FC2ブログ
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅢ 契約の民の巻 上
(文芸社文庫) 文庫 – 2012/2/2
中川 健一 (著)



【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅢ 契約の民の巻 上 (文芸社文庫)
中川 健一 / 文芸社 (2012-02-02) / 1,080円 / 3 users
タグ 歴史 哲学・思想・心理 神話・伝説・民話 Family mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 宗教
更新日:2016年12月22日 13時13分09秒 2016/12/22

日本人に贈る聖書ものがたり Ⅰ~Ⅷ 

面白い本だと勧められ、借りています。

2019/1/16 映画 「十戒」 を TV で見ました。
 本書を 読み返したい。

2015年1月30日(金)公開の映画「エクソダス:神と王」を見ました。
クリスチャン・ベールがモーゼ役を、ジョエル・エドガートンがラムセス役を演じる。
監督はリドリー・スコット。


「出エジプト」もう一度この本を読みたくなった。

2013/06/23 借りる。 2015/03/13 読み始める。 読み終わる。
【文庫】 日本人に贈る聖書ものがたりⅣ 契約の民の巻 下
(文芸社文庫) 文庫 – 2012/2/2
中川 健一 (著)



神話・伝説・民話 , Family
更新日は2017/8/10 ・ 登録日は2017/8/7
2013/06/23 借りる。2017/8/7 何回目かを読み始める。 読み終わる。

METオペラ「ナブッコ」は、旧約聖書に基づいた若きヴェルディの出世作。
戦に敗れ、バビロンに連行されたヘブライ人たちの運命は? という『バビロン捕囚』に絡んだストーリー。
MET2017「ナブッコ」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

西欧人のベースに聖書があればこそ、荒唐無稽なオペラのストーリーにも暗黙の何かがありそうです。
オペラを見る前に 『バビロン捕囚』について おさらいしたい。
下記の本では、一言しか触れられていないので、本書でもうすこしわかるといいかと、ポイントを拾い読みしました。
この本の最後のほうにかかれている「バビロン捕囚」を読んでMETオペラ「ナブッコ」を見たのは、正解だった。

旧約聖書 (まんがで読破)
バラエティアートワークス / イースト・プレス ( 2010-11-01 )

第4部 王国の崩壊 の最後のほうに 「バビロン捕囚」が述べられています。
 (南北分裂、北王国の崩壊、南王国の崩壊、バビロン捕囚)

 神と契約をしたのにそれを忘れてしまう人々。 
 警告し神の言葉を伝えようとする預言者は、人々には受け入れられず・・・。
 そんなことが繰り返されるが、本書の最後は希望で終わっている。 

史実と旧約聖書と著者の解釈が混ざって書かれていて、どれが史実なのかなぁと思うこともありますが、
日本の歴史を引き合いに出しているところなど、なるほどと思える手助けになっています。