FC2ブログ
2014年07月24日 (木) | Edit |

タグ : 歴史 アート *人気!?予約で待たされる @図書館

ヘンな日本美術史
山口 晃 / 祥伝社 (2012-11-01) / 1,944円



タグ 歴史 アート *人気!?予約で待たされる @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2014年07月24日 20時50分13秒 2014/07/24
読了: 2014年07月24日

最初は、ふんふんと思ってみていた絵が、著者の解説で目からうろこ。
というか見るポイントがわかり、俄然興味がでてきます
すごく面白い本です!

 雪舟といえば、「涙で鼠を描く」エピソードを知っているくらいでしたが、
こんな力強く独創的な絵を描いたとは。
美術展では見ているのでしょうが、イマイチ注目していなかった。
次に見る機会があったら、この本を思い出して、鑑賞したいと思いました。

 なにより観点が変わったのが、「洛中洛外図」

 下手な絵と詩て紹介されている「松姫物語絵巻」実物を見てみたい → 松姫物語 | 東洋大学
 私や水彩画の仲間はもっと下手な気がするし・・・。(^^ゞ

 河鍋暁斎は、弟子のコンドルとの関係が、日曜美術館で紹介されていました。
筆力・写生力は群を抜いており、海外でも高く評価されていたわりには、あまり馴染みがなかった。
これから注目したい。 → 河鍋暁斎記念美術館

 品川 長徳寺 の 六道絵 ふだんは公開されていないようです。

2013/12/11  予約 2014/07/01 借りる。 7/12 読み始める。7/24 読み終わる。

2014年02月10日 (月) | Edit |

タグ : 歴史 アート @図書館

飛天の道―東洋の各地に舞う天人・天女たち (Shotor Museum)
吉永 邦治 / 小学館 (2000-10) / 1,785円



タグ 歴史 アート @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2014年02月10日 13時04分51秒 2014/02/10

サントリー美術館で開催された 「平等院鳳凰堂 平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」をみて、興味が出てきました。 
平等院鳳凰堂「天上の舞 飛天の美」展 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

飛天の歴史 美しい姿 もっと知りたい!

この本には、インド、東南アジア、シルクロード、中国、朝鮮、日本の遺跡の写真が
 「飛天」に絞り込んで紹介されています。
壁画などに描かれた飛天のうち、古くて判別しにくいものは、
著者のスケッチやイラストが描かれていて、イメージが膨らみます。

これまでも遺跡の話や写真には関心があったけれど、
ターゲットを「飛天」に絞り込んであるので、すごく新鮮!
地方や文化、仏教の変遷によって 飛天の意味も美しさも違っているんですね。
 天から降りてくる軽やかな飛天。 
 仏の周りを飛び交う美しい飛天。
 人間性のある暖かい雰囲気の飛天

飛天から連想する「天女」では「羽衣伝説」が思い浮かびます。
その他にもたくさんの民話のなかに、じつはたくさん「飛天」が登場しているんですね。
天にあこがれながら、人間世界で生きることが、飛天を象徴として語り継がれてきたのだなぁと思いました。

2014年2月に開催されてた「テーブルウェア・フェスティバル2014」では、
テーブルセッティング作品の一つに、飛天が飛んでいるのを見つけて 嬉しくなりました~。
「テーブルウェア・フェスティバル2014」に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」



2014/01/16 予約 2014/01/25  借りる。1/26 読み始める。 2/8 読み終わる。

2013年07月09日 (火) | Edit |

タグ : アート 文化 歴史 @図書館

江戸300年の女性美 化粧と髪型 (大江戸カルチャーブックス)
村田孝子 / 青幻舎 (2007-10-20)



タグ アート 文化 歴史 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌
更新日:2013年07月09日 12時19分22秒 2013/07/09
読了: 2013年07月09日

 国立科学博物館 日本館1階企画展示室 4月9日(火)~6月16日(日)
  からだが語る「大江戸の文化」 江戸人展

イベント 6/2 「現代人女性を江戸美人に/髪型・化粧・鉄漿(おはぐろ)まで再現!」
2013/6/2 展示とイベントに行きました。 面白かった。
 
 ⇒ 「江戸人展と化粧・髪結いイベントに行く」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

もう一冊の「 結うこころ―日本髪の美しさとその型」を先に読んだので、わかりやすく面白かった。
今後は、浮世絵や歌舞伎、時代劇などで髪型を見るときには、ちょっとこだわって見ることができそう。(*^_^*)♪

2013/06/03 予約 6/5 借りる。7/8 読み始める。7/9 読み終わる。

2013年07月05日 (金) | Edit |

タグ : 科学:理数工学 アート @図書館 mediamarker

ハーモノグラフ:和音が織りなす美しい図像 (アルケミスト双書) 単行本 – 2013/6/21
A・アシュトン (著), 山田 美明 (翻訳)



ハーモノグラフ: 和音が織りなす美しい図像 (アルケミスト双書)
A・アシュトン / 創元社 (2013-06-21) / 1,296円 / 6 users
タグ 科学:理数工学 アート @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌
更新日:2013年07月05日 16時46分42秒 2013/07/05
読了: 2013年07月04日
 
図書館の新刊棚で素敵な本を見つけました。
ハーモノグラフ(Harmonograph) ? 初めて聞くけれど、19世紀の西欧では、一家に一台!? 大人気っだだそうです。
その描く線は、音とのコラボ。 美しく目眩がしそう ♪
和音の基本から、丁寧な解説。 巻末には 作り方も載っています。

どんなものか、You Tube の動画を 見つけました。
 → Three Pendulum Rotary Harmonograph

 → 科学技術館|サイエンス友の会: 080308:ハーモノグラフを作ろう

器械が描くから面白いのだけど、コンピューターでも描くことはできます。
 → 「Harmonograph.js」 ハーモノグラフをJavaScriptでシミュレートしたもの。 作者ブログ

ピュタゴラスの和音と数の結びつきや宇宙についての考え にも興味が出て来ました。   Wikipedi → ピタゴラス ・ ピタゴラス音律
 → ピュタゴラスの音楽

・ リサジュー図形 - Wikipedia

2013/07/04 借りて読み始め、一気に読み終わる。