FC2ブログ
2016年11月16日 (水) | Edit |

タグ : ◆小説:時代小説 @図書館

夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
高田 郁 / 角川春樹事務所 (2012-03-15) / 669円



タグ ◆小説:時代小説 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 歴史・時代小説
更新日:2016年11月16日 18時55分49秒 2016/11/16
読了: 2016年10月18日

前巻 第6弾 「心星ひとつ」 に引き続き、なんと過酷な運命! 
澪に降りかかる災難は、とどまることを知らない。
周囲の人々の温かい見守りや励ましだけでは、もう足りない。!!(>д<)ノ
心身ともに疲れ果てた澪には、思いがけない人からの 温かい手が差し伸べられることもある。
だが お店のお客は容赦なくわがままだ。美味しければごきげんだけど、すーっと見放すことも・・・。
そしてまた 何もなかったように 澪の心づくしの料理に戻ってくる。
澪とその周りの人々には、幸せになって欲しいが、平穏無事な人生などありねえ!

夏天の虹(2012年3月15日発売、ISBN 978-4-75843645-8)

冬の雲雀―滋味重湯……文化12年11月~12月の話
忘れ貝―牡蠣の宝船……文化13年1月~2月の話
一陽来復―鯛の福探し……同年3月の話
夏天の虹―哀し柚べし……同年4月~5月の話

夏天の虹―みをつくし料理帖 [7]  → みをつくし料理帖 - Wikipedia

鯛の兜煮を作ったのは、この本を読んだからかも!
でも、食べるのに夢中で 福探し(骨)は忘れちゃった・・・。
鯛の兜煮 ~ Myブログ「トレモロな日々」(2016/11/5)
 

2016/10/07  予約 10/12 借りる。10/14 読み始める。10/18 読み終わる。

2016年10月26日 (水) | Edit |

タグ : ◆小説:時代小説 @図書館 mediamarker

残月 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫) 文庫 – 2013/6/15
高田 郁 (著)



残月 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)
高田 郁 / 角川春樹事務所 (2013-06-18) / 669円 / 225 users
タグ ◆小説:時代小説 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 歴史・時代小説
更新日:2016年10月26日 15時34分11秒 2016/10/26
読了: 2016年10月26日

前巻-第7弾「夏天の虹」では、大事件勃発!
その後の展開が知りたく 続けて 第8弾「残月」を読み始めたところ。

又二の亡くなった後の「つる家」の人々の寂寥感・・・。
前巻に比べ しみじみとした内容ながら、きっぱりと前進する澪。
それぞれの人に新しい出来事も。
やっと束の間 澪(料理人)と出会えた野江(あさひ太夫)。
思いがけず新しい幸せを見つけた「ご寮さん(芳)」。
しっとりと幸せをかみしめて暮らす美緒やしのぶ。
そして料理人の基礎を素直にまなんでいく「ふきちゃん」、がんばれ!(*^_^*)♪
「おりょうさん」一家は引っ越し。新しい展開の次巻が楽しみ!

 本書で一番印象に残ったのは、P271。
 『・・・火鉢を使うのは、武家は神無月の初亥、町屋は二番目の亥の日・・・。
今年はそれぞれ十二日と二十四日・・・。
年寄りや病人の居る家では、玄猪(初亥)・・・、
それまでもまだ大分と我慢せねばならなかった。」

新暦では、11月半ばから12月にずれ込むこともあるそうです。

江戸時代、暖房は火鉢と炬燵(ストーブはない!)だけ。
それも使う時期を限定されているなんて。!!(>д<)ノ 
現代のマンションのような気密性の高い建築物ではないですから・・・。
家屋は風通しがよく、ほんと背筋がゾクゾク、早寝しか手がなさそう。
澪のつくるホカホカの料理であったまってね。(*^_^*)♪

調べてみるうちに・・・、私も初亥までは、頑張ってみようかな なんてね。(^^♪

 亥の月(11月)の最初の「亥の日」つまり十二支の中の「イノシシ」の日。
 2016年は11月2日(水) ※旧暦では10月8日(土)。

 ・ 十月の初亥の日。 - クリナップ
 ・ 江戸っ子は、ある日までは寒くても「こたつ」を使わなかった! - ガジェット通信
 ・ 武士の家計簿 3-2|メタボンのブログ
 ・ コタツから来年へ | Happy Recipe of Musya & Tae - Psycross
 ・ 塩原太助 - Wikipedia 木炭の粉に海藻を混ぜ固めた炭団を発明し大成功する。

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

「みをつくし献立帖」は 第7と第8弾の間に出ているので、読み直したら初回に読んだときより内容がよくわかって いっそう面白かった。

残月(2013年6月15日発売、ISBN 978-4-7584-3745-5)

残月―かのひとの面影膳……文化13年6月~7月の話
彼岸まで―慰め海苔巻……同年7月~閏8月の話
みくじは吉―麗し鼈甲珠……同年閏8月~9月の話
寒中の麦―心ゆるす葛湯……同年9月~10月の話
秋麗の客 (特別収録)……同年9月の話

2016/10/07  予約 10/12 借りる。10/19 読み始める。10/26 読み終わる。

残月 みをつくし料理帖 [8]  → みをつくし料理帖 - Wikipedia