FC2ブログ
2019年06月02日 (日) | Edit |

タグ : @図書館 アート

知識ゼロからの近代絵画入門 単行本 – 2019/3/7 山田 五郎 (著)



知識ゼロからの近代絵画入門

ISBN 978-4-344-90336-4

2019/04/28  予約  2019/06/02 借りて読み始める

いつも楽しく見ているTV番組 「ぶらぶら美術・博物館 」 の 山田 五郎氏の本が出たというので、
さっそく 読みます。
 
知識ゼロから なので 安心して 読めますね。
豊富な絵とわかりやすい解説。 
 
以前読んだ 同じ著者の本
 ⇒ Myブログ:知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決 2018年08月14日
 
2019年04月03日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 アート

辻 惟雄 (つじ のぶお) の 『奇想の系譜』 の展覧会が 開催されています。

【公式】 奇想の系譜展 江戸絵画 ミラクルワールド
2019年2月9日(土) ~ 4月7日(日)  東京都美術館

岩佐又兵衛狩野山雪伊藤若冲曽我蕭白長沢蘆雪歌川国芳 の6人に、
白隠慧鶴鈴木其一 を加えた8人の代表作 (Wikipediaにリンク)

展覧会へ行く前に 本を読みたい!
図書館だとかなりの予約待ち・・・ と話したら、友人が 貸してくれました。 ありがとう。

1968年の『美術手帳』 7月号から12月号にかけて連載された 
 <奇想の系譜 - 江戸のアヴァンギャルド> に 加筆して出版された本が 初版(1989年) 。

その18年後に出た新版が この本です。
奇想の系譜―又兵衛―国芳 単行本 – 1988/6 辻 惟雄 (著)

本芭蕉さん:奇想の系譜カバー左右合成圧縮なし_500
  (クリックで拡大します)

登場するのは、岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢蘆雪、歌川国芳

今一番人気は、伊藤若冲かしら。
 ⇒ 伊藤若冲 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

歌川国芳 ~ 浮世絵の新時代を手に入れろ! 幕末に生き、時代を追い抜いた江戸っ子絵師

ごちゃごちゃして覚えきれない 浮世絵師たちの名前がスッキリわかる本
 ⇒ Myブログ:UKIYOE17

こちらも見てね
 ⇒ 浮世絵 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

他にも 文庫本もありますし、今話題になっているので 2019年の新版も出ています。

・ 奇想の系譜―又兵衛―国芳 単行本 – 1988/6 辻 惟雄 (著)
・ 奇想の系譜  (ちくま学芸文庫)  文庫 – 2004/9/9  辻 惟雄 (著)
・ 新版 奇想の系譜 大型本 – 2019/2/4

  

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

【公式】 奇想の系譜展 江戸絵画 ミラクルワールド
2019年2月9日(土) ~ 4月7日(日) 東京都美術館

イベント 
・ NHK主催展覧会関連文化講演会
2019/3/5(火) 14時~
古石場文化センター 大研修室
講師 中原淳行 (東京都美術館 事務係長 学芸員)

・ 映画上映会 山中常盤-牛若丸と常盤御前 母と子の物語-
2019年3月9日(土) 11:30/14:30 【各回上映100分】
東京都美術館 講堂 (交流棟 ロビー階/定員225名)
本展出品作品の岩佐又兵衛 《山中常盤物語絵巻》 を題材にした 羽田澄子監督による2004年の美術映画。
近世初期に活躍した絵師・岩佐又兵衛の作とされる絵巻物 『山中常盤』に、音楽とナレーションを付けた作品。
牛若丸による母の仇討ちを綴った、全長150メートルにも及ぶ色彩豊かな豪華絵巻を 大画面で堪能できる貴重なチャンスだ。

映画 チラシ 「山中常盤-牛若丸と常盤御前 母と子の物語-」 羽田澄子監督 2004年の美術映画



  

参考
・  2017-03-24 奇想の絵師 岩佐又兵衛 山中常盤物語絵巻@MOA美術館
・ 所蔵企画展 又兵衛 山中常盤物語絵巻
賊に殺された母の仇を討つ、牛若丸の激闘。 岩佐又兵衛の絵巻では最高傑作といわれる重要文化財 《山中常盤物語絵巻》

2019年03月20日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本 アート

駝鳥
(Children & YA Books) 単行本 – 2015/9/4
筒井 康隆 (著), 福井 江太郎 (著)



2019/02/25 予約  2019/03/19 借りて一気に読み終わる (2回読みました)
 
2019/2/24 「絵本にみる日本画」展へ行きました。
当日のアーティスト・トークに登場したのは、今人気の日本画家 福井江太郎氏です。
会場には 絵本「駝鳥」の原画のほか 沢山の作品が飾られていて、興味深い話を聴きました。
なかでも、 絵本「駝鳥」のストーリーは エグいが、子どもたちは純粋に読んでくれる。 と言う話が印象深い。

 ん~~、純粋にかぁ。 考えちゃうよねぇ。 

 ⇒ 「絵本にみる日本画」展へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
ストーリーも挿絵のページを繰るごとに ドキドキします。
表紙のキョトンとした顔つきの駝鳥は、どうなっていくのか? 

この本を先に読みました。 ⇒ Myブログ:福井江太郎作品集「花」

 
 

筒井 康隆の作品 は たくさんありますね。

  

2019年03月13日 (水) | Edit |

タグ : @図書館 ◆児童文学と絵本 アート

海女の珠とり―海士 (お能の絵本シリーズ (第1巻)) 大型本 – 2002/4
片山 清司 (著)  岡村桂三郎 絵



2019/2/24 佐藤美術館の「絵本にみる日本画」展へ 行きました。
 ⇒ 「絵本にみる日本画」展へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
岡村桂三郎 さんの 素敵な絵本の原画を見て、絵本を読みたくなりました。

2019/02/25  予約  2019/03/06  借りて 一気に読む。
 
この絵本は、能のストーリーをもとに作られています。
お能を 調べてみましょう!

能 海士 ― あま ―

唐の国の皇帝の后になったときに贈られたの3つの宝
ちょっと気になりますね!

1 ひとりでに美しい音が出る 華原磬(かげんけい)という石の楽器、
2 墨をすれば水がしたたる 泗浜石(しひんせき)という硯(すずり)、
3 面向不背(めんこうふはい)の珠
 
絵本の物語は、龍に奪われた3つ目の宝珠を 取り戻しに行く 海女(母) の 命がけの冒険が、
妙に静かな画面で それでいて ハラハラするような 深みのある タッチで描かれています。

深い深い海と底に住む異界の生き物たち。
一方では 陸に住む 父と母と子供(息子) の強く悲しい運命と愛情。
原画は、やはり迫力がありましたが、絵本もステキでしたよ。
図書館で 多くの子供達に読まれ、古ぼけた絵本。 
おとなになってから読み返すのもいいですね。
 
2019年03月12日 (火) | Edit |

タグ : @図書館 アート

福井江太郎作品集「花」 大型本 – 2009/4/1
福井 江太郎 (著)



2019/2/24 佐藤美術館の「絵本にみる日本画」展へ 行きました。
 ⇒ 「絵本にみる日本画」展へ ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
福井 江太郎 さんの 素敵な日本画を見て、駝鳥以外の絵を見たくなりました。

2019/02/25  予約  2019/03/06  借りる。 作品の写真をみて 解説をざっと読む。
色んな分野で活躍している様子ものっていて 現代人気の日本画家の活躍がわかります。
機会があれば 展覧会を見に行きたい!
 
2018年09月27日 (木) | Edit |

タグ : ◆まんが アート @図書館 mediamarker

YASUJI東京 (ちくま文庫)



YASUJI東京 (ちくま文庫)
杉浦 日向子 / 筑摩書房 (2000-03-01) / 734円 / 34 users
タグ ◆まんが アート @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 画家・写真家・建築家
更新日:2018年09月27日 22時42分23秒 2018/09/27
読了: 2018年09月27日

2018/08/12 予約 9/26 借りて読み始める。 9/27 読み終わる。

先日 なんかの展覧会で 「風景画家 井上やすじ」の絵を見ました。
合わせてTV番組でも やすじの絵を見て興味が出たところで、友人がこの本をすすめてくれました。
 → NHK 日曜美術館 「2018-05-13 日曜美術館「東京の原風景~夭折(ようせつ)の絵師・井上安治が描いた明治」

大好きな 杉浦日向子の 漫画です!
アンニュイな感じで 摩訶不思議な世界に引き込まれます。

この本では、チラ見?できる 井上安治の絵を ちゃんと見たいと思って調べました。

 → 東京ガス : GAS MUSEUM ガスミュージアム / 明治錦絵の世界

・ 明治東京名所絵 色刷り 井上安治/画 角川書店 (1981.11)
・ 色刷明治東京名所絵 井上安治 角川書店 (1981.00)

・ 『井上安治描く明治の上野・浅草 わが町の記録』 ~ 台東区立台東図書館/編 台東区教育委員会 (1992.11)
 これは、図書館では 貸出不可になっています。(深川図書館で閲覧できるのかな?)

安治の師匠 小林清親 の本も探しました。 → 小林清親(Amazon)

本書後半は、杉浦 日向子の 単行本未収録作品が併録されていますが、これがまた面白い。
この世とあの世の間を垣間見る不思議な感覚が、これぞ杉浦日向子ワールド。

2018年08月14日 (火) | Edit |

タグ : アート 歴史 @図書館 mediamarker

知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決



知識ゼロからの西洋絵画 困った巨匠対決
山田 五郎 / 幻冬舎 (2018-03-08) / 1,404円 / 6 users
タグ アート 歴史 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ノンフィクション
更新日:2018年08月14日 18時44分00秒 2018/08/14
読了: 2018年08月14日

2018/04/11  予約 6/22 借りる。6/5 読み始める。8/14 読み終わる。

数年前から毎週見ている「ぶらぶら美術・博物館」
「ぶらぶら」をナビしてくれるのは、名解説が冴える山田五郎さん。
「BS日テレ - 「ぶらぶら美術・博物館」番組サイト

新刊が出たと番組最後でお知らせがあったので さっそく読みました。

ペアとして紹介される巨匠たち。なるほどな組み合わせです。
それぞれの生きざまと作品が 名解説で紹介され、面白いです。

『偉大な天才のダメッぷり。同時代の2人の巨匠を比較!画家の人間性に迫る。』

2018年07月14日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 アート 歴史 mediamarker

UKIYOE17



UKIYOE17
堀口 茉純 / 中経出版 (2013-08-28) / 12,404円 / 6 users
タグ @図書館 アート 歴史 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2018年07月15日 01時49分36秒 2018/07/15
読了: 2018年07月14日

2018/6/19 借りて読み始める。7/14 読み終わる。

浮世絵の展覧会が増えてきたように感じます。
ポスターを見ると、どれもステキ!
北斎、写楽、歌麿、広重 ならわかるけれど 他の絵師は似た名前が多くて・・・。
本書で浮世絵師の人生と作品をスッキリと知りたい。 

2018年06月13日 (水) | Edit |

タグ : アート ◆児童文学と絵本 @図書館 mediamarker

ヴァージニア・リー・バートンの世界:『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』の作者



ヴァージニア・リー・バートンの世界: 『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』の作者
ギャラリーエークワッド / 小学館 (2018-03-14) / 2,052円 / 5 users
タグ アート ◆児童文学と絵本 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌
更新日:2018年06月13日 18時38分02秒 2018/06/13
読了: 2018年06月13日

2018/06/02  予約 6/2 借りる。6/6 読み始める。6/13 読み終わる。
 
友人に教えてもらって 読みました。

元気いっぱいでかわいい絵本。 時代の変化をしっかり見つめています。
女性が仕事をするのが難しかった時代、精いっぱいチャレンジし、仲間を増やしていったバートン。
息子たちのために書いた絵本、お母さんとしてもステキな人です。
最後は、生命の歴史の壮大な絵本を完成させるのですが、下絵の恐竜がユーモラス。

本書はテキスタイルの写真も豊富で、とても面白い!

ちょっとこの本も読んでみたい。
 深読み! 絵本『せいめいのれきし』 (岩波科学ライブラリー) 単行本(ソフトカバー) – 2017/4/14 真鍋 真 (著)

ヴァージニア・リー・バートンの世界: 『ちいさいおうち』『せいめいのれきし』の作者

ヴァージニア・リー・バートン(Virginia Lee Burton) → バージニア・リー・バートン - Wikipedia

会期・会場:2017年6月1日~8月9日 ギャラリーエークワッド
『ヴァージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」- 時代を超えて生き続けるメッセージ -』展のリーフレット → パンフレット


2017年10月11日 (水) | Edit |

タグ : アート 歴史 @図書館 mediamarker

アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュニア新書) 新書 – 2006/6/20
山村 浩二 (著)



アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュニア新書)
山村 浩二 / 岩波書店 (2006-06-20) / 1,058円 / 16 users
タグ アート 歴史 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / コミック・ラノベ・BL
更新日:2017年10月11日 15時12分12秒 2017/10/11
読了: 2017年09月25日

本書は、山村浩二さんのアニメーションの作り方や考え方が、たくさんの画像で丁寧に書かれていて すごく面白い。
文末の Q&Aでは、アニメーションを作りたい人へ、Flashの活用が進められているが、現在は Flashの変わりは何を使われているのだろう。

2017年8月5日(土)公開の映画 「山村浩二 右目と左目でみる夢」 ユーロスペース
 アニメーション作家、山村浩二による短編オムニバス。

見に行く前に 山村浩二さんのアニメーションや絵本について知っておきたい。
 残念ながら 映画は見逃しました・・・。

山村浩二の作品は知らなかったのでまず読んだのは、絵本。じっくり見ても見飽きないね。

ぱれーど (講談社の創作絵本) 山村 浩二 / 講談社 ( 2015-09-25 )

次はこれを見ました。 → 「頭山(あたまやま)」 山村浩二 - YouTube
偶然、数日前に TVでこの落語を見ていたので、すんなり入り込めたが、落語を知らなかったら 戸惑ったかも。
 落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~ - NHK
 落語愛あふれる東出昌大が「若い世代が落語を知らないなんてもったいない」と立ち上がった!
 春風亭一之輔や注目の若手落語家たちと熱く深く語り合う。
2017年8月7日(月) 午後11:00~午後11:30(30分) 
第2回は「あたま山」。
 さくらんぼを種まで食べたケチな男の頭に桜が生えて、なんとその頭の上で大勢の人たちが花見を始める。
 騒がしさに嫌気がさして男が桜を抜くと、今度は大きな池になり、魚釣りでにぎわう。
 怒り心頭に発した男は自分の頭の池に身投げしてしまう。
 落語だからこそのシュールな物語なのだが、演じるには覚悟と工夫がいる。
 ゲストの柳家花緑の実演やアニメ映画を交えて、荒唐無稽にして奥深い落語世界を語り合う。

参考 超入門!落語 THE MOVIE - NHK - NHKオンライン

2017/08/11  予約 8/18 借りる。8/21 読み始める。9/25 読み終わる。

アニメーションの世界へようこそ―カラー版 (岩波ジュニア新書)

2017年03月05日 (日) | Edit |

タグ : アート 工芸 @図書館

京七宝 並河靖之作品集―清水三年坂美術館コレクション 大型本 – 2008/9/1
村田 理如 (著)



京七宝 並河靖之作品集―清水三年坂美術館コレクション
村田 理如 / 淡交社 (2008-09-01) / 30,240円 / 2 users
タグ アート 工芸 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2017年03月05日 13時06分11秒 2017/03/05
読了: 2017年02月28日

・ 東京都庭園美術館 1月14日(土)~ 4月9日(日)
 並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性
 繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家 並河靖之、没後90年を記念する回顧展。

最初は、七宝がこんなに素晴らしいとは知らなかったが、
友人一押しの 並河靖之 の作品。
展覧会に行く前に 下調べを兼ねて 本書を読みました。
あまりの美しさに、全頁を 舐めるがごとくじっくりと数回鑑賞。
作品の説明書きが、他作品もすぐ見比べられるように配慮されていて、素晴らしいです。
大きな本で、写真もすごく美しいし、前書きもあとがきも 素晴らしい文章です。

もし、一点 もらえるとしたら・・・、(*^_^*)♪
 バーダーとしては、雉のツボか、鷹がTOPにつけられたツボ でしょうか。 
 ガーデナーとしては、後期の藤の花と葉がリアルなツボ。
 ガーリーな視点では、名刺入れですね。

上記の 「並河靖之七宝展」にも、本書に載った作品が 多数展示されていて、
実物は さすが、美しかった!

京都の 「清水三年坂美術館」に行ってみたくなりました! → 清水三年坂美術館 - Wikipedia

京七宝 並河靖之作品集 ― 清水三年坂美術館コレクション

本書に掲載された作品の写真は、以下のページで見ることができます
清水三年坂美術館
 ●「明治の七宝」(2016.5/20~2016.8/14)
 ●「明治の七宝」(2011.11/25~2012.2/19)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2004.12.1-2005.2.27)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2003.3.1-2003.6.1)
 ●「明治の有線七宝名品展」(2002.3.2-2002.5.30)


2017/02/21  予約 2/28 借りて読み始め、じっくり読み終わる。
2016年08月04日 (木) | Edit |

タグ : アート @図書館 PNG

鏝絵(こてえ)―消えゆく左官職人の技 (Shotor Museum)
藤田 洋三 / 小学館 (1996-11) / 1,577円



タグ アート @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2016年08月04日 23時25分51秒 2016/08/04
読了: 2016年08月04日

古石場文化センターに行ったら、鏝絵と入江長八の紹介ビデオが流れていて、
すっかり 魅了されてしまいました。

 古石場文化センター Facebook より

 左官芸術・鏝絵(こてえ)~名匠・入江長八は深川に居た~

 漆喰(しっくい)を用いて盛り上げた造形を作る鏝絵(こてえ)。左官の職人技術から派生した「芸術」です。
多くは左官職人が活躍する建築内部の装飾に取り入れられました。
 絵画とも彫刻ともいえる鏝絵にスポットをあてると共に、幕末・明治前期に深川で活躍した、知る人ぞ知る鏝絵の名匠「伊豆の長八」こと、入江長八も紹介します。

<日程、内容・講師>
5月30日(月) 「左官仕上げの歴史、漆喰装飾について」
          講師:齋藤金次郎(東京都立城東職業能力開発センター 主任)

6月13日(月) 「長八の技術について、鏝絵技術の分析調査」
          講師:齋藤金次郎(東京都立城東職業能力開発センター 主任)

7月31日(日) 「生誕200年深川の偉人・入江長八」  講師:近藤二郎(伊豆長八作品保存会 会長)
8月29日(月) アーティストトーク 鈴木真由美(アーティスト)
9月26日(月) 「日本全国・様々な鏝絵と職人たち」 講師:藤田洋三(写真家)


初めて聞く鏝絵って何? →  こて絵 - Wikipedia ・ 入江長八 - Wikipedia

西洋のフレスコ画にも匹敵する 素晴らしい芸術だそうです。
うれしいのは、入江長八ゆかりの 伊豆松崎町の子どもたちが、学校で鏝絵を書いていること。
ぜひ、伊豆松崎町の 「長八美術館」・ 「長八記念館」へ行ってみたい!

この本は、「鏝絵」がずらり掲載されていて すごく面白い!
日本中に漆喰壁と鏝絵のある建物がまだ残されていますが、これからはもう建てられることは殆ど無いでしょう。
伊豆松崎町の美術館や縁の地を訪ねてみたい。
まずは、都内の見学から! GO!!

2016/07/26 借りて読み始める。8/4 読み終わる。

鏝絵(こてえ)―消えゆく左官職人の技 (Shotor Museum)

2016年03月26日 (土) | Edit |

タグ : アート 歴史 @図書館

バレエ・リュス その魅力のすべて
芳賀 直子 / 国書刊行会 (2009-09-25) / 3,888円




タグ アート 歴史 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エンターテイメント
更新日:2016年03月29日 19時16分40秒 2016/03/29

2016/02/24 記
 2014/08/30に本を予約してから1年半待たされて やっと順番が回ってきました。
 ん~~、「バレエ・リュス」についての情熱は・・・冷めてしまいました。
そんなときは、もう一度自分で書いたブログを読んでみるといいかも。(^o^ゞ;

2014/8/30 記
 魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展
国立新美術館(六本木) 2014年6月18日(水) ~ 9月1日(月)

2014/8/28 行きました。ステキでした!
魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」



バレエ・リュスについてもっと知りたい!

2014/08/30 予約 2016/02/24 借りる。 3/39 チラッと見るが、読まずに返却。


 
2015年10月20日 (火) | Edit |

タグ : アート ガーデニング @図書館



きょうの花活け: 花あしらい101の見本帖。花と鎌倉とウーロンと。
CHAJIN / 誠文堂新光社 (2015-10-02) / 1,404円



タグ アート ガーデニング @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 趣味・実用
更新日:2015年10月20日 23時53分11秒 2015/10/20
読了: 2015年10月20日

新刊棚で見つけて、読み始める。
1輪をさり気なく飾ったものから、2色の花、ドライまで 小さくシンプルなものまでの写真集。
お花は、わりとよくあるもの。器がオシャレ。

こんなの私でもやってるよ~、と思いつつ、全部眺めました。
帰宅したら、さっそく 「花活け」しましたよ!

 

2015/10/20 借りて読み始め、一気に読み終わる。

2014年07月24日 (木) | Edit |

タグ : 歴史 アート *人気!?予約で待たされる @図書館

ヘンな日本美術史
山口 晃 / 祥伝社 (2012-11-01) / 1,944円



タグ 歴史 アート *人気!?予約で待たされる @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2014年07月24日 20時50分13秒 2014/07/24
読了: 2014年07月24日

最初は、ふんふんと思ってみていた絵が、著者の解説で目からうろこ。
というか見るポイントがわかり、俄然興味がでてきます
すごく面白い本です!

 雪舟といえば、「涙で鼠を描く」エピソードを知っているくらいでしたが、
こんな力強く独創的な絵を描いたとは。
美術展では見ているのでしょうが、イマイチ注目していなかった。
次に見る機会があったら、この本を思い出して、鑑賞したいと思いました。

 なにより観点が変わったのが、「洛中洛外図」

 下手な絵と詩て紹介されている「松姫物語絵巻」実物を見てみたい → 松姫物語 | 東洋大学
 私や水彩画の仲間はもっと下手な気がするし・・・。(^^ゞ

 河鍋暁斎は、弟子のコンドルとの関係が、日曜美術館で紹介されていました。
筆力・写生力は群を抜いており、海外でも高く評価されていたわりには、あまり馴染みがなかった。
これから注目したい。 → 河鍋暁斎記念美術館

 品川 長徳寺 の 六道絵 ふだんは公開されていないようです。

2013/12/11  予約 2014/07/01 借りる。 7/12 読み始める。7/24 読み終わる。

2014年02月10日 (月) | Edit |

タグ : 歴史 アート @図書館

飛天の道―東洋の各地に舞う天人・天女たち (Shotor Museum)
吉永 邦治 / 小学館 (2000-10) / 1,785円



タグ 歴史 アート @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / アート・建築・デザイン
更新日:2014年02月10日 13時04分51秒 2014/02/10

サントリー美術館で開催された 「平等院鳳凰堂 平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」をみて、興味が出てきました。 
平等院鳳凰堂「天上の舞 飛天の美」展 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

飛天の歴史 美しい姿 もっと知りたい!

この本には、インド、東南アジア、シルクロード、中国、朝鮮、日本の遺跡の写真が
 「飛天」に絞り込んで紹介されています。
壁画などに描かれた飛天のうち、古くて判別しにくいものは、
著者のスケッチやイラストが描かれていて、イメージが膨らみます。

これまでも遺跡の話や写真には関心があったけれど、
ターゲットを「飛天」に絞り込んであるので、すごく新鮮!
地方や文化、仏教の変遷によって 飛天の意味も美しさも違っているんですね。
 天から降りてくる軽やかな飛天。 
 仏の周りを飛び交う美しい飛天。
 人間性のある暖かい雰囲気の飛天

飛天から連想する「天女」では「羽衣伝説」が思い浮かびます。
その他にもたくさんの民話のなかに、じつはたくさん「飛天」が登場しているんですね。
天にあこがれながら、人間世界で生きることが、飛天を象徴として語り継がれてきたのだなぁと思いました。

2014年2月に開催されてた「テーブルウェア・フェスティバル2014」では、
テーブルセッティング作品の一つに、飛天が飛んでいるのを見つけて 嬉しくなりました~。
「テーブルウェア・フェスティバル2014」に行く ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」



2014/01/16 予約 2014/01/25  借りる。1/26 読み始める。 2/8 読み終わる。

2013年07月09日 (火) | Edit |

タグ : アート 文化 歴史 @図書館

江戸300年の女性美 化粧と髪型 (大江戸カルチャーブックス)
村田孝子 / 青幻舎 (2007-10-20)



タグ アート 文化 歴史 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌
更新日:2013年07月09日 12時19分22秒 2013/07/09
読了: 2013年07月09日

 国立科学博物館 日本館1階企画展示室 4月9日(火)~6月16日(日)
  からだが語る「大江戸の文化」 江戸人展

イベント 6/2 「現代人女性を江戸美人に/髪型・化粧・鉄漿(おはぐろ)まで再現!」
2013/6/2 展示とイベントに行きました。 面白かった。
 
 ⇒ 「江戸人展と化粧・髪結いイベントに行く」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

もう一冊の「 結うこころ―日本髪の美しさとその型」を先に読んだので、わかりやすく面白かった。
今後は、浮世絵や歌舞伎、時代劇などで髪型を見るときには、ちょっとこだわって見ることができそう。(*^_^*)♪

2013/06/03 予約 6/5 借りる。7/8 読み始める。7/9 読み終わる。

2013年07月05日 (金) | Edit |

タグ : 科学:理数工学 アート @図書館 mediamarker

ハーモノグラフ:和音が織りなす美しい図像 (アルケミスト双書) 単行本 – 2013/6/21
A・アシュトン (著), 山田 美明 (翻訳)



ハーモノグラフ: 和音が織りなす美しい図像 (アルケミスト双書)
A・アシュトン / 創元社 (2013-06-21) / 1,296円 / 6 users
タグ 科学:理数工学 アート @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌
更新日:2013年07月05日 16時46分42秒 2013/07/05
読了: 2013年07月04日
 
図書館の新刊棚で素敵な本を見つけました。
ハーモノグラフ(Harmonograph) ? 初めて聞くけれど、19世紀の西欧では、一家に一台!? 大人気っだだそうです。
その描く線は、音とのコラボ。 美しく目眩がしそう ♪
和音の基本から、丁寧な解説。 巻末には 作り方も載っています。

どんなものか、You Tube の動画を 見つけました。
 → Three Pendulum Rotary Harmonograph

 → 科学技術館|サイエンス友の会: 080308:ハーモノグラフを作ろう

器械が描くから面白いのだけど、コンピューターでも描くことはできます。
 → 「Harmonograph.js」 ハーモノグラフをJavaScriptでシミュレートしたもの。 作者ブログ

ピュタゴラスの和音と数の結びつきや宇宙についての考え にも興味が出て来ました。   Wikipedi → ピタゴラス ・ ピタゴラス音律
 → ピュタゴラスの音楽

・ リサジュー図形 - Wikipedia

2013/07/04 借りて読み始め、一気に読み終わる。