FC2ブログ
2019年03月16日 (土) | Edit |

タグ : @図書館 ◆伝記


2019年5月17日(金)公開 の 映画 「コレット」 TOHOシネマズ シャンテ

キーラ・ナイトレイ 主演 なので、ちょっと見てみたい気がします。

コレットの作品といえば「青い麦」  若いときに 読んだかも 読まなかったかも~

映画のストーリーに重なりそうな 自伝を読んでみましょう!

『わたしの修業時代』  (ちくま文庫) 文庫 – 2006/3
シドニー=ガブリエル コレット (著), Sidonie‐Gabrielle Colette (原著), 工藤 庸子 (翻訳)



2019/03/01 予約  2019/03/06 借りて読み始める。

イマイチつまらない・・・。 映画なら面白いかも。
 

 
2018年08月25日 (土) | Edit |

タグ : 生き方・考え方 ◆伝記 @図書館 mediamarker

ある奴隷少女に起こった出来事 (新潮文庫)

  

ある奴隷少女に起こった出来事 (新潮文庫)
ハリエット・アン ジェイコブズ / 新潮社 (2017-06-28) / 680円 / 44 users
タグ 生き方・考え方 ◆伝記 @図書館 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 評論・文学研究
更新日:2018年08月25日 12時14分34秒 2018/08/25

2018/06/13  予約 7/1 借りて読み始める。 読み終わる。

古い時代から世界中にあった奴隷制度、
多くの悲劇や困難をのりこえて 今はもうなくなったと思いますが、そんな時代に生まれてこなくてホントよかった。

アメリカの奴隷のことは、「ハックルベリーの冒険」、「風と共に去りぬ」から始まり、様々な映画や本で見聞きしてきたが、こんなに生々しく悲惨な話は初めてです。
作者は賢く誇り高い少女ですが、なんと言っても奴隷の身です。
その人生は、到底想像もできないほど辛い日々。とうとう 途中で読み進めなくなってしまい、ハッピーエンドな最後を読んで 胸をなでおろした次第です。

作者は繰り返し語ります。(P84)
『奴隷制度は、黒人だけではなく、白人にとっても災いなのだ。それは白人の父親を残酷で好色にし、その息子を乱暴でみだらにし、それは娘を汚染し、妻をみじめにする。
黒人に関しては、彼らの極度の苦しみ、人格破壊の深さを表現するには、私のペンの力は弱すぎる』
『・・・抵抗しても希望はないのだ』 と思われていた奴隷制度も人々の努力で廃止されました。

奴隷制度とは違うが、社会制度や政治経済・国家対立など 現代でも多くの困難なことは多いでしょう。
解決は無理と考えられていることも、おおぜいの人がきちんと認識し努力していけば、きっと快方に向かう、そんなことを本書で思いました。

参考
・ 奴隷制 - Wikipedia
・ アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史 - Wikipedia
 アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史は、イギリスがバージニア植民地に初めて入植したすぐ後に始まり、1865年のアメリカ合衆国憲法修正第13条の成立で終わったことになっている。
・ ハックルベリー・フィンの冒険 - Wikipedia
 
2016年10月18日 (火) | Edit |

タグ : @図書館 ◆伝記 mediamarker

「チョコレート工場」からの招待状―ロアルド・ダール (名作を生んだ作家の伝記) 単行本 – 2007/10
チャールズ・J. シールズ (著), Charles J. Shields (原著), 水谷 阿紀子 (翻訳)



「チョコレート工場」からの招待状―ロアルド・ダール (名作を生んだ作家の伝記)
チャールズ・J. シールズ / 文溪堂 (2007-10) / - / 2 users
タグ @図書館 ◆伝記 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2016年10月18日 15時09分50秒 2016/10/18
読了: 2008年09月20日

2016/10/12 追記
映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアン」 2016年9月17日(土)公開 
 ロアルド・ダール原作、スピルバーグがメガホンを執ったファンタジー。

映画はイマイチだったけど、ロアルド・ダールってどんな人かは、この本のメモで思い出しました。
多分、「BFG」は、絵本で読んだほうが面白いんじゃないかしら。

映画「BFG」ロアルド・ダールを見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2008/9/18 ~ 9/20 に読んだ本
ロアルド・ダールのことは、2005年の映画 ティム・バートンとジョニー・デップの 「チャーリーとチョコレート工場」を、TVで見るまで 知らなかった~。

映画がちょっと風変わりでおもしろかったので興味が出たことと、このところ児童書の作家の伝記  (名作を生んだ作家の伝記シリーズ) を読んでいたことから、この本を読んでみた。

 ロアルド・ダール Roald Dahl 1916年9月13日-1990年11月23日 
 イギリス、南ウェールズ出身の作家・脚本家
 風刺やブラックユーモアに満ちた短編小説や、児童文学で有名。

ロアルド・ダールは 愛情あふれる家庭で のびのびと育てられていた。
学校にはいると、そこは恐怖とすさまじい規律にしばられるところ!
その影響は 後の作品に影響を及ぼしている。 こわ~い先生が登場するね!

そんなわけで学校は嫌いだったので、大学には行かず 就職。
20代半にば、イギリス空軍の戦闘機乗りとして戦争に参加、大怪我をし 転機が訪れる。
戦闘機乗りの経験をもとに書いた記事で 文才を認められ、作家の道を歩み出したのだ。
さらに 子供時代の経験や 豊かな想像力をもとにした作品で 世界でも指折りの人気作家になっていく。

会話が上手で、機転が利き 皮肉たっぷりの社交界の人気者 ロアルド。
初期の作品は、大人向けで、風変わりで創意に富み・・・背筋が凍る (ホラー物語)。

人生では、家族の事故や病気に見舞われるが それに前向きに(科学的で真剣に)対処し、献身的に看護にあたっている。
ホラーを書く皮肉屋ではなく 家族思いでエネルギッシュで 温かい人柄を感じさせる!

 自分の子供に毎晩 自作のお話を聞かせるお父さん
それが子供向けの本になっていき、やがて子供の本のベストセラー作家となったのだ。

また、友人も多く おなじみの 映画の脚本 も手がけている! 
 007は二度死ぬ (1967)、 チキ・チキ・バン・バン (1968)
え~~ そうなんだ! なんだか、ロアルド・ダールの本を もっと読みたくなってきたね。

作品に関しては、批評家からは賛否両論あるそうだが、本人は 大人の反感は ちっとも気にしていない。 子供のために物語を書き、気持ちや体験をわかちあったのだ。
「私には 子供の好きなものがわかるのだ」 とダールは 語っている。

たくさんある作品のどれを読もう? まずは、全集がいいね。
 ⇒ Myバインダー: まるごと一冊 ロアルド・ダール (児童図書館・文学の部屋)

 → ロアルド・ダールの作品 Amazon

2015年08月10日 (月) | Edit |

タグ : ◆伝記 歴史 @図書館

はだしのゲン わたしの遺書



はだしのゲン わたしの遺書
中沢 啓治 / 朝日学生新聞社 (2012-12-19) / 1,404円 / 27 users
タグ ◆伝記 歴史 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ノンフィクション
更新日:2015年08月10日 11時14分05秒 2015/08/10
読了: 2013年08月11日 星5つ

2015/08/06 追記
今日は、広島に原爆が投下された1945年8月6日から70年目

NHKスペシャル きのこ雲の下で何が起きていたのか
を見て、この本のことを思い出しました。

こちらもどうぞ! ⇒ 戦後70年、原爆投下と終戦の日について ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

NHKスペシャル 70年目の先頭と平和

2015年8月6日(木) 午後7時30分~8時35分 きのこ雲の下で 何が起きていたのか

2015年8月7日(金) 午後10時00分~10時49分 憎しみはこうして激化した ~戦争とプロパガンダ~

2015年8月8日(土) 午後10時00分~10時50分 特攻 ~なぜ拡大したのか~

2015年8月9日(日) 午後9時00分~9時49分 “あの子”を訪ねて ~長崎・山里小 被爆児童の70年~

2015年8月11日(火) 午後7時30分~8時43分  アニメドキュメント あの日、僕らは戦場で ~少年兵の告白~

2015年8月13日(木) 午後10時00分~10時49分 女たちの太平洋戦争 ~従軍看護婦 激戦地の記録~

2015年8月15日(土) 午後8時00分~9時00分 カラーでみる太平洋戦争 ~3年8か月・日本人の記録~

2015年8月15日(土) 午後9時00分~9時58分 戦後70年 ニッポンの肖像 戦後70年を越えて 日本人は何ができるのか (仮)

2015年8月16日(日) 午後9時00分~9時58分 "終戦" 知られざる7日間 ~"戦後"はこうして始まった~ (仮)

    ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~ ☆ ~ ~ ~ ~

2013/8/24 記
NHK クローズアップ現代 2013年7月30日(火)放送 
「世界をかける“はだしのゲン”」 出演者: 木島 恭 さん (演出家)
を見て、漫画“はだしのゲン”に 衝撃をうけ 読むことにしました。
併せて、この本を読んでみようと思った。

著者「中沢 啓治」が まるで目の前で語りかけているような文章。
要所に漫画のページが挟まって、視覚的にもひしひしと原爆の恐ろしさが伝わってきます。
原爆投下後の広島の様子は、これまで想像していたものとは隔絶したすさまじさです。
著者のピカドンに対する怒り、それにまっこうから向きあうようになったいきさつ。
家族への思い、漫画をとおして平和を訴えてきた著者の半生。

広島・長崎の怒りと祈りが これからも忘れられないように!

「戦争は人間の最も愚かな業」という持論で、
色紙にはいつも「人類にとって最高の宝は平和です」と書くとのこと。

2013/07/30 予約 8/6 借りる。8/10 読み始め、一気に読み終わる。

2014年05月14日 (水) | Edit |

タグ : ◆伝記 音楽と楽譜 @図書館 PNG

シベリウス―アイノラ荘の音楽大使 (作曲家の物語シリーズ)
ひの まどか / リブリオ出版 (1994-10) / 2,160円



タグ ◆伝記 音楽と楽譜 @図書館
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / ノンフィクション
更新日:2014年05月14日 12時46分40秒 2014/05/14

4月のN響定期コンサートで、ヤルヴィ指揮のシベリウスの2番を聞きました。
2014/4/19 「4月N響定期、ヤルヴィ得意の北欧音楽」 ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

シベリウスってどんな人。 
そう思って読み始めました。 面白い本だけれど 途中までで中止。

2014/04/19  予約 4/23 借りる。 4/25 読み始める。5/25 途中でやめる

2012年04月20日 (金) | Edit |

タグ : ◆伝記 @図書館 *映画 mediamarker

ジェームズ・キャメロン 世界の終わりから未来を見つめる男 単行本 – 2010/8/13
レベッカ・キーガン (著), 吉田俊太郎 (翻訳)



ジェームズ・キャメロン 世界の終わりから未来を見つめる男
レベッカ・キーガン / フィルムアート社 (2010-08-13) / 2,730円 / 3 users
タグ ◆伝記 @図書館 *映画 mediamarker
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / エンターテイメント
更新日:2012年04月20日 00時21分44秒 2012/04/20
読了: 2012年04月19日
 
2012/2/20 予約 2/28 借りる。3/31 読み始める。4/19 読み終わる。

ジェームズ・キャメロン の 映画は 大好き。
 ターミネーター、エイリアン2,3,4、アビス、トゥルーライズ、タイタニック

この本を読んで、映画がどんな風にできるのか少しわかりました。
といっても、キャメロンのやり方は、先進的で桁外れ。 他の映画製作とは違う点も多そうです。
とにかく発想から実行まで スケールの大きさに圧倒されます。
理・科学的な考え方、知識、探求心は、映画だけでなくすばらしい人物です。

 ターミネーターは TVで何度も見て大好きな作品。
 アビスを見たときは、驚きました。

タイタニックは 時代がかった大仰なラブストーリーかと思って、映画は敬遠していました。
でも、この本を読んで 深海に眠るタイタニックの探査のことなどを知り、
撮影の内容のすごさも実感したくなりました。
 ラッキーなことに、3Dが現在上映中なので ぜひ見に行きます。
2012年4月7日公開 タイタニック が3Dになってよみがえる。
 2012/3/3 TVで、「タイタニック」放送! (録画しました)

長い間 構想を温めてきた アバター。
 「アバター 公式完全ガイド」 が、図鑑風だったのも 今になってうなづけます。
 ⇒ 映画「アバター」を見る ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

全作品を、もう一度 違った視点で見てみたいです。
 そして 次の映画も 期待しています!!

→ ジェームズ・キャメロンの作品
→ ジェームズ・キャメロンの本

 → ジェームズ・キャメロン - Wikipedia
2012年02月23日 (木) | Edit |

タグ : 歴史 ◆伝記 @図書館 科学:恐竜と古生物・化石

→ Myワード : 恐竜(きょうりゅう)

ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜
バーバラ ケアリー / 光村教育図書 (2003-02) / 2,052円



タグ 歴史 ◆伝記 @図書館 科学:恐竜と古生物・化石
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2012年02月23日 19時55分24秒 2012/02/23
読了: 2012年02月19日

絵本だから、子供向けの童話だと思ったら、本当の話、伝記でした。
 挿絵もすべて、こだわりの有る内容です。

1800年代ビクトリア女王の時代。
科学者リチャード・オーウェンとともに、はじめて恐竜の実物大模型を作ったウォーターハウス・ホーキンズ。

当時としては、最先端の科学技術と アートと ユーモア。
なぜって、作った模型のなかで 豪華なディナーパーティを開催。
 メニューも一流。 おいしそうです。

◆ メニューの中の気になる言葉。
・ スープ ~ モックタートル(Mock Turtle) ウミガメモドキ
 ルイス・キャロル原作の児童文学『不思議の国のアリス』に登場する架空の生物。
 海亀肉の代用として仔牛の頭肉を使った「モックタートルスープ」を擬獣化したもの。
 原作絵師ジョン・テニエルは、頭と尾と後脚が牛・前鰭と胴が海亀のキメラとして描いている。
 訳者によって「にせ海亀」「亀まがい」「ウミガメフウ」など日本語名にばらつきがある。

・ 魚料理 ~ 
ホワイティング 小型の鱈? → 「ホワイティング 魚」で検索

ひらめのオランダ風 ~  オランデーズ: hollandaise
 卵黄とバターで作る温かいソース
 ”オランダ風”のことですが、一般的には温かいマヨネーズの意味で使われます。

・ スウィーツ ~ コンフィチュール(ジャム)風メレンゲのビュイソン盛り ??

つい お料理に気をとられてしまいました。(=^▽^=)

ウォーターハウス・ホーキンズは生涯をかけて 恐竜の模型を製作展示し、
多くの人に地球の歴史や古代の生き物、化石について 伝えてくれました。
 後でまったく違う形に復元されたことがわかったりもしましたが、誰も見たことはないんですからネ。

恐竜といえば ⇒ 恐竜 ファンタジー ~ Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ブライアン セルズニックの絵も すばらしい!
本の中の絵は、ウォーターハウス・ホーキンズが残したスクラップブックを基にして描かれたもの、
実際にシドナムの水晶宮公園に行って、恐竜模型をスケッチして描かれたものです。

セルズニックは、映画「ヒューゴの不思議な発明」の原作「ユゴーの不思議な発明」の の作者です!
 → ヒューゴの不思議な発明 公式ガイドブック

2012/2/10 予約 2/19 借りて 一気に読み終わる。

2011年09月08日 (木) | Edit |

タグ : @リンク集 @図書館 ◆伝記 ◆児童文学と絵本

「ハリー・ポッター」の奇跡―J.K.ローリング (名作を生んだ作家の伝記)
チャールズ・J. シールズ / 文溪堂 (2008-07)



タグ @リンク集 @図書館 ◆伝記 ◆児童文学と絵本
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論

更新日:2011年09月08日 12時44分56秒 2011/09/08
読了: 2010年03月02日
 
2008/9/26 借りたけれど読まずに返す。
2010/2/8 再度借りる。3/2 読み終わる。

ジョアン・ローリング OBE (Joanne Rowling OBE) 1965年7月31日 -
イギリスの児童文学作家。
J・K・ローリングはペンネームで、ファンタジー小説『ハリー・ポッターシリーズ』の作者として知られる。
才能とチャンスを活かし、プレッシャーに負けず 全7作を書き上げたのは、すばらしい!
本書には、ローリングの子供時代から、現在までが紹介されている。

  ⇒ Myあれこれブログ:ハリー・ポッターで検索

2011/8 映画は、「ハリー・ポッターと死の秘法Part2」で最終章を閉じました。
あわせて、本もすべて読了!

ハリーポッター・シリーズを全部読んだら、次は何を読もうかな!

これは、読みたいね!
・ ホビットの冒険 改版 J・R・R・トールキン作
 続編はすでに映画化されていますね。 『ロード・オブ・ザ・リング』 → ロード・オブ・ザ・リング - Wikipedia
さらに、『ロード・オブ・ザ・リング』 の前日譚、 『ホビット』 2部作が、2012年12月と2012年12月に公開決定!~(Walkerplus 2011年9月7日
 まさに この本じゃないですか! さっそく読まなくちゃ!
 
2010年04月06日 (火) | Edit |

タグ : @図書館 ◆伝記 ◆児童文学と絵本

ふしぎの国のアリスの物語―もうひとりのアリスとルイス・キャロル
クリスティーナ ビョルク / 世界文化社 (1995-10) / 2,412円



タグ @図書館 ◆伝記 ◆児童文学と絵本
カテゴリ:本・雑誌 本・雑誌 / 文学・評論
更新日:2010年04月06日 01時10分01秒 2010/04/06
読了: 2010年04月03日

2010/3/27  借りて読み始める。4/3 読み終わる。



チャールズ・ドジスン(ルイス・キャロル)の撮ったアリスや他の少女たちの写真、日記、手紙をもとに、
リデル家の子供たちとの楽しい物語。
やがて アリスたち子供は大人になるが、ドジスンさんは永遠の子供の心を失わない・・・。