 単行本 – 2012/2/29
ミカエル ライリー (著), ジェイミー バイロン (著), クリストファー カルピン (著), 前川 一郎 (翻訳)



2019/03/02 予約  2019/03/06 借りる。 3/7 読み始める。 4/2 途中までで中断し返却
 
中学生向き というけれど 深い内容です。
最近の 日本の子どもたちも こんな勉強をしているのかしら?
なかなか読みごたえのある本です。

本を読み始めたときに知りたかった アン女王のことは、この本の趣旨とは違うらしく載っていない。
それにしても、この本には驚きました。
子供たちが、自国の歴史を客観的かつ自分たちのこととして捉え深く考えさせる本。
日本の子供も中国、韓国、いえ世界中の子供達が このような視点で歴史を捉えれば、
世界はもっと良くなるのではなかろうか。

といいつつ、読むのが重たくなって 途中で ギブアップ。 ちょっと情けない ・・・。
 
2019年04月03日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 歴史 ◆まんが

2019年2月15日(金) 公開の映画 「女王陛下のお気に入り」に を見ました。

 ⇒ 映画「女王陛下のお気に入り」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

アン女王と その時代って?
ちょっと気になったので、イギリスの歴史の本を探しました。
漫画なら 気軽に読めるかもね。

マンガでわかるイギリスの歴史: 一気に読み解く! 世界史を変えた人物列伝 単行本 – 2015/9/4
島崎 晋 (著)



2019/03/02 予約  2019/03/06 借りる  3/9 読み始める 4/2 途中までで返却
 
漫画と言っても スラスラ読めるストーリー物ではない。
ポイントを押さえたしっかりした本です。
で、なかなか読み進まないうちに 興味が薄れてしまって・・・。
前述の(映画で見た)アン女王は、歴史の舞台では 目立たない存在らしく、これと行ったエピソードもなかった。
今回は、途中までで 返却します。
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅢ 契約の民の巻 上
(文芸社文庫) 文庫 – 2012/2/2
中川 健一 (著)



【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅢ 契約の民の巻 上 (文芸社文庫)
中川 健一 / 文芸社 (2012-02-02) / 1,080円 / 3 users
タグ 歴史 哲学・思想・心理 神話・伝説・民話 Family mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 宗教
更新日:2016年12月22日 13時13分09秒 2016/12/22

日本人に贈る聖書ものがたり Ⅰ~Ⅷ 

面白い本だと勧められ、借りています。

2019/1/16 映画 「十戒」 を TV で見ました。
 本書を 読み返したい。

2015年1月30日(金)公開の映画「エクソダス:神と王」を見ました。
クリスチャン・ベールがモーゼ役を、ジョエル・エドガートンがラムセス役を演じる。
監督はリドリー・スコット。


「出エジプト」もう一度この本を読みたくなった。

2013/06/23 借りる。 2015/03/13 読み始める。 読み終わる。
2018年12月19日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 地球環境とエコロジー 歴史

地震考古学―遺跡が語る地震の歴史
(中公新書) 新書 – 1992/10
寒川 旭 (著)



縄文時代や弥生時代の遺跡・遺構 を調べると、地震の形跡がわかるとしってびっくり。
太古から 特に日本では 地震が多く 大きな災害が起こっていた。
断層の後に そっと置かれた 伏せた器。
著者は、現代の地震と過去の地震の歴史を関連付け、新しい「地震考古学」を 始めたそうです。
秀吉が逃げ惑うエピソードなども 興味深い。
 
2018/12/19 始めの部分と 途中をざっと目をとおして 終わり。
 ゆっくりまた読みたい。
 
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅣ 契約の民の巻 下
(文芸社文庫) 文庫 – 2012/2/2
中川 健一 (著)



神話・伝説・民話 , Family
更新日は2017/8/10 ・ 登録日は2017/8/7
2013/06/23 借りる。2017/8/7 何回目かを読み始める。 読み終わる。

METオペラ「ナブッコ」は、旧約聖書に基づいた若きヴェルディの出世作。
戦に敗れ、バビロンに連行されたヘブライ人たちの運命は? という『バビロン捕囚』に絡んだストーリー。
MET2017「ナブッコ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

西欧人のベースに聖書があればこそ、荒唐無稽なオペラのストーリーにも暗黙の何かがありそうです。
オペラを見る前に 『バビロン捕囚』について おさらいしたい。
下記の本では、一言しか触れられていないので、本書でもうすこしわかるといいかと、ポイントを拾い読みしました。
この本の最後のほうにかかれている「バビロン捕囚」を読んでMETオペラ「ナブッコ」を見たのは、正解だった。

旧約聖書 (まんがで読破)
バラエティアートワークス / イースト・プレス ( 2010-11-01 )

第4部 王国の崩壊 の最後のほうに 「バビロン捕囚」が述べられています。
 (南北分裂、北王国の崩壊、南王国の崩壊、バビロン捕囚)

 神と契約をしたのにそれを忘れてしまう人々。 
 警告し神の言葉を伝えようとする預言者は、人々には受け入れられず・・・。
 そんなことが繰り返されるが、本書の最後は希望で終わっている。 

史実と旧約聖書と著者の解釈が混ざって書かれていて、どれが史実なのかなぁと思うこともありますが、
日本の歴史を引き合いに出しているところなど、なるほどと思える手助けになっています。

2018年08月14日 (火) | Edit |

タグ : アート 歴史 @図書館 mediamarker

知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決



知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決
山田 五郎 / 幻冬舎 (2018-03-08) / 1,404円 / 6 users
タグ アート 歴史 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ノンフィクション
更新日:2018年08月14日 18時44分00秒 2018/08/14
読了: 2018年08月14日

2018/04/11  予約 6/22 借りる。6/5 読み始める。8/14 読み終わる。

数年前から毎週見ている「ぶらぶら美術・博物館」
「ぶらぶら」をナビしてくれるのは、名解説が冴える山田五郎さん。
「BS日テレ - 「ぶらぶら美術・博物館」番組サイト

新刊が出たと番組最後でお知らせがあったので さっそく読みました。

ペアとして紹介される巨匠たち。なるほどな組み合わせです。
それぞれの生きざまと作品が 名解説で紹介され、面白いです。

『偉大な天才のダメッぷり。同時代の2人の巨匠を比較!画家の人間性に迫る。』

東京鉄道遺産 (ブルーバックス)



東京鉄道遺産 (ブルーバックス)
小野田 滋 / 講談社 (2013-05-21) / 1,080円 / 34 users
タグ 歴史 産業・工業 科学・テクノロジー @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 産業研究
更新日:2018年07月22日 01時05分23秒 2018/07/22

2018年 春から 著者 小野田 滋氏が講師を務める 地下鉄の講座に参加しています。

本書は、地下鉄ではないけれど、鉄道に関する構造物について書かれた面白い本です。
本を片手に 実際に見に行きたい!

と思っていたけれど、高架橋の途中までで 読むのは中止。 また読みます。

2018/05/22  予約 5/29 借りて読み始める。7/21 途中で中止。
 
2018年07月14日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 アート 歴史 mediamarker

UKIYOE17



UKIYOE17
堀口 茉純 / 中経出版 (2013-08-28) / 12,404円 / 6 users
タグ @図書館 アート 歴史 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2018年07月15日 01時49分36秒 2018/07/15
読了: 2018年07月14日

2018/6/19 借りて読み始める。7/14 読み終わる。

浮世絵の展覧会が増えてきたように感じます。
ポスターを見ると、どれもステキ!
北斎、写楽、歌麿、広重 ならわかるけれど 他の絵師は似た名前が多くて・・・。
本書で浮世絵師の人生と作品をスッキリと知りたい。 

2018年03月02日 (金) | Edit |

タグ : 歴史 科学:生物・生命 Family mediamarker

文庫 銃・病原菌・鉄 (上・下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)



文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
ジャレド・ダイアモンド / 草思社 (2012-02-02) / 972円 / 1034 users
タグ 歴史 科学:生物・生命 Family mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 世界史
更新日:2018年03月02日 15時01分34秒 2018/03/02
2012/11/9 家族に借りる。11/25 読み始める。中断。2013/02/17 再開

2018年1月8日~ NHK Eテレ 「ダイアモンド博士の“ヒトの秘密”」
ダイアモンド博士は、「銃・病原菌・鉄」でピュリッツァー賞を受賞した進化生物学者。
人間の進化によって現代社会を考察する博士の特別授業を12回にわたって放送する。

この番組を機に、以下の本を読みます。
若い読者のための第三のチンパンジー: 人間という動物の進化と未来
ジャレド ダイアモンド, レベッカ ステフォフ / 草思社 ( 2015-12-12 )
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794221754/seaapteacucom-22/ref=nosim

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2014年 (平成26年)の干支は、 午(馬)です。
 2014 is the year of the horse in Chinese Zodiac.

人間と深く関わってきた馬、この本おもしろいんだけど、なかなか読み進みません。
 ⇒ My Pinterest Horse

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2012/11/9
「この本は、西欧よりも日本人などに、より興味深い内容だろう」というようなことが、冒頭に書かれていた。
今までおぼろに持っていた疑問が、この本でくっきり浮かび上がり、答えが見えてくるかも。
と思ったが、著者によれば、答えはないらしい。~

「アンナ・カレーニナの原則」 → Gogleで検索

じつは、「面白いよ」と薦められて、一度ハードカバーを読み始めたけれど、一旦中止。今回は、文庫で読みます!

2012/10/9
面白いよと薦められて、読み始めた。
おぼろに今まで持っていた疑問が、この本でくっきり浮かび上がり、答えが見えてくるかも。
冒頭に、著者がこの本は、西欧よりも日本人などに、より興味深い内容だろうというようなことが書かれていた。
今回は、途中で時間切れ、もう一度読みます! 

2012/11/9 家族に文庫本を借りて読んでいます。(内容はすべてこちらに転記しました。)
 ⇒ 「銃・病原菌・鉄」 草思社 (2012-02-02) 文庫 ~ pasoboのバインダー(本棚)

Amazonに詳しい内容紹介が書かれているので、あまり付け加えることもなさそうだが、
Wikipediaの 解説が的を得てわかりやすい。
ジャレド・ダイアモンドの名を一躍有名にしたのが、一般向けの書籍『銃・病原菌・鉄』である。
この著作は、あるニューギニア人との対話から起こった
 「なぜヨーロッパ人がニューギニア人を征服し、ニューギニア人がヨーロッパ人を征服することにならなかったのか?」
という疑問に対し、一つの答えとして書かれたという。
ダイアモンドは、これに対して 「単なる地理的な要因」
 (例えば、ユーラシア大陸の文明がアメリカ大陸の文明よりも高くなったのは大陸が東西に広がっていたためだから等)
という仮説を提示し、
「ヨーロッパ人が優秀だったから」という根強い人種差別的な偏見に対して反論を投げかけ、大きな反響を呼んだ。
この著作は各国語に翻訳され、世界的なベストセラーとなった。


2012/9/17 予約 9/29 借りる。10/9 読み始める。10/17 一旦中止。



 

    ♪ -- ♪ -- ♪ -- ♪

Amazonに詳しい内容紹介が書かれているので、あまり付け加えることもなさそうだが、
Wikipediaの 解説が的を得てわかりやすい。
ジャレド・ダイアモンドの名を一躍有名にしたのが、一般向けの書籍『銃・病原菌・鉄』である。
この著作は、あるニューギニア人との対話から起こった
 「なぜヨーロッパ人がニューギニア人を征服し、ニューギニア人がヨーロッパ人を征服することにならなかったのか?」
という疑問に対し、一つの答えとして書かれたという。
ダイアモンドは、これに対して 「単なる地理的な要因」
 (例えば、ユーラシア大陸の文明がアメリカ大陸の文明よりも高くなったのは大陸が東西に広がっていたためだから等)
という仮説を提示し、
「ヨーロッパ人が優秀だったから」という根強い人種差別的な偏見に対して反論を投げかけ、大きな反響を呼んだ。
この著作は各国語に翻訳され、世界的なベストセラーとなった。



2018年03月02日 (金) | Edit |

タグ : 歴史 @図書館 mediamarker

縄文人のくらし大研究 (楽しい調べ学習シリーズ)



縄文人のくらし大研究 (楽しい調べ学習シリーズ)
岡崎務 / PHP研究所 (2014-10-28) / 3,240円 / 2 users
タグ 歴史 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 歴史・地理
更新日:2018年03月02日 15時08分27秒 2018/03/02
読了: 2018年02月27日

縄文土器に興味を持っています。
さらに縄文時代のことも知りたいと本書を読み始めました。
これまで読んだ縄文土器を作ろうという本より、縄文土器のことについて しっかりした内容のことがかかれています。

友人お薦めの 博物館
・ 東京国立博物館 平成館 考古室
・ 國學院大學博物館

さらに こんなところも 行ってみたい!
・ 加曽利貝塚博物館
・ 松戸市立博物館 縄文の森 歴史博物館 千葉県松戸市
・ 国立歴史民俗博物館
・ 遺跡庭園 縄文の村 考古学博物館 東京都多摩市 · 042-373-5296

・ NPO法人国際縄文学協会


2017/12/20 借りて読み始める。2018/2/27 読み終わる。

縄文人のくらし大研究 (楽しい調べ学習シリーズ)

2018年03月02日 (金) | Edit |

タグ : 歴史 @図書館 文化 JPG 縄文


進化する縄文土器―流れるもようと区画もよう
長野県立歴史館 / 信毎書籍出版センター (2017-10-01) / 1,200円



タグ 歴史 @図書館 文化  縄文
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 歴史・地理
更新日:2018年03月02日 15時08分37秒 2018/03/02
読了: 2018年03月02日



縄文時代は1万年も続いたので、その間にいろんな変化が起こったはず。
土器も大きく変化しています。それが鮮明な写真でとても詳しくて解説された興味深い本です。

一度、長野県立歴史館に行ってみたいですね。

長野県立歴史館 平成29年度 秋季企画展
進化する縄文土器 〜流れるもようと区画もよう〜
平成29年(2017年)9月16日(土)〜11月26日(日)
約5,400年前の縄文時代中期中葉の初め、土器に土偶やヘビなどの造形をのせる「デコボコかざり」が始まりました。この時期を取り上げた「縄文土器展」(平成26年度)に続き、本展では装飾がさらに進化をとげる約5,300〜5,100年前にスポットをあてます。
この時期の土器装飾は、地域ごとの独自性を高め、華やかさを増していきました。特に、長野県中央部の八ケ岳連峰を挟み、流れるもようを軸にする東北信〜北陸、区画もようを基本とする中南信〜西関東で、驚くほど違う装飾が流行します。地域ごとに異なる感性と技を駆使して作られた土器を比べ、その特徴を感じてみてください。
縄文人たちは違いを強調する一方、土器は盛んに運ばれ、持ち込まれた土器を真似することもありました。交流を通じて、異なる文化を柔軟に採り入れ、豊かな社会を築いていった縄文人の生き方に触れていただければ幸いです。


2017/11/27 予約 11/28 借りて読み始める。12/20 途中で返却し、再度予約した。
2018/2/6 2回目を借りる 3/2 読み終わる。

進化する縄文土器 ― 流れるもようと区画もよう

2018年01月23日 (火) | Edit |

タグ : 歴史 @図書館 文化 mediamarker

縄文土器をつくる (1980年) (中公新書)

  本の表紙

縄文土器をつくる (1980年) (中公新書)
後藤 和民 / 中央公論社 (1980-07) / - / 1 users
タグ 歴史 @図書館 文化 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 古書
更新日:2018年01月23日 20時52分19秒 2018/01/23
読了: 2018年01月23日

これまで縄文土器は古代の人が作ったもの、ちょっと変わった形。
そんな程度しか意識していなかった。
陶芸教室に通い始めたので、ちょっと縄文土器風のものを作ってみたいな。
そんな軽い気持ちで 数冊の縄文土器を作ろうという本を読みました。
壺か何かできるかも~、と思って この本を読んで、衝撃。
そしてすごく恥ずかしくなりました。
それから、著者と新井司朗氏が 縄文土器の復元に深い追及をしていく様子に引き込まれていきました。
現代の縄文人のような 新井氏。
縄文時代にもやはりそんなこだわりと技術を習得した人が あの華麗な縄文土器を作ったんでしょうね。
III 土器づくりの技術 を読めば、そう簡単に 実用に耐える土器ができないことがわかります。

これまでは 博物館で何気に縄文土器をみていたけれど、これからはキット見る目が変わると思います。

また、東京国立博物館で2018年7月より、「縄文の美」に焦点を当てた特別展「縄文―1万年の美の鼓動」が開催されることが明らかになった。とのこと。
これは見逃せないです!

とにかく 本書は、著者 後藤 和民氏の 縄文土器と それを作り使った縄文時代の人への 熱い思いが伝わってくる感動の本です。 最後は思わず涙が ;;

著者の 他の本も読みます。
加曽利貝塚博物館 に 行ってみたい。

・ 千葉市:ようこそ縄文の世界 千葉市立加曽利貝塚博物館へ

参考ブログ
・ 縄文土器をつくる(後藤和民著) | 幸田蒼之助の休日 2017/05/09
・ 2007-11-18 縄文土器をつくる・その11・本の思い出 takinoiの日記

書籍
・ フィールドの学―考古地域史と博物館 単行本 – 2002/3
   後藤和民教授頌寿記念論文集編集委員会

2017/11/27 予約 11/28 借りて読み始める。2018/1/23 読み終わる。

縄文土器をつくる (1980年) (中公新書)

2017年10月11日 (水) | Edit |

タグ : アート 歴史 @図書館 mediamarker

アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュニア新書) 新書 – 2006/6/20
山村 浩二 (著)



アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュニア新書)
山村 浩二 / 岩波書店 (2006-06-20) / 1,058円 / 16 users
タグ アート 歴史 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL
更新日:2017年10月11日 15時12分12秒 2017/10/11
読了: 2017年09月25日

本書は、山村浩二さんのアニメーションの作り方や考え方が、たくさんの画像で丁寧に書かれていて すごく面白い。
文末の Q&Aでは、アニメーションを作りたい人へ、Flashの活用が進められているが、現在は Flashの変わりは何を使われているのだろう。

2017年8月5日(土)公開の映画 「山村浩二 右目と左目でみる夢」 ユーロスペース
 アニメーション作家、山村浩二による短編オムニバス。

見に行く前に 山村浩二さんのアニメーションや絵本について知っておきたい。
 残念ながら 映画は見逃しました・・・。

山村浩二の作品は知らなかったのでまず読んだのは、絵本。じっくり見ても見飽きないね。

ぱれーど (講談社の創作絵本) 山村 浩二 / 講談社 ( 2015-09-25 )

次はこれを見ました。 → 「頭山(あたまやま)」 山村浩二 - YouTube
偶然、数日前に TVでこの落語を見ていたので、すんなり入り込めたが、落語を知らなかったら 戸惑ったかも。
 落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~ - NHK
 落語愛あふれる東出昌大が「若い世代が落語を知らないなんてもったいない」と立ち上がった!
 春風亭一之輔や注目の若手落語家たちと熱く深く語り合う。
2017年8月7日(月) 午後11:00~午後11:30(30分) 
第2回は「あたま山」。
 さくらんぼを種まで食べたケチな男の頭に桜が生えて、なんとその頭の上で大勢の人たちが花見を始める。
 騒がしさに嫌気がさして男が桜を抜くと、今度は大きな池になり、魚釣りでにぎわう。
 怒り心頭に発した男は自分の頭の池に身投げしてしまう。
 落語だからこそのシュールな物語なのだが、演じるには覚悟と工夫がいる。
 ゲストの柳家花緑の実演やアニメ映画を交えて、荒唐無稽にして奥深い落語世界を語り合う。

参考 超入門!落語 THE MOVIE - NHK - NHKオンライン

2017/08/11  予約 8/18 借りる。8/21 読み始める。9/25 読み終わる。

アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュニア新書)

2016年12月22日 (木) | Edit |

タグ : 歴史 神話・伝説・民話 Family mediamarker

【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅠ 族長たちの巻 上
(文芸社文庫) 文庫 – 2011/12/2
中川 健一 (著)


【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅠ 族長たちの巻 上 (文芸社文庫)
中川 健一 / 文芸社 (2011-12-02) / 1,015円 / 8 users
タグ 歴史 神話・伝説・民話 Family mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 歴史・時代小説
更新日:2016年12月22日 12時54分45秒 2016/12/22

日本人に贈る聖書ものがたり Ⅰ~Ⅷ 

面白い本だと勧められ、借りてきました。これから読みます。

2013/06/23 借りて読み始める。 読み終わる。
2016年09月16日 (金) | Edit |

タグ : 歴史 スポーツ @図書館 mediamarker

驚異の古代オリンピック  単行本 – 2004/7/14
トニー・ペロテット (著), 矢羽野 薫 (翻訳)



驚異の古代オリンピック
トニー・ペロテット / 河出書房新社 (2004-07-14) / 30,859円 / 7 users
タグ 歴史 スポーツ @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 歴史・地理
更新日:2016年09月16日 00時41分16秒 2016/09/16

2012/6/29 予約 7/5 借りて読み始める。 8/31 読み終わらなかった。

2016/07/17 追記
もうすぐ! ブラジル 「リオデジャネイロオリンピック 開幕!」

8/5~8/21 リオデジャネイロオリンピック ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

★ 東京国立博物館 平成館 2016年6月21日(火)~9月19日(月)
 特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」
 展覧会のみどころ 「第6章 古代オリンピック」も 見逃せない!

ロンドンオリンピックの頃に、この本を読んだのですが、
途中までだったので、続きをもう一度読もうかしら。 (*^_^*)♪

オリンピック関連の本 → オリンピック

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2013/09/07~9/8 追記
結局、東京開催が決定しました!

2020年のオリンピック開催地がいよいよ発表される。
  東京か? マドリードか? イスタンブールか?
現代のオリンピックは、古代のオリンピックとはかけ離れたものになっている。
いい面もあれば悪い面もあるが、古代でも戦争そっちのけでスポーツ(勝負)に夢中になることもあった。
負のエネルギーが、正のエネルギーにるようなオリンピックパワーで世界を巻き込ん欲しい。

 オリンピック開催で失うものは大きい・・・。
 → 25年かけて取り戻したもの、今、一瞬に ~ 佐藤栄記の自然観察日記

2013/05/30 追記
 IOC(=国際オリンピック委員会)は5月29日、2020年夏のオリンピックで追加される1競技について
「レスリング」 「野球・ソフトボール」 「スカッシュ」の3つを候補に残すことを決めた。
 今回選ばれた3種目のうちどれが最後の1種目となるかは、9月にアルゼンチンで開かれるIOC総会で決まる予定。
 ⇒ 2020年夏の五輪候補の3種目が決定 ~ Myブログ「ベルルのお絵かき・ふりーく」

2013/02/13 追記
レスリングがオリンピック(五輪)の競技種目から 除外されそうだというニュースに驚きです。
特にレスリングが好きってわけではないけれど・・・、
吉田選手をはじめ大勢の日本人選手がメダルをとった種目で、オリンピックでも手に汗握って応援しました。
 ⇒ レスリングとオリンピック ~ Myブログ「ベルルのお絵かき・ふりーく」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

ロンドンオリンピック2012 開催を機に この本を手に取りました。

オリンピックの起源についての資料は、意外なことにあまり残っていないらしい。
それでも 遺跡・遺物に描かれたスポーツする人物などから いろんなことがわかってくる。
スポーツ・競争ずきのギリシア人。 戦争をほっぽり出してまで夢中になり敵国王を呆れさせたり。
面白い本だけれど、途中まで読んで 今回はお終い。
また、興味が出たら 再読しよう!


2012年7月27日に開幕するロンドンオリンピック → JOC 特集ページ
 7/27~8/12  → 公式日程

こちらもみてね ⇒ ロンドン五輪 2012 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
解説本やグッズなど、見つけました。
 ⇒ ロンドンオリンピック間近 ~ Myブログ「ベルルの欲しいなブログ」

ギリシャ神話(ギリシア神話)を読んでみよう ⇒ ギリシャ神話 ~ My本棚「pasoboのバインダー」

2016年03月26日 (土) | Edit |

タグ : アート 歴史 @図書館

バレエ・リュス その魅力のすべて
芳賀 直子 / 国書刊行会 (2009-09-25) / 3,888円




タグ アート 歴史 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エンターテイメント
更新日:2016年03月29日 19時16分40秒 2016/03/29

2016/02/24 記
 2014/08/30に本を予約してから1年半待たされて やっと順番が回ってきました。
 ん~~、「バレエ・リュス」についての情熱は・・・冷めてしまいました。
そんなときは、もう一度自分で書いたブログを読んでみるといいかも。(^o^ゞ;

2014/8/30 記
 魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展
国立新美術館(六本木) 2014年6月18日(水) ~ 9月1日(月)

2014/8/28 行きました。ステキでした!
魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」



バレエ・リュスについてもっと知りたい!

2014/08/30 予約 2016/02/24 借りる。 3/39 チラッと見るが、読まずに返却。


 
アナザー人類興亡史 -人間になれずに消滅した”傍系人類”の系譜-
(知りたい!サイエンス) 単行本(ソフトカバー) – 2011/4/21
金子 隆一 (著)



アナザー人類興亡史 -人間になれずに消滅した”傍系人類”の系譜- (知りたい!サイエンス)
金子 隆一 / 技術評論社 (2011-04-21) / 1,706円 / 39 users
タグ 科学:生物・生命 自然・人類 歴史 @図書館 科学:恐竜と古生物・化石 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 科学・テクノロジー
更新日:2016年01月21日 23時08分15秒 2016/01/21

2015/7/21~11/8~ 追記

国立科学博物館 2015年7月7日(火)~10月4日(日)
 生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-

NHKスペシャル 生命大躍進

2015年7月21日(火)関連のイベントに行きました。
 『生命大躍進』DNAから考える私たちの成り立ち (講師:篠田謙一)
篠田先生のお話で、「ホモ・サピエンスとネアンデルタール人」の新しい研究成果も紹介されました。
展覧会に行くがすごく楽しみ!

「生命大躍進」展へ行こう ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

「アフリカで誕生した猿人が、さまざまな淘汰を繰り返しながらホモ・サピエンスへと進化した過程」では、
もう一つの人類候補がいたんだそうです。
それが、ネアンデルタール人。

TVを見て この本を読んだことを思い出しました。

今回読んでみると、「イーダ」のことにも言及しています。(懐疑的な記述です)
前回読んだ時は、インパクトがなく記憶に無いけれど、以下の本も著者の参考文献に入っています。
ザ・リンク―ヒトとサルをつなぐ最古の生物の発見
コリン タッジ / 早川書房 ( 2009-09 )

2015/07/21 2回め予約 7/28借りる。11/7 読み始める 2016/01/21 今回も中断。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2011/8/3 記

2011/6/29 予約 8/3 借りて読み始める。12/12 あと少しで中断
電脳会議 VOL143(2011)より
 絶滅したネアンデルタール人が街を歩いていたら? ―語りかける,傍系人類の興亡史―

人類の祖先を探す学者たちの研究が、紹介されている。
が、現在 まだ謎は多い・・・。

映画 「サルの惑星」などをみると 考えさせられるし、
アフリカで絶滅に瀕しているゴリラのことも、気がかり。
2016年01月17日 (日) | Edit |

タグ : 歴史 @図書館 mediamarker

図解 ダ・ヴィンチの謎 単行本 – 2004/9/2
田辺 清 (監修)




図解 ダ・ヴィンチの謎
田辺 清 / 宝島社 (2004-09-02) / 1,080円 / 10 users
タグ 歴史 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ノンフィクション
更新日:2016年01月17日 19時47分47秒 2016/01/17
読了: 2016年01月17日

レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦

江戸東京博物館 2016年1月16日(土)~4月10日(日) 公式ホームページ

面白そう! またまた、ダ・ヴィンチさんに、ハマりそう。(*^_^*)♪

「レオナルド・ダ・ヴィンチ 天才の挑戦」へ行こう ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

今回注目の作品《糸巻きの聖母》は、イギリスの貴族バクルー公爵家が所蔵し、レオナルドの故郷イタリア、作品のあるイギリス以外の場所では初めて出品されることになりました。
2009年にようやく、スコットランド・ナショナル・ギャラリーで一般公開されることになった至宝です。

 「糸巻きの聖母」について → Wikipedia
スコットランドのバクルー公爵家が所蔵する通称「バクルーの聖母」と、
プライベートコレクションの通称「ランズダウンの聖母」と呼ばれる二点のバージョンがある。
今回展示される「バクルーの聖母」は、
2003年に旅行者を装った二人組によってドラムランリグ城から盗み出された。
2007年には発見され、2009年以来、スコットランド国立美術館に展示されていますが、
盗難事件はちょっとミステリアスです。

(2004年9月発行の本書では、”現在行方不明”と書かれています。)

また、ダ・ヴィンチの頃は作品を一人で制作するわけではなく工房で制作していました。
今回展示される 本人が描いた 「直筆ノート」や「素描」はとっても貴重な作品だそうです!

冒頭の 『作家「高橋克彦」が語る人間レオナルド・ダ・ヴィンチの謎』で、これまでとちがったダ・ヴィンチ像が見えてきて、面白かった。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2006年5月ごろからしばらくは、「ダ・ヴィンチ・コード」にすっかりはまっていました。

 ⇒ 「ダ・ヴィンチ・コード」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

読んだ本 ⇒ 「ダ・ヴィンチ・コード」関連 ~ 文学・歴史:koishi-2018の本棚

2016/01/11 予約 1/17 借りて読み始め、一気に読み終わる。